« 2018年10月 | トップページ | 2018年12月 »

2018年11月30日 (金)

ミスミソウ

映画『ミスミソウ』のDVDを観てる。

原作(押切連介先生)も読んだけど、実写の方がエグいわ。

究極のイジメ映画。

マジにムカつく。

最初から最後までスカッとしない。

秋田県庁並みにムカつく。

俺の報復も続く。

追記。

意外と最後にスッキリした。

復讐鬼はこうでなきゃ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

雪上レース用スタッドレスタイヤ

来年1月の登別耐久雪上レースに向けて、雪上レース用スタッドレスタイヤを製作しないといけません。

ハードエンデューロ用モトクロスタイヤにカッターでサイプ(切れ目)を入れてスタッドレス化します。

このタイヤは非常に柔らかいタイヤなので、薄いカッターナイフでないと、すんなり切れません。

コンビニからカッターを買ってこよう。

新品カッターでないと苦労するんだよね。

レースまで、あと1ヶ月ちょっと。

急がないと。

頑張ります!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

調査無しの証拠

そろそろ、日本弁護士連合会の答弁書を読んで反論文の準備書面を作成しないといけない。

日本弁護士連合会・綱紀委員会(懲戒請求の監査組織)は、秋田弁護士会・綱紀委員会の何の根拠もない懲戒請求棄却決定を調査無しで丸飲みしました。

その証拠の一つが棄却決定通知書の文章が実質たった一行、「秋田弁護士会・綱紀委員会の判断に誤りはない。」のこれだけ。

証拠の二つ目が、通常の監査委員会の棄却決定通知書は、判断に間違いや贔屓等の擁護があって筋が通らなくても、「~であるから、この様な判断となった。」と何らかの判断理由を記載する。

ところが、秋田弁護士会・綱紀委員会の請求棄却の判断には、それすら無い。

単に、「こういう事実はない。」とするだけ。

だから、何でそうなるのかが全く無いまま判断している。

それを、「秋田弁護士会・綱紀委員会の判断に誤りはない。」じゃあ、理由もへったくれも無い。

バカの言い訳です。

なので、秋田県情報公開審査会、秋田県行政不服審査会の請求棄却決定通知書を裁判所に提出して、通常は何らかの判断理由を記載して辻褄を合わせて擁護するが、秋田弁護士会・綱紀委員会及び、日本弁護士連合会の請求棄却決定通知書には、判断理由の根拠となる記載が一切無いと主張します。

さて、今夜から書くぞ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月29日 (木)

愛称変更

Peaky_partsのモニター、お客さんに波怪(WAVE110i)を試乗させたら、ヨーイングで操作不能に陥り事故って大破。

ハイパワーなカブを慣れてない人に試乗させた自分が悪い。

怪我した二人とは、お互いに損害を求めないことでケッチャクしてます。

二人も怪我させたヤバいタイカブの波怪の愛称をこの際変えちゃいます。

そのまんまです。

新しい愛称は、「悪魔のウェーブ」です。

バカみたいですが、一番ぴったりなので。

走り屋ヲタして30年。

とうとう俺も来るとこまで来たな。

笑わば笑え。

走りを見たら笑わせねぇよ。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

フレーム交換2回目

なんと、波怪(WAVE110i )のフレームが逝ってました。

フレームをタイホンダに注文。

また2ヶ月くらい掛かるかな。

今度の冬は波乙(wave110at )で走ります。

パワーロスの大きいバイクですが頑張ります!

また、色々細工(チューンナップ)をしますよ。

面白い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月28日 (水)

Twitterで

Twitterで、稲垣吾郎さん主演の映画を紹介したら、SMAPファンが良いねを連発。

今更ながらSMAP人気の凄さを知った。

SMAPを心の支えにしている人は沢山いるんだね。

俺も木村拓哉さんが主演した武士の一分でのセリフ、「ともに死するをもって心となす、必死すなわち生くるなり。」をプリントした紙を冷蔵庫に貼ってます。

SMAPは、ただのアイドルじゃない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

窮鼠猫を噛む

窮鼠猫を噛むという諺がある。

追い詰められたネズミは、自分より強い猫に立ち向かうという、そのままの意味。

しかしね、最近のネズミはでかいよ。

俺は某メーカーの工場で猫みたいなネズミを見たことあるからね。

見た時に固まったけど。

中国は沖縄を中国の土地だと発表してる。

取り戻すと宣言している。

沖縄の米軍基地が移設を反対しているのは中国の活動家が、沖縄の活動家に協力しているから。

米軍基地が無くなれば、中国はすぐに攻撃してくるよ。

沖縄本土だけをアメリカに逆返還してしまえと思うよ。

日本への侵略は始まってる。

北海道の土地を中国が次々と買い付けている。

自衛隊の活動に支障が出てきているとか。

今の日本の自衛隊が痩せたネズミか、太ったネズミかは知らん。

しかし、日本人は戦って死ぬことを選ぶ民族。

先の戦争も勝てる訳ないのは分かってやってる。

隣国の圧力が酷いと最後にはブチ切れるぞ日本は。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日は休み。

昨日からの雨で今日はお休み。

久しぶりな感じがするのは気のせいか?

カブ仲間がスパイクタイヤの準備してる。

俺はときたら、波怪(WAVE110i)はフロント回りグチャグチャ、波乙(wave110at)はチェーン切れのまま。

波怪はパーツがタイから届いた。

今度の冬は波怪のスパイクタイヤを履かせて走る。

色々とやらなきゃならないけども。

波怪のエンジンは現在、過去最高のパワー。

ハングアウトのボアアップキットに俺のオリジナルブランドpeaky_partsのパーツを組み合わせて、マフラーはアウテックス。

いずれ、静かな直管マフラー を作ります。

静かな直感?

無理だろ。(ヾノ・∀・`)

そう思うかも知れませんが、俺なら作れます。

実験では成功しています。

サイレンサーは交換が容易な使い捨て。

信じるか、信じないかは、お任せします。

直管なのにサイレンサーとは、おかしいと思うかも知れませんが、正確に言うとほぼ直管です。

ハイレスポンス・キットのバランサー・フライホイールは、パワーロスの無いバランサーです。

パワーロスの無いバランサーが今まで無かった訳ではありません。

ドカティのスーパーモノに採用されたバランサーシステムはパワーロスがありません。

バランサー・フライホイールはそれと同様のバランサーを簡単に作り出すものです。

ちょっとした奇跡のパーツ。

次は静かな直管マフラー。

人が作らない物を作る。

面白い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月27日 (火)

ドーナツ

昨日の晩に、パンが無性に食べたくて晩御飯はパンとビール。

余ったドーナツが朝飯兼昼飯。

すぐに腹減らしてます。

仕事が終わらない内は我慢です。

晩御飯を爆食いしてしまいそう。

今年の仕事もあと少し。

でも、このあと少しがキツい。

毎年泣いて仕事してます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

そろそろ読むか。

湊弁護士と日弁連との裁判で、日弁連の弁護士の答弁書をまだ読んでません。

嘘しか書いてない答弁書を読むとエネルギーをごっそり持っていかれる。

なので、いつも余裕ができるまで間を開けて読むことにしてます。

本当に、「どうしたら、こんか嘘がつけるのか?」と思えることを考えてくるんだよね。

日弁連は秋田弁護士会の、「請求者(俺)の主張する様な事実はない。」としながら、その根拠や証拠を一切出してない。

「頭の良い俺達がそう決めたんだから文句あるか!」の理屈。

検察庁がよくやる手と同じ。

都合の悪いことに一切触れずに、決定だけを出してくる。

マスコミがうるさい時だけは、それなりのモノを出す様だが。

時々、「なんで、こんなことやってるのか?」と自分でも思うことがある。

それはね、俺がバトルジャンキーだからだよ。(笑)

さて、仕事するか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月26日 (月)

米津玄師って何者だよ。

米津玄師ってシンガーの『Flamingo』っ曲のMV観たんだけど、何て言うのか日本人が元々知ってるリズムに楽しそうに皮肉を入れてるってのが凄い。

思わずダウンロード。

宇多田ヒカル以来の衝撃でした。

しばらくはこの曲で楽しめそうです。

どうしたら、こんな人物が生まれるんだろうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

何で?

先週、ヤフオクで俺が売ってるグラム用ハイレスポンス・キットが立て続けに売れた。

購入者は皆さん同じ様な地域の人。

何があった?

