« 2018年11月 | トップページ | 2019年1月 »

2018年12月30日 (日)

新しいサスペンションを作りたい。

雪道で雪を掴んで離さないエンジン特性を考えて、今のバランサー・フライホイール(俺の発明)をセッティング。

リア・サスペンションも同様に地面の雪を掴んで離さなくする方法を考えてます。

しかも簡単で、単純で、ちょっとした改良で可能なものを。

また完成するまで10年くらい掛かるんだろうなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年12月29日 (土)

秋田県庁の不正と戦ったら在日朝鮮人が敵に

秋田県庁の不正戦って5年。

何故かそれを阻止する力に在日の影が。

変なとこでリンクするなぁ。

秋田県庁、県会議員、佐竹知事の後援会、日弁連、本当に日本人?

全員DNAを調べたいくらいだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年12月28日 (金)

良い感じ

グッドフィーリング!

昨日、XR100Rのメインジェットを改造してから番数を変更した。

始動性が著しく向上。

エンジンの回転も軽い。

試走してみた。

私設雪上レース練習を一周だけしたが、エンジンは勿論、車体も軽く感じる。

自作スタッドレスタイヤ化したタイヤも普通に雪道を走れた。

やっぱりサイプ(切れ目)の深さを3ミリ程度にしたのが正解だった様だ。

あとでオイル交換しよう。

ダメになったキックペダルCRF100R用に交換。

見た目がレーシーに。

マシンの出来は悪くない。

レースが楽しみです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年12月27日 (木)

メインジェット交換

XR100Rがあと少し調子に納得がいかないのでメインジェットを下げた。

98→95番へ。

但し、このメインジェットは出入口にテーパー加工が施されている。

テーパーはプラスドライバーの先で面取りするだけ。

無加工のメインジェットよりもガソリンの霧化が良いです。

急に寒くなったらラバー類が固くなって、いつもは簡単なキャブレターの取り外しに一苦労。

何とか交換できたので、雪が積もったら試走してみます。
調子良いといいな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

カレンダー

来年のカレンダーに赤ペンでスケジュールを書き込む。

1月13日登別オフロードパークで登別雪上耐久2輪レース。

1月26日午後1時15分~仙台高等裁判所秋田支部で秋田県庁の検閲裁判判決。

2月10日八剣山果樹園で八剣山スノーライディングレース(まだエントリーしてないが道外枠優先権でエントリー可能。近日エントリー予定。)

2月23日午後1時15分~秋田地方裁判所で日弁連の懲戒請求裁判の判決。

来年もイベントが沢山。

俺が勝手に作るんだけどね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年12月26日 (水)

次回判決

今日の午後から日弁連(日本弁護士連合会)との2回目の口頭弁論。

裁判長が前回の口頭弁論から今日まで提出した書類を確認して、原告(俺)と被告(湊弁護士&日弁連の弁護士)のお互いの主張が終ったことで次回は判決となった。

判決は、来年2月26日(火)午後1時15分から。

あれ、この日前後にレースじゃね?

今回の裁判の問題は、以前に行われた秋田県庁の情報公開に対する損害賠償請求の裁判で、秋田県庁が、「秋田県庁では、情報公開請求時に請求者から請求理由を聞くとこになってて、俺から請求理由を聞き取りして、それを根拠に俺が欲しかった情報(見解書)を俺の欲しい情報と判断しなかった。」としたこと。

実際には、請求時に請求理由を聞き取りすることは絶対にないと担当職員が法廷で証言している。

それが決め手となり、俺はこの裁判で勝訴して、秋田県庁の被告代理人だった湊弁護士を、裁判で架空の情報公開システムを捏造し、依頼人である秋田県庁を裁判で勝たせようとしたのは弁護士法の、「裁判の内外を問わず弁護士の品位を失う非行。」として懲戒請求を秋田弁護士会に請求した。

秋田弁護士会の綱紀委員会は、湊弁護士の架空の情報公開システムの捏造を、「あれは一般論を述べただけ。」として湊弁護士を擁護し、懲戒請求を棄却する。

日弁連に異議申し立てしたら、こちらも、「秋田弁護士会の判断に誤りはない。」として湊弁護士を擁護。

そして、俺が湊弁護士と日弁連を相手取り起こしたのが今回の裁判です。

実際に、秋田県庁の情報公開の裁判では、架空の情報公開システムの捏造が虚偽であることが認められている訳で、それを否定する証拠は被告側は何一つ提出していない。

湊弁護士は、秋田県庁の情報公開の裁判は締結しているから損害賠償請求はおかしい、訴える法的根拠を示せと主張。

日弁連は、「日弁連を訴える裁判で、懲戒請求者側の損害賠償を認めない判例があるから、仮に我々が不正を働こうが秋田地方裁判所は我々を勝たせるしかない。」という主張で、超上から目線の答弁書を提出したのみ。

俺の反論は、湊弁護士には、秋田県庁との数々の裁判で、虚偽や捏造が行われた原告(俺)は精神的外傷(トラウマ)を受けていた。

今回の懲戒請求でも、「一般論である。」という虚偽の弁明で原告(俺)は強い精神的苦痛を受けた。

それを虚偽であると分かっていながら湊弁護士を擁護して懲戒処分しない日弁連からも精神的苦痛を与えられた。

精神的苦痛には過失による損害賠償が民法で認められている。

これが本件裁判の損害賠償の根拠であると俺は主張したのだ。

そして、傲慢な答弁書を提出した日弁連に対しては、「裁判で、正・不正を判断する裁判所に対して判例があるから、我々が不正をしていても勝たせるしかない。」などということは、思っていたとしても、けして答弁書に記載する内容ではない。

