« 映画『響』 | トップページ | 圧縮漏れ »

2018年9月15日 (土)

インジェクション・カブの癖

インジェクションのカブでよくある話が、エンジンのセッティングを変えた直後が調子良いと、しばらく走ってコンピュータが燃料調整し終わると調子が落ちるってある。

キャブレターの神様と呼ばれた人が、「パワーの出る燃料調整と燃費の良い燃料調整は違う。」と言っていた。

その神様は、パワーが出て燃費も良いセッティングを探す。

まぁ、燃料調整はコンピュータ任せなので、俺ができることはスピードが出て燃費もそこそこ良いギア比を探すことくらいかな。

てな訳で、波怪(WAVE110i)のギア比を少しロングにしてみました。

ドライブスプロケットを14Tから15Tに上げます。

エンジンが出来上がった直後は、最高速も満足だったが、クラッチを直してしばらく走ったら最高速が落ちたんだよね。

エンジンは気持ちよく回ってるいるからコンピュータの燃料調整によるものだと分かる。

しかし、毎年毎年、カブ&ピースのカブ・ミーティング前になるとバタバタするなぁ。

波怪を1年放置してたから仕方がないか。

後でスパークプラグも交換しよう。

さて、ちょっと休憩だ。   

|

« 映画『響』 | トップページ | 圧縮漏れ »

コメント

ブリスクプラグのZCが、けっこういいですよ(^_^)

投稿: エボル | 2018年9月15日 (土) 12時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/125037/74212831

この記事へのトラックバック一覧です: インジェクション・カブの癖:

« 映画『響』 | トップページ | 圧縮漏れ »