ちょっと気になる。

ハイレスポンス・キット装着直後の速度違反に気を付けてください。

操縦安定性が向上して速度感が変わるので、いつもの調子で走ると速度違反になり易いです。

では、別次元の走りを楽しんでください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月25日 (日)

強制的な美味さ

朝から何も食べたないで、バイクでダートトラックコースをぐるぐるして、仕事して、夕方になってラーメン屋で醤油チャーシュー大盛りを食べた。

メチャクチャ美味かった。

そりゃあ、そうだろ。

ただでさえ美味いのに、フラフラになる限界まで腹減らしてるんだもの。

大盛り食べながら、「足りねぇなぁ。」と思ったよ。

さて、帰宅して風呂に入った後は、サラダとスペアリブ作って晩酌だ。

本当に疲れたわ。

風呂が沸くまで少し寝よ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

帯に短し襷に長し

天気の良い朝だけど、昼から雨の予報。

バイクに乗るのも、仕事するにも迷う状況。

うん、バイクで仕事場行こう。(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月24日 (土)

カブ110エンジン雪道用ウェイト

WAVE110iで今度の冬を走ります。

Wave110atよりもパワー炸裂エンジンですから。

雪道120キロ巡行も可能なエンジンです。

色々変更するパーツがあるので年内中には完成したいなぁ。

来年1月の雪上レースにはXR100Rで出場し、WAVE110iをピットバイク&買い物用に使います。

楽しみだわぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ギア選択

雪百で午後からもダートトラックコースで走ってみた。

但し、逆回り。(時計回り)

ウェイト重量変更でキャブレター・セッティングがズレちゃったから、半クラッチ使って上手く誤魔化して走る。

なんか違う感じがして、2速でコーナー回って3速で立ち上がるのを1速で回って2速立ち上がりでやってみた。

こっちの方が気持ちよく回れる。

コーナーで高回転を使うことになるが、マシンのコントロール性はこっちが数段上。

次に走る時は反時計回りでこのシフトワークを使ってみよう。

気持ちよくって、かなりヤバい。

明日は晴れるかなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

テスト走行

俺のダートトラックコースで雪百のテスト走行動画。

リアタイヤがロードタイヤならもっと速く走れます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

慣らし運転

雪百(XR100R)の慣らし運転で工場まで通勤。

昼休み前に私設ダートトラックコースでぐるぐる。

ウェイトを重くしたフライホイールで、ギアの選択に悩み転倒。

結局、コーナー2速、立ち上がり3速で回ることで決着。

ラップタイムが11秒くらい。

ダートトラックコースでマッド&サンドのモトクロスタイヤだと寝かすと滑るし、なんか遅いね。

やっぱりロードタイヤじゃないとダメだ。

でも、雪上レースはマシンを寝かす時は、カウンター当ててドリフトだから練習にはなる。

左回りだけじゃなく、右回りもやってみよう。

エンジン特性は良い感じだが、ウェイトが重くなったせいでキャブレター・セッティングが外れた。

とりあえずメインジェットの番数を少し落とそうかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月23日 (金)

銅製ウェイト

凍った雪の上をアクセル全開で走るには、エンジン回転の上昇が良過ぎてもダメです。

今年の札幌の雪上レースは、リアタイヤのグリップがエンジンレスポンス良過ぎて空転を起こして前に進めず、ハーフスロットルで誤魔化して走ってました。

バランサー・フライホイールのセッティングが高回転重視だったからです。

帰りのフェリーの中で、リアタイヤが空転しないバランサー・フライホイールのセッティングを思い付き、現在俺が販売しているハイレスポンス・キットは、こっちのセッティングにしています。(扱い易くて速いから。)

しかし、凍った雪の上となると、スタッドレス化したハードエンデューロ用タイヤでも、レスポンスは丁度良くても回転上昇が最適な速さでないとダメ。

なので、フライホイールに付けるウェイトをどんどん重くしていきます。

現在のセッティングは、一個36グラム。

今日の夕方にエンジンを組み上げてテスト走行をしてみました。

感じからいくと、排気量の大きなバイクをハーフスロットルで走ってる感覚です。

ちなみにアクセルは全開ですよ。

とにかくリアタイヤの接地感が良い。

これなら俺でも走れそうだ。

ダートトラックでも速そう。

尾花沢サーキットのレースは参加できる排気量が110ccまでになって、俺の雪百(XR100R)は115ccで参加資格なしになりました。

宮城県でダートトラックコースが出来てレースをやってるみたいたがら、来年はこっちに参加しようかな。

俺も私設のダートトラックコースを持ってるし、丁度良いや。

なので、来年はモトクロスとダートトラックを雪百でレースします。

頑張ります!

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

タイヤ交換。

さっき、初雪が降った。

ラティオのタイヤをスタッドレスタイヤに交換しなきゃ。

交換したらバイク屋にパーツ取りに行く。

波乙(WAVE110AT)もスパイクタイヤにしなきゃな。

雪百(XR100R)も雪上レース用のタイヤにしないと。

サラマンダーカブさんの元気が欲しい。

引きこもりな俺です。orz

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2018年11月22日 (木)

スーパーカブ125ハイレスポンス・キット来年発売予定

只今、スーパーカブ125のオーナーさんにハイレスポンス・キットのテストをお願いしています。

まだ、慣らし運転の最中なので、慣らし運転が終わり次第ハイレスポンス・キットの試作品を装着するそうです。

テストが好評ならば来年の発売です。

大袈裟ではない別次元の乗り易さと気持ち良さを楽しんでいただきたい。

あっ、効果を信じていない人は結構です。

購入者の方の嬉しそうな顔を眺めててください。

ハイレスポンス・キットには、それだけの価値がありますので。

スーパーカブ125のオーナーの皆さん、お楽しみに。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月21日 (水)

仙台高等裁判所第一回口頭弁論終了

秋田県庁の検閲裁判で、仙台高等裁判所秋田支部の第一回口頭弁論が終わりました。

裁判長が、控訴人(原告)、被控訴人(被告)両方の裁判所に提出された書面と証拠の確認をして、次回の判決日を告知します。

判決は、来年1月23日午後1時15分からです。

僅か3分で口頭弁論は終了。

被控訴人からは裁判所に答弁書以外の提出は無し。

答弁書の内容は、「ピーキーさんの主張を否定する証拠は無いけど、否定はする。」といったものでした。

これで負けたら、仙台高等裁判所にも行政贔屓の影響が少なからず存在するとなりますね。

控訴に対して、俺は、秋田県庁が検閲をする理由が存在し、秋田県庁が自らに不都合、不利益のある情報を隠蔽した事実が先の裁判(情報公開請求で開示しなかったことに対する損害賠償訴訟)で認められていることからも、検閲する意志があると主張しています。

物的証拠も29件提出しました。

これで負けたら最高裁です。

さて、どうなりますか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日の裁判2

今日の裁判、秋田県庁が検閲(自らに不都合な情報を規制する事)したことに対する損害賠償請求事件なんだけどね、物的証拠はまだある。
だけど、仙台高等裁判所秋田支部も第一審の秋田地方裁判所の判決を支持して敗訴すると最高裁判所に上告することになる。
なので、その時の為に証拠を残しておく。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日の裁判

今日の裁判。
4年前道路工事の不備で事故→秋田県庁示談交渉で噓→情報公開請求→開示せず→裁判→俺勝訴→俺「謝れ!」秋田県庁「嫌だ。」→手紙と秋田県庁の不正を書いた書籍を知事に送り抗議→秋田県庁全て回収し知事に読ませず→俺「それ検閲だろが!」→裁判→第一審敗訴→控訴→仙台高裁秋田支部

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月20日 (火)

被告の追加はできるか?

今日の裁判は、湊弁護士と日弁連を訴えましたが、元凶は秋田弁護士会・綱紀委員会なんだよね。

そこで開始された裁判で後から被告を追加できるか聞いてみた。

裁判長の判断では、「もう一つ提訴することになり、本件裁判(今日の裁判)と合同でやれるかは分からない。」

とのことだったので、この裁判が終わったら改めて訴えてやる。

舐めた真似する奴は全員訴える。

どんだけ裁判好きなんだ俺は。(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2通の答弁書

俺は裁判の素人だから手探りとインターネットでの情報で裁判を戦っている。

インターネットのある現代ならではの戦い方。

被告が2名(湊弁護士・日弁連)だと答弁書(訴状への反論文)も2通になるんだね。

そんなことも知らないで裁判してる。

これから読む日弁連の答弁書には何が書かれているのか?

日弁連もネットで調べると懲戒請求の結果に納得のいかない懲戒請求者がけっこう裁判しているようだ。

湊弁護士を擁護した秋田弁護士会。

あれは擁護と言うよりも弁護に近かった。

そして請求棄却裁決。

日弁連に異議申し立てしたら、異議申し立て棄却裁決。

ネットで調べたケースだと、最終的な判断は日弁連だから、日弁連を訴えるのがスタンダードみたい。

俺の裁判も日弁連を訴えて良かったみたいだな。

少しホッとした。

午後から仕事してるから、晩飯食べた後に日弁連の答弁書を読みます。

場合によっては、秋田弁護士会・綱紀委員会の審尋の音声データは証拠として提出しないかも知れない。

秋田地方裁判所で敗訴した時に、仙台高等裁判所に提出する証拠が無いと判決が覆る可能性を失うからだ。

難しいところだな。

最高裁まで行くつもりでいるから、慎重に、慎重に。

頑張ります!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日弁連との第一回口頭弁論

湊弁護士と日本弁護士連合会との裁判で、第一回口頭弁論が行われました。

裁判長から、「これから何か裁判所に提出するものはありますか?」と聞かれたので、「被告から準備書面等で反論が来てから、それを否定する書面を出すつもりです。」と答えた。

湊弁護士、日弁連の弁護士(まだ名前を覚えてない。)からは特に何も言って来ません。

なんか不気味です。

裁判所と弁護士会の繋がりで余裕なのでしょうか?