日弁連は秋田地方裁判所を軽視していると俺は主張した。

さて、2ヶ月後の判決は如何に。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

生まれて初めてアドルフ・ヒトラーの気持ちが分かった。

天皇誕生日に韓国の女性写真家チョン・ユナが旧日本兵に扮した昭和天皇の生首を手に持って笑っている写真をインスタグラムに投稿した。

昭和天皇は敗戦後にダグラス・マッカーサーと初めて会った際に、「全ての責任は私にある。私の命はどうなっても構わない。私はあなたの袖に縋り8000万人(実際は6000万人程度)の日本人に衣食住の援助をお願いする。(意訳)」と言った。

同行した通訳は、「これをそのまま伝えても良いのですか?」と昭和天皇に聞いたほどだが、その言葉を無視して、日本への援助をお願いしたのであった。

マッカーサーは、昭和天皇が自らの命を捨てても日本人を救ってくれという姿勢に深く感動し、それまでソファーにふんずり帰ってコーンパイプで喫煙したいたのを止め、起立して対応したという。

その後、マッカーサーは昭和天皇の言った8000万人という人数が実際よりも多いことを知りながら、8000万人分の援助を行い、それが後々問題となって自分の地位を失う羽目になったが一切後悔はしなかったという。

その昭和天皇の生首写真を記念すべき戦後70周年の天皇誕生日に楽し気にネットに公開した韓国人。

ここまで馬鹿にされて良いのか!

アドルフ・ヒトラーがユダヤ人抹殺を夢見た気持ちが分かった様な気がする。

あいつらは生かしてはおけない。

いずれ奴らは世界を滅ぼす。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2018年12月25日 (火)

モトクロスブーツの慣らし

いつも使ってるアルパインスターのショートモトクロスブーツが破れた。

そこでソアーのロングモトクロスブーツを購入。

安いブーツだったけど、凄い人気商品だった。

人気な訳は、価格に比べての高品質なこと。

他メーカーの値段が倍もするモトクロスブーツと比べても良い。

何が良いって皮の柔らかさとプラスチックの柔軟性。

元々、俺がショートモトクロスブーツを履くきっかけが安いロングモトクロスブーツを買ったら硬くてライディングに支障が出たからだ。

どんなに使っても足首の関節が柔らかく使えない。

それに対して、ソアーのモトクロスブーツは昨晩だけで慣らしが完了した。

モトクロスブーツの慣らしは、新品ブーツにアーマオールを大量に散布。

ウェスで全体にアーマオールが染みる様に拭く。

膝にプロテクターをつけてからモトクロスブーツの履いて、スクワット運動、椅子に座って足首関節の上下運動、踵上げ運動等をやり、足首の可動範囲をどんどん広げてゆく。

最期は、実際にバイクを運転した後に洗ってからアーマオールを大量に散布してウェスで拭くだけ。

いつもと同じライディングができるなら、それで終わり。

まだ違和感を感じるなら、またバイクに乗った後に同じことをすればいい。

適度な硬さになったらアーマオールを掛けるのはやめる。

柔らかくなり過ぎるとブーツがヘタって自立しなくなるからね。


しかし、時代って凄いな。

これだけ高品質なものが、この値段で手に入るとは驚きの一言です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年12月24日 (月)

憲法9条について

自衛隊の哨戒機にレーダー照射された件で、Twitterに、「憲法改正が必要。」と呟いた。

それのコメントに粉をかける奴がいて、やりとりしている内に分かったのが、警察の拳銃所持の許可と憲法9条制定のタイミングがほぼ同時期だということ。

ちなみに俺の言う憲法改正は9条改正ではなく、9条廃止。

平和を愛する国も、そうでない国も、憲法9条みたいな矛盾した憲法は作らない。

話を元に戻して、戦後直後は反乱防止で銃器の所持が禁止された警察は、朝鮮人の悪行には無力に等しかったとか。

そこで憲法で戦争の禁止は同時に反乱も憲法で防止できる。

相手がアメリカから反乱は戦争になるからね。

まぁ、日本人も朝鮮人に対抗する武力があれば警察機関の力が保てる。

多分、アメリカに感謝したと思う。

戦後の日本は丸腰で武力を持たない警察が襲われる事件が多数発生し、武力を持ったことで規模と件数が沈静化。

もし、この時に丸腰でなければ在日朝鮮人の日本での現在の繁栄は無かったと思う。

悔しいねぇ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年12月23日 (日)

仕事終わりに練習だ。

昨日、風邪をひいて寝ていたら、裁判所から湊弁護士の準備書面(反論文)が届いた。

また勝手なこと書いてる。

頭痛よりも頭にきて、俺も準備書面を書く。

こいつは毎度、口頭弁論寸前に準備書面を提出するんだよ。

そのことも準備書面に記載した。(その証拠も付けて。)

今日の午前中にやっと準備書面を書き終えた。

あとで見直すけどね。

昨日は朝から食欲もなくて、焼きリンゴを作って食べてたよ。

夕方に腹が減って、目玉焼きとソーセージをおかずに何とか食べた。

夜にまた腹が減ってお粥を作って食べた。

今日は、昼に玉子丼を作って食べました。

人間、食べれなくなったら終わりだ。

午後から仕事してます。

仕事が終わってからモトクロス練習。

若美モトクロスパークを本気で走ると、エンジンマウントボルトが折れるので、レースがある登別オフロードパーク(だったかな?)のコースに似せて作った私設モトクロスコースを走ります。

こんなことできるのも本業のおかげです。

まずは仕事を頑張ります。

ではまた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年12月21日 (金)

雪がないから仕事しよ。

雪が積もったら雪上レースの練習するんだが、どこにも雪が無い。

今季も暖冬だな。

壊れた重機が直ったとの連絡があったので仕事します。

ゴーンさん、拘留期間が30日を超えました。

俺の記録抜かれた。(バカ自慢ですみません。)

差し入れや食事の買い増しもOKだろうから、「劣悪な環境だ。」とか言いながら太ってたら笑うけどな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

仕事中止

Banaさん、コメントありがとうございます。

バランサー・フライホイールは、フライホイールの回りが良くなるので、装着直後は燃料が足らなく(燃調がプアー)なります。

PGM-FIが補正するまで走行しないといけません。

直後にそんなに変わる場合は、それまでよりも、よっぽど変化がないとあり得ないんですよ。

震動ないでしょう。

心地良いシングルエンジンのパルスはそのままに、不快な震動だけを無くします。

なので、どれだけアクセルを回そうが以前の震動は得られません。

後付けで、しかもパワーが上がるエンジンバランサーはバランサー・フライホイールだけです。

通常のエンジンバランサーはパワーをロスします。

凄い発明なんですが、なかなか思うように売れません。

口コミで紹介してくださいね。

レビューありがとうございました。m(__)m


天気が良いから昨日に続いて工場で生産するかと思ったら、暖気運転中に油圧のオイルがただ漏れ。

はい、今日の作業終了。

午後からリビングでふて寝してます。

コーヒー飲んで、焼きリンゴ作るか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年12月20日 (木)

今年最後の生産

本業の生産活動は今日で終わり。

午後から原料を運搬しておいてストックしたら、あとは工場の冬囲いして終わり。

毎年、品質向上させるために工夫を施しているが、生産性は悪くなる。

それを補う工夫もしてるんだが、毎年生産量がギリギリしか作れない。

頑張ってるんだがなぁ。

頑張るだけなら誰でもやれる。

結果を出すのが難しい。

愚直にやるしかありません。

頑張ります!

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2018年12月19日 (水)

波乙改良

明日、波乙のバッテリー交換とバランサー・フライホイールのウェイト取り付けボルトをクロモリボルトから真鍮製ボルトに交換して重くします。

ついでにバッテリー交換も。

ボルト交換でどう変わるか楽しみですね。

滑り易い雪道や凍結路でのダッシュ&コーナーリングが良くなると希望します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

来週裁判

一週間後に日弁連との裁判。

秋田県庁の被告代理人を務めた湊弁護士が裁判で、虚偽や捏造を連発。

それがバレたので俺が勝訴。

湊弁護士を秋田弁護士会に懲戒請求したら、懲戒制度そのものが裁判での虚偽や捏造では処分しないシステムになってた。

それは、監査として体を成していないから違法だという裁判です。

如何なる不正の証拠があっても、弁護士会の綱紀委員会はそれを無視。

「その様な事実はない。」とします。

まだ、その程度の不正では処分できないと言われた方が納得できるわ。

不正の事実があるのに、事実はないとするから腹が立つ。

なので、裁判所には、日弁連の懲戒制度が監査として体を成していない証拠を提出しました。

弁護士職務規程が依頼人重視で作られており、依頼人の利益を優先して法廷での虚偽や捏造を軽視している証拠。

弁護士会の懲戒処分事例が依頼人に不利益や損害を与えた場合にしか処分されていない証拠。

秋田弁護士会の綱紀委員会、日弁連の綱紀委員会の棄却決定書が、通常の監査機関の決定書とは違い、判断を正当化する根拠や説明が一切なく決定されている証拠を提出。

弁護士法は、裁判の内外を問わず弁護士の品位を貶める行為を懲戒処分することになっているが、悪戯に裁判に混乱や相手側に虚偽や捏造と証明される手間や時間を要させる行為を日弁連は営業上の戦略としている。

裁判では、言ったもん勝ち。

でも、バレたら終わりってことにしないとペナルティーなしに嘘つき放題となる。

裁判に負けたんだから、それで終わりにしろは弁護士同士の理屈。

俺はただの裁判の素人だ。

その理屈は受け入れられない。

俺は抵抗をやめない。

全然沈黙はしない。

日本には、まともに機能する監査機関は存在していないのだから。(実際に確認した。)

糞の役にも立たない組織に税金が使われてる。

アメリカは、不正が多過ぎて、それを防止する組織が出来てる。

日本は役人、政治家に性善説でもあるかの様な仕組み。

無駄、無駄、全部無駄です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

モトクロスブーツ

アルパインスターのモトクロスブーツの爪先が破れた。

練習量が他の人よりも多いから消耗も激しいんだろうね。

多いといってもプロの何十分の一ですが。

新しいブーツを買おうかと思ったが、ショートブーツでないと嫌なんだよなぁ。

ショートブーツもフリースタイルやミニモトのブームが去って、種類も少なくなってる。

アルパインスターの同じブーツは廃盤で、なんかプレミア価格で売られてるし。

他のメーカーで良い物を探すかな。

とりあえず、1月のレースはスペアのモトクロスブーツを使います。

一応、アルパインスターも修理してみるか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年12月18日 (火)