こちらから、相手の主張の真偽をはっきりさせるために、秋田弁護士会の持っている審尋(口頭による尋問)の音声データの提出を求めましたが、裁判長から、「それは被告側の考えがありますので、裁判所からはわざわざ秋田弁護士会から取ってこいとは言えません。」とのこと。

あくまで秋田弁護士会と日弁連は別組織との扱い。

では、裁判が始まってから被告を増やせるか明日聞いてみます。

それでは、こちらから音声データを出しますと被告に牽制しておきました。

次の第二回口頭弁論は12月26日午後2時半からです。

準備書面等の提出は12月14日まで。

音声データがかなり時間が長いので、秋田弁護士会の綱紀委員会が湊弁護士の嘘を受けれて擁護する様子と、その嘘を否定し続ける俺の反論だけをピックアップして反訳文にします。

おい、湊弁護士。

どうせ、俺がどんな考えでいるか、このブログをチェックしてるんだろう。

こんな感じだ。

お前の主張が嘘だっている証拠でガッチガチに固めてやる。

覚悟しろ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月19日 (月)

明後日の裁判の準備書面を書いた。

明日は午前10時から日弁連との裁判。(秋田地方裁判所)

明後日は秋田県庁との検閲裁判。(仙台高等裁判所秋田支部)

明日、裁判所に行くついでに明後日の裁判の準備書面も提出しようと考えて、昨日から準備書面を書きました。

第一審の判決(俺、敗訴。)が、如何に世間との認識に逆行した判断だったかを示す証拠を提出します。

被控訴人(第2審の高等裁判所では被告側をこう呼ぶ。)は答弁書は提出したものの、証拠は一切なし。

基本的に第一審の判決で敗訴した側は、新たな証拠を提出しないと判決は敗訴のままで終わります。

逆に勝訴した側は、相手の主張を否定する証拠を提出しないと判決が覆ることもあるのです。

仙台高等裁判所秋田支部の裁判官がバカでないことを祈ります。(頭が良い悪いの意味ではない。)

最近、裁判が楽しいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

写真を勝手に撮ることについて

昔、『爆発!暴走族』を観て、俳優の岩城滉一さんのファンになった。

鈴鹿サーキットのレースでプロライダーの応援に岩城滉一が来て、写真を撮りたかったが勝手に撮ったらぶっ飛ばされそうでやめた。

菅生サーキットの走行会で岩城滉一が来ていて、岩城滉一よりも頭一つデカい取り巻き連中が何人もいて写真を撮りたかったが怖くてやめた。

そこら辺のヤクザより怖いと思った。

なんだろうなぁ、憧れてるからかな。

バイクはアクセルを戻した時に自由に動ける。(サスの過重が安定した時)

これを教えてくれたのは映画で見せてくれたZ2での岩城滉一さんの鋭いローリング。

今観ても凄い。

数多い俺の心の師匠です。

他人の写真を勝手に撮ってはいけないって話でした。(どこがじゃ。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新たな原因

けんじさん、コメントありがとうございます。

今回のブリーザーホースのオイル凝固トラブルの原因は、半透明の耐油性ビニールホースを使ったことによるものではないかと思ってます。

Photo

網の入った耐油性ビニールホースは、ゴムホースとは違って結露し易いです。(経験上の認識です。)

ワンウェイバルブからエアクリーナー・ボックスまでをこの耐油性ビニールホースを使ったことで、外気温が内部まで伝わり結露して、水分とオイルが混じって乳化し凝固したのではないかと考えています。

とりあえず、原因の特定はできましたが、確定までには至ってませんので点検してもらえたら幸いです。

宜しくお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

先週土曜の夜

先週の土曜日はバイク仲間のコジーと小町さんとの飲み会。

待ち合わせはコジーが通うジャズバー前のコンビニ。

午後8時集合で、コジーと小町さんが来てると思ってコンビニ前の県道をダカール(F650GS)でロングウィリー。

まだ、誰も到着してなかった。orz

気を取り直して二人の到着を待つ。

コジーが少し遅れるとの連絡ありで、居酒屋で先に食べてることに。

俺はノンアルコールビールで乾杯。

何故か、小町さんの友人の相談を受けた。(内容は内緒。)

暫くしてコジーが到着。

バイク談義をメインに昔話に花が咲く。

居酒屋の営業時間が終わり、ジャズバーへ。

恋愛下手な共通の友人が最近嫌な奴になったと話題に。

結論として、惚れた相手にアプローチもしないくせに焼き餅だけは一人前、ヘタレにもほどがある。

だから未だに独身なんだろってことで終結。

まぁ、バツ2の俺が言うのもなんだけどな。

で、ジャズバーも閉店で集合場所だったコンビニへ移動。

駐車場で別れの挨拶して、駐車場で軽くウィリー。

県道に出た瞬間にまたウィリー。(暗いので200mでやめる。)

寒くなっても俺の熱い走りは健在です。(なんちゃって)

どうせ、いつまでできるか分かんねぇもの、今を楽しんでます。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2018年11月18日 (日)

仕事してます。orz

モトクロス練習を兼ねた雪百(XR100R)の慣らし運転をやる予定でしたが、仕事が入って中止です。

一日いっぱい掛かる仕事ですが、その間の時間を見て今までやれなかった仕事もしようと思います。

今週の火曜日は日本弁護士連合会との裁判が秋田地方裁判所で。

水曜日は秋田県庁の検閲裁判が仙台高等裁判所秋田支部で行われます。

日本弁護士連合会の裁判で、被告湊弁護士と日弁連の答弁書に対する反論を記載したした準備書面は既に提出してある。

秋田県庁の裁判はこれから反論文を書いて、明日の午後に提出するつもり。

俺の提出した証拠を、「本件裁判とは無関係。」なんて、言わせねぇよ!

頑張ります!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月17日 (土)

Twitterの反応が止まった。

疑問なんだが、反日は、「はんにち」って呼ぶじゃん。
じゃあさ、反韓は何て呼べば良いの?
「はんかん?」
「はんはん?」(韓流は、「はんりゅう」って呼んでたよね。) って書いたらレスポンスが全くなくなってしまった。orz

| | コメント (0) | トラックバック (0)

天気がいい。

天気は良いが仕事が進まないでござる。

午後からバイクを弄るでござる。

夜はバイクでジャズバーへ行くでござる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月16日 (金)

はじかれた。orz

山形県尾花沢サーキットの来年の予定が発表された。

それたらレギュレーションの変更が。

4サイクルエンジンのマシンは排気量110ccまで。

俺の雪百(XR100R、排気量115cc)は出れない。

出れるマシンが無い。

他のレースに参加しよ。

気仙沼のエンデューロかな。

よーへいさん、連れていってください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ネギ祭り

裁判所に行く前に、カブ&ピースで銅製ウェイトを製作してもらったから取りに行った。

氷雪走行用に作った特製ウェイト。

どんな具合になるか楽しみです。

カブ&ピースのneriさんからネギを沢山貰った。

やったー!

これから数日はネギ祭り。

ネギが一番美味しい食べ方って知ってる?

ネギを焼いて、味噌をつけて食べる。

辛味のキツいネギには、焼いた後に電子レンジでチンすればOK!

ビールが美味くなるんだ、これが。

太いネギを毎日2本ずつ食べよ。

嬉しいッス。










追記。

貰ったネギが辛過ぎて、焼いてもチンしても食べれませんでした。

ネギには味噌汁にジョブチェンジしてもらいます。

美味しくな~れ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

原因究明

ハイレスポンス・キットのクランク内圧調整バルブの装着で、ブリーザーホース内で乳化したエンジンオイルが凝固したトラブルの原因を究明しています。

トラブルに遭った方の普段の使い方をリサーチして、暖気運転の時間の短さが原因ではないかと思っています。

この方の普段使いは、暖気運転の時間は5分、走行時の速度は70キロくらい、エンジンオイルはヤマルーブ・プレミアムです。

暖気運転を10分にしてくださいとお願いしました。

この方と俺とでは走行中の速度(俺はアクセル固定して、ノーハンド走行で80~100キロ巡行)は違いますが、同じ銘柄のエンジンオイルを使っています。

前にも言いましたが、俺は今までクランク内圧調整バルブでトラブルに遭ったことがありません。

もし、暖気運転の時間を長くしたことでトラブルが改善されるならば、原因は暖気運転の短さとなり、改善しない様なら原因は走行時の速度となります。

結果が分かり次第、このブログで報告するので宜しくお願いします。m(__)m

| | コメント (1) | トラックバック (0)

仕事仕事

今日の午後から秋田地方裁判所に準備書面を提出しに行くんで、朝から仕事してます。

準備書面はほぼ完成。

裁判所に行く前にチェックして、OKなら準備書面を4部印刷。

一つは裁判所。

一つは俺。

残り二つは湊弁護士と日弁連。

裁判所に提出したら、バイク関係の用事を足します。

何気に忙しいな。

頑張ります!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月15日 (木)

良い準備書面が書けそうだ。

俺が秋田県方テラス所長の湊弁護士と日弁連(日本弁護士連合会)を訴えた裁判の被告答弁書の意図が分かり易かったので、明日までに準備書面を書いて明日の午後に秋田地方裁判所に提出します。

いやぁ、湊弁護士と日弁連を連名で訴えたのに、被告答弁書を書いたのは湊弁護士。

この人とは5年の付き合い?だから何を目的としているか丸見え。

まぁ、秋田県ではトップの弁護士なんでしょうが、俺から一度は完膚なきまでやられて裁判で負けてますからね、この人は。

今では、「湊弁護士=素人にも負ける弁護士」ですよ。

どうせ嘘しか言わねぇんだから、うその証拠を提出すれば負けない。

裁判官が弁護士どもに贔屓しなきゃね。

裁判官も人間だから、裁判が必ずしも証拠に基づいて判決を出すとは限らない。

だって考えてみてよ。

弁護士は裁判官にとって同じ法曹界の人間だよ。

多かれ少なかれ利害関係はあるでしょ。

裁判官やめて最も多い転職が弁護士だもの。

もしもの時、定年後の就職先をこれから裁く訳だからさぁ。

最初からハンディマッチ。

だから燃える。

夕飯食べたら頑張って準備書面書くぞう!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今、はじめの一歩が面白い。

高校生の頃、いじめられっ子で、「強いって何ですか?」という疑問を解くためにボクシングで日本チャンピオンまでなった幕内一歩。

パンチドランカーの疑いが出て引退し、弟子にした高校生が喧嘩して、怒った一歩が張り手で弟子をノックアウト。

一歩の友人(かつては一歩をいじめた張本人)、と友人の弟子(友人は漫画家)が一歩と共に現場から逃走。

一歩は警察に自首しようと決めた。

これが今週号のお話。

これ、高校生の頃から色々やらかしてた俺に言わせてもらうと、一歩はすぐに釈放される。

ノックアウトした弟子が先に警察に通報してなければ、警察から、「逃走の恐れがない。」と判断されて、呼び出しがくればすぐに出頭という形になる。

そもそも自首って、事件が発覚(通報)される前に警察へ、「悪いことしました。」と出頭することだから。

通報後だと、自分から出頭しても自首ではなく、ただの逮捕。

暴力行為を行った弟子に対して、止めるように指導として張り手をした訳だから、弟子に怪我が無ければ罪にも問われないはず。

しかも、これは弟子が警察に通報した場合で、喧嘩して師匠にぶっとばされたなら警察も特に咎めるべきではないと判断する。

拳で叩いたら元ボクサーだけに凶器と認識されるが、張り手なら愛の鞭ですよ。

俺もね一歩と同じく高校生の頃にいじめられっ子で、大人になってから本格的にグレた。

やっぱり、「強いって何ですか?」って思ってね。

自分は実は弱いんじゃないのかって気持ちが少しでもあると、自分を大きく偉く見せようとする。

自信がついたら、そんな必要がなくなる。

何が強さか俺も未だによく分からないが、強くなったら偉ぶらないってことだけは、この歳になって理解できた。(半世紀以上生きてます。爺です。)

本当の意味での強さとは、実績に基づく自信かも知れない。(未解決)

もしくは、敗けても勝つまで諦めない心か。(やっぱり未解決)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

湊弁護士&日弁連の答弁書

裁判が来週に迫り、やっと湊弁護士&日弁連(日本弁護士連合会)からの答弁書が届きました。

答弁書に書かれた主張は、

(俺が勝訴した裁判で)架空の情報公開システムの捏造はない。

裁判で秋田県庁からの損害賠償が既にあり、俺の損害など無い。

とのこと。

損害倍賞は違法行為が行われたことに対しての請求であり、裁判で捏造は違法行為です。

しかし、その裁判は終結しており、秋田県庁からは賠償してもらったが、今回、俺が損害賠償しているのは、湊弁護士の懲戒請求で、その架空の情報公開システムの捏造を一般論だと明らかに嘘の弁明を言ったことに対して損害賠償している。

俺が勝った裁判とは別問題。

それを湊弁護士を擁護して、事実を事実と認めない日弁連も違法です。

つまり、今回の裁判は弁護士法56状に基づいて懲戒請求したか、その際にも架空の情報公開システムを一般論と弁明したこと、それを擁護して架空の情報公開システムの捏造は無かったとする判断に対しての損害賠償請求です。

俺が勝った裁判はあくまで今回の裁判の原因であり、裁判所に提出した訴状、準備書面、証拠書面は今回の裁判で湊弁護士の虚偽を証明する為の物であって、俺が勝った裁判とは全く別の問題です。

まぁ、こっちには証拠がありますが、裁判長が秋田県庁の検閲裁判の時と同様に贔屓することも考えられます。

裁判は公平ではない。

全て裁判長一個人の理性や正義感に頼ってる。

公平な裁判をすることで不利益も被る。

韓国の徴用工判決でも分かるでしょ。

あれは裁判官が日本に味方したら韓国の国民から殺されるからですよ。

裁判官も人間です。

裁判は難しいね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

クランク内圧調整バルブに問題なし

エアクリーナーボックスからクランク内圧調整バルブまでのブリーザーホースが乳化したオイルが固まって塞がるトラブルですが、当事者の方から連絡があって、クランク内圧調整バルブ自体の故障はなく、正常に動くとの報告がありました。

乳化したオイルが固まることを長いバイクライフで初めて知った次第です。

クランク内圧調整バルブが無くても固まったかは分かりませんが、この様なケースがあったことだけはpeaky_partsを購入した方に報告する義務があるのでブログにて連絡しています。

クランク内圧調整バルブを使用している方は、オイル交換、もしくは半年毎にブリーザーホースをエアクリーナーボックスから外してオイル詰まりを点検してください。

メンテナンスが面倒という方はクランク内圧調整バルブの使用を中止してください。

宜しくお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月14日 (水)

peaky_partsからのお願い

peaky_partsのエンジンブレーキ強化キット、ピーキーキット、ハイレスポンス・キットを購入した方にお知らせいたします。

キットに含まれるクランク内圧調整バルブ(ワンウェイバルブ)で非常に稀なトラブルの事例がありました。

エアクリーナー・ボックスからクランク内圧調整バルブまでのブリーザーホース内で乳化したオイルが固まってしまうというトラブルです。

俺もこんなケースは初めてです。

クランク内圧調整バルブを使う様になって10年以上経ちますが、トラブルらしいトラブルは経験したことがなく、今まで販売した方からもトラブルの報告は今回が初めてです。

何らかの要因、理由があるのかも知れませんが、今のところ原因はまだ分かりません。

【ホース内で固まる乳化したオイル】
Photo
【エアクリーナー・ボックスのジョイントで固まる乳化したオイル】
Photo_2

そこで、エンジンブレーキ強化キット、ピーキーキット、ハイレスポンス・キットを購入した方にお願いです。

オイル交換時、もしくは半年毎にエアクリーナー・ボックスからブリーザーホースを抜いてチャック(点検)をお願い致します。

おそらく、この症状は構造上、どんな高性能なクランク内圧調整バルブでも起こり得るトラブルであると思います。

メンテナンスがどうしても面倒な方はクランク内圧調整バルブの使用を控えてください。

キットに使っているクランク内圧調整バルブを販売して5年経ちますが、トラブルの報告は今回が初めてです。

宜しくお願い致します。<(_ _)>

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月13日 (火)

ビックフィン・キットのパーツ

スーパーカブ110、クロスカブ用ビックフィン・キットを製作するための予備パーツが少なくなったので注文。

今日、取りに行くついでに、エンジンオイルも買ってこよう。

カブのエンジンが丈夫という認識は現代では通用しない。(現にリコールもある。)

何故か?