午後から仕事する。

桜華さん、名無しさん、コメントありがとうございます。

桜華さん、秋田県庁のやることには一々驚いていられません。

不正をして当然の奴らですから。

この5年で、とことん思い知らされました。

本当のことを言わない。

正しいことをしないのが秋田県庁です。

佐竹知事は県庁出身の親玉ですよ。

名無しさん、このブログは基本的に名無し禁止ですが、お気遣いしてもらって無視や削除は失礼なので返事を書かせてもらいます。

もうね、秋田県庁と争ってると何が起こっても不思議じゃないんですよ。

最初の裁判で佐竹知事に公開質問状を送って、それ読んだ佐竹知事が建設部道路課を爆怒り。

その話を裁判で和解勧告した裁判長から聞いて、ブログ記事にしたらパソコンがハッキングされて画面が固まって使い物にならず修理に出しました。

脳ミソ真っ新にされて帰ってきましたけどね。


何でもありです。








朝にスーパーカブ110、クロスカブ用ビックフィン・キットを一つ組み上げて昼前に出荷する。

ブランチはハタハタ鍋とご飯。

商工会に行って、種類を持って帰らなきゃ。

午後から久しぶりに生産して、冬囲いしてから今年の生産は終了。

冬期は工場の電源を落としておく。

排雪の仕事の準備で自宅にダンプカーを置いておかなきゃ。

さて、やるか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年12月17日 (月)

雪道用バランサー・フライホイール

XR100Rのフライホイールには銅製のウェイトを取り付けて、雪上レース専用のセッティングにしています。

今年も雪道用のバイクはWAVE110ATです。

WAVE110iはフレーム逝って修理中。(フレームをタイホンダに注文。)

なので、WAVE110ATのバランサー・フライホイールをもっと重くして雪道用のセッティングにするために重くします。

ウェイトは銅製ですが、取り付けボルトはクロモリ製。

今回は取り付けボルトを真鍮に変更します。

どうなりますかねぇ。

楽しみです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

一般講習

軽微な交通違反だと、一般免許講習で5年更新になるんだね。

思いっきりな速度違反ならぶっちぎるんだが、高々10キロオーバーの違反だから素直に切符切ってもらって良かったよ。

冷静な判断でした。

次はゴールド免許だ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トレーラーで行くの中止

北海道の雪上レースをバイクトレーラーを牽引して行こうと思ったが、予想以上にフェリー料金が高くてやめた。

普通のトランポで行ったら、余裕で数日宿泊代が出るくらい。

なので、普通のトランポで行って、旅館に泊まったゆっくり楽しむ方向にします。

登別の温泉街を思いっきり楽しんできますよ。

勿論、レースは本気モードで。

2月は八剣山に出るつもり。

道外枠で、優先的に参加できるみたいなので。

まぁ、冬期間の仕事次第ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

免許の更新

生まれて初めて免許更新案内のハガキが届いた。

前に免許の更新忘れてゴールド免許から初心者扱いになって、免許の更新は3年に。

その後の更新でゴールド免許に返り咲き。

今回は、速度違反があるので3年だね。

ダカールで最高速アタックしてる時に白バイが追ってきたが、速度を計れなかったらしい。

俺が気付いて速度を落としてから、慌てて速度計測して10キロオーバーの切符を切りやがった。

速度計れなかったの分かってたが、まさか停車寸前で速度計測するとは。orz

まぁ、そんなこともあるよね。

交通違反で捕まったのは20数年ぶり。

また、精進してゴールド免許になります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年12月16日 (日)

明日は

明日は午前中のクロスカブ用ハイレスポンス・キットを一つ出荷して、XR100Rのシートをノンスリップシートに張り替え。

午後からは免許の更新。


雪上レースの練習で腹減って目が回るわ、筋肉痛がすぐに襲って来て慌てて鎮痛剤飲むわ、気が付いたらソファーで寝落ちしてるわで、如何に雪上レースの練習が大変か分かる。

まぁ、若くないのもあるが、雪の上を走るのは前後左右のバランスと脱力が大事。

アイシングでエンジンがキレイに吹けなくなったから、スズキ純正部品の35Wキャブ・ヒーターを注文しました。

スペアの15WにPD24改は荷が重いね。

自作したスタッドレスタイヤはかなり良い。シートの座る場所さえ間違わなければ、思ったより普通に走れる。

もう2回くらい練習したら、かなり良い感じに走れると思う。

頑張ります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

私設雪上レース練習コースでやっぱりアイシング

https://www.youtube.com/upload

| | コメント (0) | トラックバック (0)

やっぱりアイシング

キャブ・ヒーター壊して、スペアの熱量小さい奴に交換したら、やっぱりアイシング。

https://www.youtube.com/watch?v=ZrQO5sYdmTw&feature=youtu.be

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年12月15日 (土)

明日は練習

明日は若美モトクロスパークで練習します。

雪の深さが10センチくらい。

目的は、製作した雪上レース用スタッドレスタイヤの慣らし運転だ。

体も鈍るといけないしね。

午前中に整備して、午後から練習。

キャブレターのニードル段数を下げて、折れたエンジンマウントボルトを交換。

いずれ、エンジンとフレームのボルト穴を拡大して、ボルト径を8→10㎜にアップして折れ対策しますよ。

エンジンマウントボルトは、折れる箇所だけ8㎜で、他は10㎜。

細いボルトにだけ負担が掛かってる?

子供用バイクを大人が本気で乗るとこうなるんですねぇ。

これは仕方ない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年12月14日 (金)

最近よく観る動画

我ある物件というか、ハッキリ言うと幽霊屋敷に住む『STスタジオ』ってユーチューバーの動画を最近よく観る。

自分達でもヤバいんだろうなぁと感じつつ、活動しているところが笑えるんだが、広告の多さで後発の遅れを挽回しようとしているところがちょっと嫌。

まぁ、人数多いから仕方ないか。

毎回、スタジオ(自宅)での撮影がポルターガイストやオープ当たり前。

時には手が出たり、顔が出たりと大変に賑やか。

あんまり、頻繁に起こるもんんで、だんだん怖くなくなって笑えてくるんだよね。

一時期、俺の家もポルターガイストが出てうるさかったが、神棚に決まったサイクルでお供え物を上げる様にしたらピタッと治まった。(盛り塩なんか全然効かねぇ。)

YouTubeで深夜に心霊動画を観てると影響されるのか、壁がドンドンバチバチうるさくて仕方がなかったよ。

めでたし、めでたし。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

レース用タイヤ

来年1月13日に開催される登別耐久雪上レースに参加する前に、レース用に製作したタイヤに交換しないといけない。

昨年に製作したタイヤはサイプ(切込み)が深すぎてグリップに不満があった上に、今年の春の耐久モトクロスでボロボロになった。

午後からタイヤ交換して軽く試走したいな。

今回は前輪もスタッドレス加工した。

自宅の周りは一面の銀世界。

自宅裏の田んぼ道で試走します。

ついでに動画も撮ろうかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年12月13日 (木)

3日籠った。

明日が日弁連との裁判の準備書面提出期限日でしたが、今日の夕方に提出しました。

渋滞のせいで裁判所の受付が終わる時間を過ぎてましたが、職員さんが提出を受け入れてくれて助かりましたよ。

何だかんだで3日自宅に籠って準備書面を完成させた次第です。

日弁連の狙いが、判例を突きつけて弁護士会の懲戒制度の問題に触れさせずに判決に持っていこうとすることだと分かるまで、かなりの時間が掛かりました。

日弁連は依頼人に不利益や損害を与えると懲戒処分されますが、日本の裁判では虚偽の言い訳が許されることから、虚偽がバレたことで懲戒請求されても処分はしません。

どんなに虚偽の証拠を突き付けやようが、「その様な不正事実はなかった。」で不問にします。

まぁ、そんなることは分かってましたので裁判しました。

裁判でも日弁連の答弁書には、湊弁護士の不正はなしとする根拠や証拠は一切出さずに、「懲戒請求に対する損害賠償は認められない判例があるから、仮を湊弁護士や我々日弁連に不正があっても損害賠償は認められない。」という主張です。

バカにしてる話です。

まぁね、バカにされてるのは秋田地方裁判所もなんですけどね。

「判例があるから勝たせろよお前。不正はしてないって証拠はないけどな。」

裁判長、舐められ過ぎ。

これで日弁連に勝たせたらヘタレですわ。

今日、提出した準備書面一部プリント用紙100枚。

それを全部で4部。(俺、裁判所、被告2名。)

大変でした。

今日は早めに寝ます。

ちょっと疲れた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年12月12日 (水)

準備書面書き終えた。

日弁連との裁判で明後日までに提出する準備書面を書き終えた。

証拠説明文も書き終えて一段落。

あとはプリント用紙を買いに行って印刷してから、穴開けて紐で縛るだけ。

今回は証拠書面の厚さが半端ない。

裁判で提出する、弁護士会の懲戒処分が顧客である依頼人に不利益や損害を与えた場合にのみ処分されることを証明する書面『東京法曹界・懲戒事例研究』が厚いのよ。

でも、それは仕方がないこと。

法曹界のタブーに踏み込んでいかないと勝負にならないからね。

裁判長に、「あんた日弁連に舐められますよ。」アピールしないと。

本当に日弁連が提出した答弁書がバカにしてるんだよ。

完全に地方の裁判所だと舐めてる。

何とかして勝たないとって、頑張ってます。

さて、コーヒー飲んだらケーズデンキ行くか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年12月11日 (火)

アイシングとエンジン温度

俺がキャブ車のカブからインジェクションのタイカブに乗り換えた訳は、アイシングとキャブ・セッティングの煩わしさを嫌ってのこと。

アイシングを起こすとさぁ、燃焼が悪くなってだだでさえ寒い雪道走行でエンジンが冷え過ぎちゃう。

ところがインジェクションだと燃焼がいつでも良いからエンジン温度が思ったよりも下がりません。

なので、エンジンの防風処理もここ数年はしてません。

ビッフィンキットもそのままです。

エンジンから異音や調子を崩すこともありません。

インジェクション、様様ですよ。

ちなみにエンジンをチューンナップした時には、エンジンが求めるガソリン量に合わせたインジェクターを自作します。

全部で種類は11種類。

サブコン等でセッティングする必要もありません。

インジェクションは楽ですよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

準備書面を煮詰めていく。

日弁連の裁判で14日が準備書面提出の締め切り。

嫌な予感がして、日弁連の答弁書をなかなか読まなかったが、先日に読んだら予感的中。

奢り高ぶった胸糞の悪い傲慢な主張を恥ずかしくもなく書いてたよ。

「仮に俺らが不正していたって判例がある限り、秋田地方裁判所は俺らを勝たせるしかない。(意訳)」だと。

一切に証拠も提出せずに、弁明もなしでこの主張。

これを論破できる考えを3日前に思いついて、今煮詰めてます。

裁判は裁判長って人間の腹次第。

腹が立ったら怒ります。

「裁判長、あんた、日弁連から舐められてますよ。」と訴えていきます。

本当にこんなバカにした答弁書は初めて見たわ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年12月10日 (月)