乗っている人の要求が高くなっているから。

だから、熱的負担を取り除いてエンジンの負担を減らしてやる。

熱的負担を減らすということは、エンジンパーツの変形を抑えるということ。

金属は熱を帯びると膨張する。

これが変形の原因。

変形した状態での稼働は不調・故障及び消耗の原因。

ビックフィン・キットは変形を抑え、常に変形を想定の範囲内で稼働させることができる。

つまり、楽しいツーリングの時間を維持するためのパーツです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月12日 (月)

仮説『もしも朝鮮半島と戦争になったら』

アメリカの動向を見ながら単独で戦うことになる。

自衛隊員の数が足らない分は新たな兵器開発で補うことになるだろう。

チャンバラ理論、「一人10人以上は確実に殺せ。」の世界。

韓国で裁判に負けた大企業が喜んで殺戮ノルマ達成の兵器を作ってくれる。

下町ロケットの技術でもミサイル開発。

日本の中小企業の技術を結集して。

民間企業の利点を生かして、安くて破壊力のある爆弾を製造。

日本は資材さえキープできれば、武器に磨きをかけ続けられる。

そして、勝利した後は当然統治しなくてはならない。

この戦争勝利後では女性は慰安婦ではない、性奴隷として無給で働いてもらう。

男性も労働者ではない、単なる奴隷だ。

どうせ何十年後に損害賠償請求事件の訴訟が起こされるから。

日本政府も賠償金は国相手ではなく、一個人が裁判で勝訴した場合にのみ支払うスタイルに。

韓国のやってきた事からすれば、きっとこんな風になる。

そして、民間の朝鮮人差別連合が組織される。

名称はKKKK団。(くたばれ、殺すぞ、糞コリアの略。)

そんな未来にならないように、早めに韓国とは手を切りましょう。

平和が一番です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

何か分かった気がする。

アメリカと日本は同盟国。

アメリカと韓国は同盟国。

日本と韓国は同盟国じゃない。

韓国って、永きに亘って中国の属国だったから、日本よりもアメリカと仲良くなりたい。

目標はアメリカと一番のマブダチ。

売春婦も大量に派遣しますぜ旦那の世界。

いっそのこと、北朝鮮との統一に協力して、統一後にまとめて敵国認定してもらいたい。

日本は原爆落としたアメリカと同盟国として前に進んだ。

韓国は戦時中に同盟国だったのに終戦ギリギリで反旗を翻してきた。

現在は日本がまるで敵国。

もうやめよう、韓国と関わるのは。

政府への批判を逸らす為に反日教育する国が味方な訳がない。

俺が好きなのは朝鮮産のキムチじゃない。

日本産のキムチだ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今度のエンジン

来年1月の雪上レースに向けてエンジンを作ってます。

シリンダーとピストンはヨシムラの115ccのまま。

理由は昨年のラップタイムが十分速かったから。

今年は銀山のレースに勝ったとはいえ、エンジンのヘタリが酷かった。

テクニックが上がって、そこそこ速く走れたから気付けなかっただけでした。

若美モトクロスパークのバイク運動会で、昨年のレースてぶっちぎった人から、今年はぶっちぎられる始末。

おかしいなぁと思って、動画撮ってラップタイムを計ったらボロボロなタイム。

なもんで、パワーと扱い易さを両立させて、できればトラクションも向上させます。

バランサー・フライホイールのウェイト増量。(レース用の軽量化されたクランクでこれをやると簡単に壊れます。)

重いクランク、重いフライホイール。

だけど良く回る仕様です。

エンジンの回転リミッターは12000回転のままで。

もしかしたら、キャブレターも純正改のPD22に戻すかも。(昨年のベストタイムはこのキャブレター。)

とりあえず、折れたチェーンテンショナー・スプリングを注文しなきゃ。

エンジンのレスポンスをわざと落としても良いけど、ラップタイムが落ちるのが気に入らない。

まぁ、雪上でのトラクション向上対策は考えてあります。

テストしてみないと、有効かは分かりませんけどね。

頑張ります!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アニメのゴジラ

昨晩、アニメのゴジラを映画館に見に行きました。

感想は?

ああ、日本人の望むライトってやっぱりこれかぁ。

ハッピーエンドにならない、細やかな幸せを描いて終わる。

これは日本独特の文化なんだろうね。

ウーン。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月11日 (日)

ゴジラ観に行く。

アニメのゴジラを劇場に観に行く。

本当は昨日行く予定だったけど、寒気がしてやめた。

今日は午後9時10分からのレイトショーを観に行くよ。

調べたらポップコーンもまだ売ってるし。

これからダカール(F650GS)でトロトロ走っていきますね。

ガリッとまがなって(着替えて)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

根性ブログ

ココログで、クイーンとフレディー・マーキュリーのことにのみツッコミを入れるブログがある。

今月から劇場公開されるクイーンの自伝映画でクイーンの素晴らしさが注目されている。

このブログの方も、嬉しそうにその事を記事にしていた。

一つのロックグループ。

しかも、解散してる。

更に、ボーカリストは死んでる。

そのグループをネタにして10年くらいブログを書いてる。

コメントをチェックしたら、2010年から一切のコメントかない。

凄い。

好きなことにこれだけのめり込める。

なんか、エネルギー貰ったわ。

俺も、このブログを頑張ります!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ハイレスポンス・キットへのお問い合わせ

ハイレスポンス・キットを購入された2名から、「ボアアップしてますが、ハイレスポンス・キットの効果はありますか?」と同様な質問がありました。

バッチリ出ます。

むしろ、ボアアップして車両の方に大好評です。

但し、異常な振動は無理ですよ。

発生源が無くならないですから。

以前にチューンナップした方で、「振動が酷いからバランサー・カムスプロケットは振動が無くなるそうだから使ってみよう。」とバランサー・カムスプロケットを購入して効果はないとした方がいました。

それは無理ですよ。

排気量が上がって、ノーマルよりも振動が少し増えたなぁくらいの振動なら消せます。

ビックインジェクションを組んで、振動が増えたなぁって方も振動が消えたそうです。

しかし、振動の主な原因は燃料調整の狂いがほとんど。

そちらを改善しないことには、性能なんか上がりません。

元々、ノーマルでバランサーがついてるエンジンだって、燃料調整が狂えば振動は出るんですから。

まぁ、ものには限度があるってことですね。

ハイレスポンス・キットは、世界で最も構造が簡単なバランサー装置です。

しかも、通常のバランサー装置はパワーがロスしますが、ハイレスポンス・キットはロスを減らしてパワーアップさせる唯一のバランサー装置です。

これ、やってることは凄いことなんですが、構造が簡単過ぎて信じてもらえない。orz

ハイレスポンス・キットはちょっとした奇跡なんですがねぇ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

秋田地方裁判所の判決の矛盾

平社員さん、桜華さん、コメントありがとうございます。

平社員さん、折れるボルトだけに負担が掛かっている様なので、エンジンマウントボルトを全て緩ましてからエンジンのポジショニングを少しだけずらしてボルトを締めようと思ってます。

それでダメなら、あとは改善策を発明しますよ。

桜華さん、秋田地方裁判所は基本的に秋田県庁の味方。

以前に俺が勝った裁判は、裁判長が正義感のある方で一番最初の裁判で和解勧告をし、秋田県庁がそれを蹴ったことで、「もう味方はしない。公平な裁判をやる。」としたからです。

今の裁判長は、ただの役人ですね。

長いものに巻かれ、慣例に従います。

前回に、俺が敗訴した秋田県庁の検閲訴訟ですが、判決の理由が笑える。

「信書の対しての被告の行動は、会議して対応を決めたから自由裁量権を行使しただけ。(意訳)」でした。

信書(俺が知事に送った告発文)に対してはそういうことにしましたが、書籍(俺が知事に送った秋田県庁の不正の記事が記載された雑誌)に対しては、「これのどこが検閲か分からない。」との判断。

は?検閲とは、行政が自分に不利益のある情報に対して規制や制限をして管理することをいうと最高裁の判例で決まってるんですが。

都合の悪いことは触れない。

弁護士や裁判官がよく使う手です。

なので、信書は自由裁量権の行使でいいから、書籍に対する被告の行動は検閲で間違いないから控訴しますとした。

これも、知事室(秘書課)の人間が、知事の業務に必要ないと判断して見せなかったら自由裁量権になるが、不正を行い、それを隠す為に俺の情報公開請求を拒否して違法と裁判所から認められた秋田県庁建設部道路課が書籍を管理しているとしたから検閲となる。

つまり、知事室の人間は何も不利益がない。

これを建設道路課が知事から怒られない様に隠してることが問題となる。

建設部道路課は、過去に俺の公開質問状を読んだ知事に思いっきり怒られてるからね。(和解勧告した裁判長情報。)

いいですか、皆さん。

地方裁判所には地元の行政に贔屓する慣例が存在しています。(和解勧告した裁判長情報。)

本気で勝ちたかったら、嫌でも最高裁まで行く気でやらないと。

今回の判決がその証拠です。

判例に矛盾する判決を平気で出す。

「なんでこれが検閲となるのか。」

お前、勉強したこと忘れたとは言わせないぞ。

今月の20日にこの裁判長の下で、日弁連との裁判があります。

俺が勝訴した裁判で、架空の情報公開システムを捏造した、それが法廷で嘘だとバレて秋田県庁を敗訴に追い込んだ湊弁護士とその仲間たちとの裁判です。

「あれは秋田県庁の情報公開の一般論を準備書面に記載しただけ。」

この言い訳を日弁連は受け入れて湊弁護士の懲戒請求で擁護に回った。

担当職員と知らない、しないことが一般論ですかぁ?