トゥカッター&イモータン・ジョーは亀仙人

マッドマックスでトゥカッターとイモータン・ジョーが実は亀仙人だったという動画を発見しました。

鍛えすぎ。

https://www.youtube.com/watch?v=yZhCOtUjscg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

タイヤチェーン

登別の雪上レースに参加するために、バイクトレーラにタイヤチェーンを履かせた。

チェーンとトレーラのクリアランスがギリギリ。

何とか試走で大丈夫なのを確認した。

雪上レース用のタイヤも製作。

ハードエンデューロ用の超ソフトコンパウンドはスタッドレスタイヤよりも軟らかい。

それにサイプ(切れ目)を容れて雪の路面のグリップを強化。

昨年は、サイプの深さが深過ぎて、かえってグリップを落としてた感じ。

今年は、昨夜の半分の深さに修めた。

サイプの加工は、薄刃のカッターナイフで。


超ソフトコンパウンドはこれでないと上手く切れない。

サイプの入れ方(パターン)も少し工夫しました。

今シーズンはダートトラックでコーナースピードが上がってる分、マシな走りができそうです。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

東名あおり 懲役23年を求刑

検察も刑事裁判での実際の刑執行は減らされることを考慮して高めに設定してると思うから、裁判所の判決は懲役15年くらいだと思う。

直接てを下していないから、それでも重い方だと思うよ。

もし、求刑に近い判決なら裁判官の正義感によるもの。

どうなりますか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日の予定

日弁連の答弁書への反論文を完成させて、バイクトレーラのタイヤにタイヤチェーンを着けてみて、雪上レース用のタイヤを完成させる。

出来るかなぁ。

頑張ってみます!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年12月 9日 (日)

11年ぶりのビーンブーツ

雪道走行用に買ったキーンの防寒ブーツがダメになり、それまで履いていたビーンブーツ(LLビーンの防寒ブーツ)は修理しても限界。

そこでビーンブーツの新作モデルを購入することにしました。

新作は現代風の中にもLLビーンの伝統的なデザインを残してます。

これで爪先の冷たさとはおさらばですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

昨日から今日

昨日の午前中にWAVE110ATを雪道走行仕様に変更して、午後5時半から始まるプチ同窓会に向かった。

シーズン最初の雪は妙に滑るもんだが、今回はそうでもない。

時速95キロ付近で頭打ち。

昨シーズンよりも遅くなっているが、反対に加速は良い。

これで良いかと妥協することにした。

WAVE110iなら120キロオーバーなんだがな。

土崎港ポートタワー・セリオンとこに来たら後輪がパンク。

近くにいつも行ってるバイク屋があったので、ピットを借りてパンク修理。

正確に言うとチューブ交換だね。

雪でタイヤが凍って、固くてなかなか外れなかっよ。

しかも、タイヤを組んだらミミが上がらない。

ビートクリームを塗ってもダメで、潤滑剤吹いたらやっと上がった。

一時間の遅刻で会場に到着。

一年ぶりの同窓生の反応は、「あれ、去年より一回り体が大きくなってね?」でした。

毎週1時間ビッチリとモトクロス練習するので、体重が8キロ重くなってます。

今では1時間練習は余裕でこなせます。

楽しい夜でした。

二次会のスナックでは他のテーブルの人が歌う時に盛り上げて、こちらが歌う時にも盛り上がる。

ミックスアップ状態。

最期のカラオケは、田舎の男性なら歌えない人が少ないシャネルズのランナウェイで大盛り上がりの大合唱。

気持ち良かったッス。

で、今日は映画館で、ボヘミアン・ラプソディーを最前列で観て泣くと。

バイクは楽しいです。

特にこの季節は脳内麻薬が噴き出て最高に興奮する。

つまらん人生なんて俺には無縁の世界ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年12月 8日 (土)

プチ同窓会

今夜は毎年恒例のプチ同窓会。

気の合う同窓生と居酒屋とスナックで大騒ぎする。

その日はホテルで1拍だ。

同窓会と映画館にはバイクで行くのがマイルールだから、wave110atにスパイクタイヤ履かせて、ハンドルカバー着けて、秋田風防の修理(新型ステーに不具合) をしてた。

秋田風防のステーは旧型の太い物と交換。

バッテリーが怪しくなってるが、セルを回しながらキックするとエンジンが始動する裏技があるから大丈夫。

一応、注文はしておきます。

Wave110at(オートマチック)は、駆動形態にパワーロスが大きくて速く走れません。

それをじっくり時間を掛けてチューンナップ。

でもマニュアルのWAVE110iの様には速くなりません。

WAVE110iは俺に鬼のようなチューンナップをされて、下り坂なら140キロオーバーで走ります。

平地だと130キロいかないくらい。

Wave110atは100キロが限界。

それ以上の速度を求めると加速がとんでもなく悪くなっちゃう。

でもいいの、乗ってて楽しいバイクだから。

なんてったって、俺が開発したハイレスポンス・キットで、スルスル走れちゃうから。

物凄く楽しい。

今日もスーパーカブ110(JA07)用ハイレスポンス・キットを1個出荷。

只今、俺のチューンナップが増殖中です。

その利益が今夜の飲み代に。

ではまた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年12月 6日 (木)

下書き書き終えた。

Twitterのアカウントをロックされて解除が全くできない状態。

なので、日弁連との裁判の準備書面を書いた。

さっき、下書きは終わった。

後で、証拠書面、証拠説明文と共に清書します。

ここで、日弁連の懲戒制度について解説します。

日弁連の懲戒制度は弁護士法56条1項に基づき、職務執行に内外問わず品位を失う非行があった時に処分するとなっている。

だが、実際には懲戒審議の規定は主に顧客である依頼人に不利益や損害を与えた場合にのみ処分されており、裁判で依頼人を勝たせる為に虚偽の主張や事実の捏造は懲戒処分の対象外扱いになってる。

なので、松本市親子殺人事件の弁護団みたいに容疑者の少年の死刑を免れるために、荒唐無稽な弁明をしても何の問題にもならない。

全ては依頼人のため。

弁護士なら当たり前なのだ。

ちょっと前に問題になった、ある弁護士が依頼人の夫の浮気相手に対して、「誠意を見せろ!」と恐喝して逮捕されても、依頼人には直接不利益や損害がないから懲戒処分がたった営業停止1ヶ月なのも頷ける。

つまり、実際の弁護士の懲戒制度そのものが弁護士の信頼と実績を貶めて営業に支障が発生する事案にのみ罰則が科せられている。

簡単に言うと、営業向けの弁護士リコール対策ですね。


くだらねぇ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

不正ログイン

秋田県庁と日弁連の不正をTwitterにバンバン書き込んで、不正ログインでアカウントがロック。

やったのは秋田県大館の奴との連絡がTwitterから届いた。

たしか、大館に秋田県庁の支部がある。

誰?

俺との裁判で負けて担当部署から消えた人かな?

仕事しろよ税金から給料貰ってる人。

まぁ、怪しいってだけで決まりじゃないが、可能性は高い。

Twitterの更新はしばらく無理ですね。

秋田県庁の不正がどんどんリツイートされることを祈ってます。

嘘八百集団秋田県庁の恥を。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

参ったなぁ。

コメントをくれた桜華さん、平社員さん、エボルさん、コメントありがとうございます。

桜華さん、あの人は本当のバイク好きです。

俺はバイクに乗るのが好きなだけです。

平社員さん、波壊(なみかい)ですか?

音読みだと、まんま、「はかい」ですね。

平社員さんの請求を却下します。(裁判風)

エボルさん、大変ですね。

奥様は御怪我はありませんでしたか?

示談と裁判では、入る金額が半分以下です。

裁判が面倒なので示談交渉で擦り合わせをして妥協案を考えるのですが、自分や相手の保険屋の都合で納得のいく結果にならないことも多いです。

保険に弁護士サービスがあればいいのですが、無い場合は契約料20万円前後掛かります。

しかも、判例で決まった過失しか出せないとなることもあるのでムダ金になることも。

いっその事、奥様が急に具合が悪くなって人身扱いになれば、相手の態度も急変します。

眩暈や酷い肩こりを訴えて病院に通い、薬も貰って診断書を取れればいいのですが。

これは独り言なので気にしないでください。

裁判での過失割合の決定は本当におかしいですよね。

まぁ、おかしいのはどこの国の裁判所も同じで、日本も韓国も一つも変わらない。

世論で判決が変わるからです。

韓国の裁判所は国民感情であんな判決を出しました。

日本の裁判所だって、都合でくるくる判決が変わる。

裁判所と利害関係にある組織が相手だと特にです。

しかし、判例とは法曹界の掟であるが、時代の流れと変わり者(司法から見て)の裁判官の考え1つで変化する。

所詮は人間のやることですね。












年末が近づき、色々やらなくはならないことがあるのですが、基本的にヒッキーな俺。

追い込まれないと動きません。

はい、単なる怠け者です。

北海道の雪上レースに行くのにバイクトレーラーを牽引して行くつもりでしたが、特殊なホイールサイズ(5.00-10)でスタッドレスタイヤが無い。

ホイールインチアップもホイールの取り付けピッチが特殊でできません。

苦肉の策がタイヤチェーン。

牽引ならチェーンの負担も少ないし大丈夫かなと。

明日こそやることやるぞ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アカウントをロックされた。

秋田県庁と日弁連の不正をツイッターにどんどん書いてたらアカウントをロックされた。

パスワード変更を求められたが全然うまくいかない。

やられたよ。


秋田県大館市の奴が不正にログインしようとしたらしい。

県庁職員だろうな。

乗っ取りだよ。

糞が。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年12月 5日 (水)

頭に来ている。

日弁連の答弁書の文面を思い出す度に腹が立つ。

「秋田の裁判所なら判例を並べれば勝てるだろ。」

俺がバカにされるのも腹が立つが、秋田をバカにされているのが本当に腹が立つ。

「原告(俺)の主張は認めない。
否定する証拠は出さないけどな。
原告の準備書面の文面に一々反論はしない。
だって、判例(最高裁の判決)で懲戒請求に対する損害賠償はみとめられてないからな。
仮に日弁連が懲戒請求で不正をしたって勝てるだよ。(仮どころか不正だらけ。)
だから、これ以上は議論にならない。(意訳)」

これほど秋田をバカにしてることを文章に残すって、どれだけ日弁連は増長してるんだよ。

絶対に許さねぇ。

裁判長がこんなこと答弁書に書かれて日弁連に勝たせるなら、俺は裁判長を心の底から軽蔑する。

誇りを持たないヘタレ裁判官と。

この裁判長とは、まだまだ裁判で付き合ってもらうよ。

秋田県庁の示談交渉で嘘の説明をされたことの損害賠償請求事件も再審請求するからね。

裁判で新たな証拠ができたから。

俺はな、親兄弟から、「蛇よりしつこい。」って言われてるんだよ。

自分が正しいと思ったら引かない。

しかし、間違ってると思ったら素直を謝る。

これが俺だ。

覚えておけ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

反論文を考える。

日弁連の答弁書には、「最高裁で懲戒請求に対して損害賠償を認めないって判例があるから、仮に俺達が不正をしてもそれは認められない。(意訳)」だとよ。

とんでもない暴言。

この判例があるから、一々反論しなくても俺達が勝つって態度。

バカにしてるだろ。

如何に裁判所が利害関係にある者に贔屓するか分かる。

答弁書には、湊弁護士がした不正を擁護する言葉は一つもなし。

つまり、俺達が勝つ反論が存在する限り、お前に不正が無かった証明をする必要はないって宣言しているのだ。

これが日本の裁判。

長いものに巻かれ、正義も真実も公平性も関係ない。

韓国最高裁?