では、一体、その一般論を誰から聞いたんですかぁ?

秋田県情報公開条例にそんな記載はないんですけどぉ?

情報公開担当職員と道路課職員が話し合って文書(情報)の特定をしたぁ?

情報公開担当職員は、そんなことしていないって証言台で話したぞ?

その担当職員ってのは、どこのどなたさんのことですかぁ?

それでは、法廷で聞かせてもらおうかい。

嘘の天才達の釈明ってやつをよぉ!(市原隼人風。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

練習中止

ヨシムラの補修用ピストンを組んでて違和感が。

チェーンテンショナーのスプリングが変だ。

折れてて先がないんだよね。

エンジンの中に入った?

うわぁ、面倒くせぇ。

スプリングを注文して、その間に折れた先を探します。

参ったなぁ。

追記。

カムチェーン周りを見たがスプリングの先が見つからず。

大きさと長さからあれば見つかるはず。

これはシリンダー外した時にどこかへ飛んだってことで解決にしよう。

状況からクランクに落ちたことは考えられない。

カムチェーンとシリンダーとは別室だからね。

いやぁ、こんなとこでつまずくとは。orz

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月10日 (土)

白は白と言い、黒は黒と言う。

人生、長く生きてると何が難しいって言うと正直になること。

自分に正直だと、単なる我が儘に見えるかも知れない。

しかし、組織に入ればなかなか白いものを白とは言えず、黒いものも黒とは言えなくなる。

調和は大事。

でも、それが不正だったらどうする。

俺は秋田県庁と日本弁護士連合会を相手に裁判をしてる。

不正を不正と認めさせるために裁判して、不正が認められても秋田県庁は不正を存続させようとする。

それを阻止するために俺は戦ってる。

日本弁護士連合会は、その秋田県庁の不正を手助けしている。

だから、日本弁護士連合会も不正を認めさせるために裁判する。

白は白。

黒は黒と俺は言いたい。

それが死んだ祖父との約束だ。

日本昔話で、漁師の網元が宴の席で皆に聞く。

「世の中で一番美味いものはなんだ。」

各々が自分の好きな食べ物の名を上げる。

そこに年配の漁師がポツリと言う。

「俺は塩だと思う。」

網元が怒った。

「なにぃ、塩だと。ふざけるな!」

網元をこの年配漁師を無人島に島流し。

台所から一切の塩を廃棄した。

それからというもの、飯が不味い。

網元は、毎日、毎日、飯の不味さに不満をぶつける。

ある日、急に飯が美味くなった。

台所の女中に、なんで今日の飯が美味いのか尋ねた。

申し訳なさそうに女中が答えた。

「旦那様には済まないけども、塩を使いました。」

網元は自分の間違いに気付き、無人島の住む年配漁師に詫びを入れて戻って来るよう説得したが、年配漁師は2度と自分が生まれ住んだ島に帰ることはなかった。

おそらく、自分が戻れば網元は元の傲慢な人間に戻るだろうと考えたのではないのか。

いつまでも反省を促す為に自分の意思を通した。

これが、自分の考えを曲げない姿勢というもの。

今の日本に足りないのは、間違いなくこの姿勢だと思う。

俺は、こんな人間になりたい。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2018年11月 9日 (金)

明日の予定

明日は午前中に雪百(XR100R)の整備。

ピストン交換とオイル交換。

プロリンク修理とエアフィルター交換。

今日、バランサー・フライホイール用のウェイトの製作をカブ&ピースに依頼した。

ウェイトの厚さを7→11㎜に。

材質は真鍮から銅に。

取り付けボルトはモノタロウに注文。

かなり重くなります。

ウェイト配置は変えないことにしました。

今の配置が一番トラクションが良いと分かったからです。

氷の上で少しでもグリップを上げたいから、そのまま。

年内中にクラッチ交換もしたいなぁ。

問題は、エンジンマウントボルトのポキポキ病です。

良いアイデアが浮かばない。orz

参ったなぁ。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2018年11月 8日 (木)

バランサー・フライホイール改良

XR100Rのフライホイールに装着したウェイトは配置が自由に変えられます。

更にウェイトを付けられる角度を増やして、位相エンジンを作ります。

今現在の雪百(XR100R)のバランサー・フライホイールはエンジン特性が並列2気筒360度クランクと同質です。(昨年までは並列2気筒180度クランクの特性です。)

市販してるハイレスポンス・キットのバランサー・フライホイールは、ウェイトの配置からちょっとだけV型2気筒のクランクに近い。

こっちの方が調子が良くなるかも知れない。

まぁ、やってみないと分かりませんが。

とりあえず、ウェイト重量を増量してから、ウェイト配置を変更してみましょう。

その際は、ホンダのデータをパクッちゃおう。

楽しみです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

統一化

昨日、ゴジラの実写映画とアニメのデザインが統一化されていること気付いた。

俺は良いことだと思う。

今現在の考えられる最高のデザイン。

来るとこまで来た。

そんな印象を受けた。

さぁ、明日からアニメのゴジラの新作映画が公開される。

夜に雨が降ってなきゃ観に行くよ。(もう、新作映画のテーマ曲をダウンロード済み&バカみたいにリピート。)

バイクで映画館まで行くから、出来たら晴れの日に行きたいからね。

日曜日辺りかなぁ。

楽しみです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ハイレスポンス・キットを見る目

桜華さん、けんじさん、コメントありがとうございます。

桜華さん、以前にも話してくれたおじさんですね。

スクラップ屋は勝手に持っていくので困ります。

俺の実家でも、農具入れにしていた廃車が勝手に持っていかれました。

友人から貰ったバイクトレーラーも持っていかれました。

まぁ、何度もそれをやって捕まった業者が増えたことで、現在は持ち主への確認が常識になりましたけどね。

けんじさん、ハイレスポンス・キットはメカに詳しい人ほど買いません。

何故なら、今まで学んだ常識とは違うからです。

「フライホイールを重くしてエンジンが軽くなる????」状態に。

きゃりーぱみゅぱみゅも『にんじゃりばんばん』
で歌っていましたが、常識を変えたら驚きが日常になります。

発明は新しい世界を開きます。

ハイレスポンス・キットは構造が最も単純なエンジンバランサーです。

凄い発明ですが、見た目が単純すぎて効果を信じてもらえない。

鉱石ラジオって知ってますか?

あれと同じです。

ちゃんとラジオなのに部品が沢山ある方が凄く見える。

発明の世界では、効果が同じなら構造がより単純な方が凄いと考えるんですがね。

けんじさんがハイレスポンス・キットの効果を体験してくれることを誇らしく思う俺でした。

ご報告ありがとうございました。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月 7日 (水)

みんな知らないんだよ。

みんな知らないんだよ、ハイレスポンス・キットを組んだスーパーカブ110やクロスカブの気持ちよさを。

知ってるのは俺とハイレスポンス・キットを購入した人のみ。

いつか、「ハイレスポンス・キットを組んだカブじゃなきゃ乗ってられっか!」と世界中のカブ乗りに言わせてみたい。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2018年11月 6日 (火)

ベストタイムの動画

日曜日に撮った動画がベストラップの5秒落ちで落ち込んでます。

そこで、ベストタイムが出た時の動画をチェック。

この時は、あるテクニックを使ってました。

しかし、そのテクニックは雪上レースでスリップ連発して、それ以来やめた。

そのテクニックとは、ブレーキング、クラッチ切り、アクセル全開、半クラです。(勝手にスリングショットって呼んでます。)

今のコーナーリングに、もう一度このテクニックをプラスしてみます。

ストレートの速度が全然違う。

エンジンパワーが落ちてるのもそうですが、それだけじゃなかった。

マシンも遅くなって、俺も遅くなってた。

上手くなったが、遅くなったらダメだろって話ですよね。orz

でも、今のコーナーリングにスリングショットをプラスして走ってみます。

まだ速く走れる!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

師匠ニューマシン

秋田のモトクロスの師匠がニューマシンに乗り換え。

1981年型ホンダCR250Rから1989年型ホンダCR125Rへ。

ダンプカーから軽トラに乗り換えたくらい違うだろ。

来年はぶっちぎられるかも。

負けないぞ!(負けなきゃいいなぁ。)         

| | コメント (0) | トラックバック (0)

加藤謙弁護士からの答弁書

仙台高等裁判所から秋田県庁の答弁書が届いた。

B4用紙で2枚。

俺が前に勝った裁判で、秋田県庁がやった虚偽、捏造、偽証は本件裁判(秋田県庁の検閲を問う裁判)とは関係ないときた。

検閲とは、行政が自分の都合の悪い情報を規制や制限をする行為。

秋田地方裁判所は、基本的に秋田県庁の味方。

俺と秋田県庁の最初の裁判で、秋田県庁が裁判長の和解勧告を蹴って、それに怒った裁判長が後の裁判で秋田県庁に敗訴の判決を出した。

残念ながら、その裁判長は転勤した。

また秋田県庁の天下。

だけど裁判は上に行くほど行政に対する恩恵は無いと覚悟しろ。

だから逆転判決とかになる。

こちらはまだ証拠はある。

秋田県庁が不正を行い、その事実を隠すために俺が佐竹知事に送った信書や書籍を回収して管理している。

これが検閲でなく、何なんだ?

答弁書が紙2枚で、書くこと減らして2枚に分けてるってアホか。

手詰まりで書くこと無いとかって何だよ。

まぁ、俺が最高裁まで連れていってやるから楽しみしていろ。

地方の弁護士には最高裁に行けることは誉だそうだからな。

これぞ行政訴訟でしょ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

速度違反記録

一般道路(制限速度60キロ)でGTRに乗って、時速280キロ出して捕まった大阪の男だが、速度の高さだけなら上がいる。

フェラーリに乗って高速道路で300キロ出して捕まった奴がいる。

もう20年くらい前の話たけど。

日本人が海外での速度違反の最高は320キロだっけ?

まぁ、実際300キロ出るクルマやバイクが普通に売られてる時代。

俺が高校生の頃は200キロで凄かった時代。

30年で200キロから300キロ。

もう30年経てば400キロまでいくかな。

漫画『湾岸ミッドナイト』の悪魔のZが600馬力で、現実にそんな馬力を出したらどうなるんだと思ってたら、現在では1000馬力も珍しくない時代へ。

俺はあえて言おう。

これからのチューンナップは軽量化になります。

パワーウェイトレシオの分子と分母の割合で速くする。

同じパワーウェイトレシオでも、車体の軽い車両の方が速い。

そんなこと言ってたら、XR100R用のアルミフレームが欲しくなるな。

どこかで製作してくれるとこないかな。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

謝るだけマシ

製品検査の不正で謝罪したスバル。

謝るだけマシだよ。

秋田県庁なんか、裁判で不正が認められたけど謝るどころか開き直って、更に不正を重ねてるからね。

これが民間と公務員の違い。

親方日の丸でも、地方になると根性腐りまくり。

佐竹知事はボンクラだしな。

ファレディーZで刺さって死ねばいいのに。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

十年ぶり

雪百(XR100R)のピストン交換の為に、ヨシムラジャパンに電話で注文。

ヨシムラに電話するのは10年ぶり。

たしか、ケイヒンFCR-MXキャブレター用のMJN(マルチプル・ジャット・ノズル)を売ってもらえないかと相談した。

スズキのワークス用に特注したものを売ってくれと願った。

非売品だったので無理でした。

ヨシムラには、古き良き日本みたいな逸話がある。

若い頃、XR630アルベーカー・スペシャルに乗ってて、グース350用のMJNを購入してTM40キャブレターに装着した物を使ってた。

アメリカからダートトラックレースのチューニングパーツを購入し、排気量も660ccに上がると、グース350用のMJNではガソリンの噴射量が間に合わなくてセッティングが出ない。

ヨシムラに相談すると、「それならハーレーダビッドソン用のMJNと無料で交換しますね。」と交換してくれた。(感謝感激!)

余談だが、その後、バッチリ調子が出たアルベーカー・スペシャルは地元のゼロヨンで最速だったRX-7と峠でバトルしてフレームが折れた。

もう、20年以上前の話です。

雪百のタンクに貼ったヨシムラのステッカーが擦れて文字が消えかかってるから、これも交換だな。

これからは1年ごとにピストン交換しよ。

レースに使ってると、やっぱり消耗が激しいや。

モトクロスをやめて20年、またカンバックして3年。

雪上レース優勝のために頑張ってます。

相変わらずマシンはあちこち壊れるけど。orz

追記。 やっばりピストン交換のサイクルが1年だと遅いかな。 半年だと速い気がするから、真ん中取って9ヶ月ってことにしよう。 めでたし、めでたし。 追追記。 でもなぁ、フルパワーで走りたいしなぁ。 やっばり半年で交換かな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月 5日 (月)

あーっ、なるほどなぁ。

280キロ(メーター読み300キロ)の速度違反で逮捕された大阪の男。

捕まる条件が揃ってた。

動画で顔を晒してる。(言い逃れできない。)

速度違反をした場所を表示。(交通取り締まり担当地域が分かる。)

警察を挑発。(警察遅いってバカにしたらダメだろ。)

捕まえてくれって言ってるだろ。

ご愁傷様。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

圧縮落ちてる

日曜日に撮った動画と以前に撮った動画を比べて、テクニックが上がってるのにラップタイムが落ちてる。orz

エンジンの調子は良い。

新旧動画を比べると、エンジンの唸りが全然違う。

ああ、エンジンの圧縮が落ちてるわ。

ヨシムラからピストンの補修パーツを購入します。

使い込んでるからなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大台超えるのは誰?

クルマで280キロ出して速度違反で捕まった奴が出た。

今までの最高記録だとか。

まだ捕まっていないだけで300キロ(大台と呼ばれている。)を超えて捕まるのは誰か?

カワサキのH2なら300キロも余裕みたいだが、捕まえれるのかな。

ちなみに地元の五城目広域農道の速度違反記録はレガシーが出した230キロだそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

老眼

老眼になると、メーターは見えない、時計は見えない、メインジェットの番数も見えない。

とても不便です。

雪百(XR100R)で毎週一時間モトクロス練習をするんだけど、走っている最中に腕時計は見れないんで、ハンドルに腕時計を付けてます。

デジタル時計だと、走っている最中に数字が読めない。

若い頃は何ともなかったのに。orz

そこで針の腕時計だと、針の向きで何となく時間を把握できる。

昨日その事を忘れて、ハンドルに付けたGショック(針とデジタル)の針を見ずにデジタル数字を一生懸命読もうとして読めなくて、仕方なく停車して時間を確認した。

針ならちゃんと読めるのに。orz

何が腹立つって、それを忘れてる自分に腹立つ。

バカだなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

回転制御の変更

バランサー・フライホイールのウェイトを重くすると、エンジンは高回転化する。

スーパーカブ110の場合は、バイクのキャラクターや街乗りを考えたセッティングにしていますが、比較的にウェイトの増量に関して自由が利くXR100Rはレースでは有利です。

今後、ウェイトの材質を真鍮から銅に変更すると、もっと高回転型のエンジンになるので、バルブスプリングを強化して、回転リミッターの制御を12000回転から13000~14000回転に変更するつもりです。

すでにエンジン回転が単気筒エンジンのそれとは違っています。

それもそのはず。

バランサー・フライホイールは、かつてドカティが開発したバランサー・システムをもっと簡易な方法で実現した物だからです。

物が違います。

エンジンをばらすついでにピストン交換しようっと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月 4日 (日)

今日の練習。(超久しぶりの動画)

久々に速くなれた実感がありました。

新しい走り方に慣れたら、もう少し速く走れそうです。

https://www.youtube.com/watch?v=Wv_7b2Th6xA&feature=youtu.be

| | コメント (0) | トラックバック (0)

練習中断

午後から若美モトクロスパークで練習。

一時間走るつもりだったが、40分走ったらエンジンマウントのボルトがまた折れた。

ボルトが折れるとクラッチロッドと干渉してクラッチが切れなくなる。

練習中断。

走り足りないなぁ。

そのまま練習終わり。

帰りに仕事してから帰宅。

回転リミッターが作動する寸前までエンジンを回して走ると、確かに速い。

そして、フープス(ウッシュボード)を半クラ使ってエンジンの回転を維持して走ると、いつもは失速する5個目と6個目のジャンプで勢いよく通過できる。

これがエンジンボルトの折れる原因?

新しいコーナーリングは良い。

コーナーのバンクも有効に使うと楽だし速い。

久しぶりに練習で興奮しました。

楽しかったぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

爆弾投下

今月20日は、日本弁護士連合会との裁判。

準備書面は口頭弁論の日ギリギリに裁判所に提出するのが良いのは分かっているが、先週に準備書面を提出した。

でもね、それを言われたら終わりだろって記載の準備書面を用意していて、これを口頭弁論の日ギリギリに提出する。

その準備書面には、ぐうの音も出なくなることが2つ書いてある。

毎度おなじこと言うが、首を洗って待ってろ。

絶対的に有利な行政訴訟で、嘘が全部バレて素人に負けた湊喜美男弁護士(秋田県法テラス所長)。

悪夢をもう一度見せてやるぜ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

寒い。

今日は、午前中に仕事して、午後からモトクロス練習する予定。

今日は寒いね。

体温管理が難しい。

昼にバイクを整備して、びっちり一時間走り込みます。

来年の雪上レースまでに体力とテクニックを身に付けなきゃ。

もっと速く走りてぇ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月 3日 (土)

クランク内圧調整バルブのサイズアップ

雪百(XR100R)がバランサー・フライホイールのウェイト増量で、エンジンが回り過ぎてクランク内部の圧力が高くなっています。

そこでクランク内圧調整バルブのサイズアップをしました。

2サイズほど内径が大きくなったので、調子も上がることでしょう。

また、速くなっちゃうな。

速くしないとレーサーマシンに勝てないし。

明日は午後から練習です。

1時間びっしり走りますよ。

新しいコーナーリングだとコーナーリング中の減速が強くなる傾向があって、怖く感じるくらいの速度で進入しないといけない。

慣れない内は心臓に悪い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

再審請求

秋田県庁との裁判を今まで俺は4つやってる。

最初は、秋田県庁が管理する県道でも事故の瑕疵を問う裁判。(敗訴。秋田地方裁判所では、県道の不備での事故の責任は全て運転者のにあるとして訴えを全て棄却している。だが、和解勧告まで持っていったのは唯一俺だけらしい。)

2つ目が、事故の示談交渉で秋田県庁建設部が虚偽の説明をして責任から逃れようとしたことについての損害賠償請求。(俺のミスから示談交渉時の証拠映像を消失させて敗訴。)

3つ目が、真実を確めるために秋田県庁に情報公開請求したら、請求した文書を所有しているに、「その様な文書は存在しない。」と隠蔽したことに対する損害賠償請求。(勝訴。)

4つ目が、佐竹知事に秋田県庁建設部の不正を訴えようと手紙や書籍(秋田県庁の不正の事実を掲載。)を送ったら、秋田県庁建設部が全部所持して検閲したことに対する損害賠償請求。(第一審敗訴。控訴中。)

来年は3つ目の裁判で、秋田県庁の不正が法廷の証人尋問で明らかになったので、裁判記録や証人調書、被告準備書面を証拠にして2つ目の裁判を再審請求します。

被告代理人だった湊弁護士は、2つ目の裁判では、示談交渉時の証拠映像の存在を否定していましたが、3つ目の裁判では証拠映像の存在を認めています。

つまり、2つ目の裁判では、不正を働いてる映像など存在しない、残った映像が全部だと主張したのに、3つ目の裁判では消失した映像の中で被告が原告(俺)にしっかりと保険会社との契約内容を説明した(嘘)とした。

その発言により、秋田県庁の主張は信用に値しない虚偽であったと証明できる。

被告側証人も裁判所に提出した陳述書の内容が嘘であった証言台でバレた。

なので、もう一回秋田県庁と裁判ができる。

楽しみだなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

昨晩も

昨晩も秋田県御所野の東宝シネマズで映画を見るためにダカールで行った。

ウィリーをバンバンしながら。

夜のウィリーは気を使う。

ライトが空向いて地面を照らさないからだ。

まぁ、長く続けて走る気持ちも、テクニックも今はもうないから、ちょっとしたパフォーマンスで終わり。

でもね、バイクに横に並ばれて、何故かやる気満々のクルマがいる時は長めのウィリー。

そうです、カッコつけです。orz

お前は一体何歳なんだと言わないでください。

やってる自分が一番そう思ってるんだから。

年寄りの些細な楽しみです。

映画を観た後、知り合いのスナックで朝まで烏龍茶を飲んでました。

帰り道、ウルウルしながらウィリーすると、全然上手くいかない。

もう、若くはないのは分かってるが、ちょっと寂しい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

クレイジーチリトマト

クレイジーチリトマトとかいうカップラーメンを食べた。

全然美味くない。

激辛ソースをかける前も後も不味い。(-_-;)

勿体無いから我慢して食べた。

なんか、損した気分になったので、普通のチリトマトのカップラーメンでお口直し。

美味かった。

これだよこれ。

そう思ったんだけと、腹一杯でお汁は残した。

勿体無い。orz

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月 2日 (金)

漢泣き(´;ω;`)

「Peaky_partsの商品に出会えた事が、クロスカブで走る事を より一層楽しくさせてもらえました。 この商品を生み出してくださいまして、ありがとうございます。」 仕事中、peaky_partsの商品を購入したお客さんのメールを見て号泣。 生きてて良かった。 死なないで良かった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

現実

パナマの人々が、日本式のモノレールが建設されることになって大喜び。

「日本人なら安心。日本人は賄賂や不正をしないから。」

俺はそれは違うと言う。

役人は不正だらけ。

弁護士は嘘だらけ。

政治家は口だけ。

大企業は利益優先で、逆に損してる。

頭の良い奴ほどバカやる。

これが日本人。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

気分が良い

久しぶりに仕事すると気分が良いなぁ。

ホッとする。

早く今年の生産作業を終えて、他の仕事も終わらせて、禁断のコタツでマッタリしたい。

ここ4年ほど、「コタツに入ると人間がダメになる。」とやめてたが、ちょっとコタツが恋しくなってきた。

コタツは麻薬だな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トム・ハーディーがまた観れる。

今日は日本で映画『ヴェノム』の公開される日。
俺も観に行きます。
仕事が終わってからだけど。
俺は映画を観に行く時はバイクで行くと決めている。
何でって?
なんか楽しいから。
マッドマックス怒りのデスロード以来、主演のトム・ハーディーの大ファンに。
怒りのデスロードは、晴れの日も、雨の日も、雪の日もバイクで観に行きました。
大雪の日にも秋田から青森まで行って。(リバイバル公開)
マッドマックスのレプリカ革ジャンを着てね。(映画館の人から、「うわぁー、この人、よっぽど好きなんだ。」みたいな顔されて。orz )
17回劇場で観たんだっけ。
今日はどんなバイオレンスを見せてくれるのか。
楽しみです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月 1日 (木)

寝屋川事件公判

いやぁ、二人殺したら死刑になると焦った容疑者が茶番劇。

法廷で土下座して、裁判長から注意を受けても止めずに弁護士が焦る。

俺に言わせてもらうと、あんまり悪いことして警察に捕まったことない奴ほど、こんなパフォーマンスに走る。

悪い奴は、自然に反省の色を示して、恐れながらと言いたいことは言う。

ヤクザなんか、これが最高に上手いからね。

究極の猫被り。

このブログで何度も書いているが、裁判は言ったもん勝ち。

弁護側は、荒唐無稽な良い訳を主張して減刑を求める。

検察側は、荒唐無稽な良い訳を虚偽の主張と証明しなければいけない。

これが、「疑わはしきは罰せず。」の大変なところ。

裁判長の意向はどうなるかなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

気を使う。

今日の午後に出荷予定のビックフィン・キットを組み立てる。

フィンプレートに隙間を作るカラーの精度が低いとピシッとならない。

一時期、カラーを作っていた会社が製造をやめて、他の会社のカラーだと、上手く組み立てられない時がありました。

現在は、製造をやめていた会社が再生産をして、完璧な状態で出荷できます。

組み立てに使うボルトにはネジ止め剤を使って固定。

フィンプレートは薄いのでボルトが緩み易いんだよね。

アルミ材だから、あんまりガシッとボルトを締めると変形するし。


取り付けボルトは、強度の低いボルトをわざと使ってます。

締め過ぎでシリンダーヘッド側のネジ山が破損しないために、締め過ぎた場合はなるべくボルトが折れる様にしています。

世界一コンパクトで高性能な負圧式冷却フィンです。

一年中付けっぱなしでOK。

俺が雪上レースに使ってるXR100Rには、今回販売するビックフィン・キットの倍の枚数をビックフィンを使用しています。

冬でもエンジンは熱い。

よく、空冷エンジンに防風処置の囲いをして走ってますが、あれはキャブレターのアイシング防止で冷却は二の次なんです。

インジェクション・エンジンにアイシングは関係ないですから不要です。

真冬でも長い上り坂を走ると、エンジンはチンチンになりますから、ビックフィン・キットを装着すれば発熱に対して余裕が増えます。

さて、コーナー飲んだら郵便局に行くか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

木曜日の習慣

木曜日には、キッチンに飾っている胡蝶蘭に水をやるのが習慣。

1週間に1度、多くても少なくても葉が枯れたり、腐ったり。

しかも、素人の世話だと成長が遅い。

いつか、また立派な花が咲くことを信じてます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年10月 | トップページ | 2018年12月 »