日本も大して変わらない。

何故か?

世論で判決が変わるからだ。

韓国の世論が、「日本は個人にも賠償をするべき。」となると、裁判所はそれを取り入れる。

それだけ世論は恐ろしい。

なので、日弁連のデタラメを世論が許さないとなれば俺も勝てるかも知れないが、日弁連の実態を知っているのは俺みたいな酷い目に遭った者のみ。

頑張ります!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年12月 4日 (火)

ニフティーのニュース

ブログを更新する時に、下書きの横にニフティーの、「注目のニュース(速報)」がある。

それが気になって最新記事を読んだ後に過去の気になるニュースをみると、「提供の都合により削除しました。」と書かれてる。

弁護士会や医師会が困るのだろうか、恐喝で逮捕された弁護士の懲戒処分がたった営業停止1ヶ月とか、87キロオーバーの速度違反で逮捕された医師の初公判のニュースは削除される。

世の中、権威、地位や名誉ある立場の方々が動かしてるのだろう。

はい、妬みです。

日本の裁判も裁判官と弁護士の都合で回っている。

最高裁の裁判官の選出には政府が関わっているが、日弁連もも関係ではない。

つまり、ウィンウィンでやってるから一般人は口出すなの世界。

まぁ、俺は微力ながら抗うだけです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

納豆飯

あーっ、納豆飯が食べたい。

特盛丼にご飯を盛って、納豆を13回混ぜて(昔、トレビアの泉で調べた一番粘る回数。)、辛いネギを超細かく刻んで、天然塩をパパッと、味の素もパパッと、最期に麺つゆをたらして完成。

食後は渋い日本茶で。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

怒りの準備書面

俺は日弁連の答弁書を読んで怒っている。

日弁連の答弁書の主張はこうだ。

「どんなに湊弁護士が裁判で事実と違う架空の情報公開システムを捏造した証拠があろうが原告(俺)の主張を認めない。
裁判で荒唐無稽なデタラメを主張しても依頼人(秋田県庁)の利益を守る為に必要なことである。
それを問題視する方がおかしい。
懲戒請求自体が依頼人に損害を与えた場合のみ処分されるべき。
最高裁の判例で懲戒請求の不正に対する損害賠償を認めていないから仮に原告の主張が事実だとしても関係ない。(意訳)」

日本の裁判も韓国同様に腐ってる。

笑えねぇよ!


これから怒りに満ちた準備書面を書く。

文章では一応冷静を装って。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2018年12月 3日 (月)

司法は弁護士の味方でした。

日弁連(日本弁護士連合会)の答弁書を読んで驚いた。

日本の司法は懲戒請求された弁護士の不正があったにも関わらず請求を棄却したとして損害賠償を認めていない判例がある。

つまり、請求対象の弁護士を弁護士会の綱紀委員会が請求の内容を認めないで擁護しても損害賠償しなくていいよってことだ。

しかも、裁判で弁護士がどんなに噓を言おうが懲戒処分にはならない。


日弁連が懲戒処分するのは、依頼人(お客さん)に損害を与えた場合のみで、裁判の相手に与えた損害は対象外。

懲戒請求自体が、弁護士法に掲げられた法律とはかけ離れている。

はっきり言ってザル法。

懲戒請求が弁護士が品位に欠ける行為を行ったことに対しての罰則を求めるものに対して、最期には、「そんなの関係ねぇ。」なのだ。

なので、日弁連の答弁書には、「仮に弁護士会や日弁連による懲戒請求の行使に違法不当な点があったとしても、それによる懲戒請求者の権利又は法的保護に値する利害が侵害される余地はない。」としている。

簡単に言うと、「俺ら日弁連がわざと懲戒処分にしなくてもお前(懲戒請求者)の損害なんて認めねぇよ。」ってことだ。

開き直りの文章だよ、糞ったれが。

俺が裁判所に提出した証拠で湊弁護士が裁判で架空の情報公開システムを捏造し、それによって依頼人の秋田県庁を勝たせようとしたことは明らか。

問題は、日弁連の綱紀委員会が弁護士が依頼人に損害を与えて場合のみ懲戒処分する事実と懲戒請求で不正が行われても損害賠償を認めない判例の存在。

法曹界のお仲間を守る司法。
腐ってるわ。

負けずに頑張る。

何か良い手はないものか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今から仕事

今から工場行って仕事して、ホームセンター行ってビックフィン・キット用のボルト買って、昼飯食べたらビックフィン・キット組み立てして出荷して、また仕事する。

できれば夕方にXR100Rを洗車したいね。

昨日の練習で泥々だから。

では、参りますか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

これは適役。

映画『響』がヒットせず、話題にならなかったが俳優の小栗旬さんが売れない小説家志望の男を演じて、「これは良いかも。」と感心していた。

そしたら太宰治の生涯を描いた映画で小栗旬さんが太宰治を演じることに。

これは適任。

観たい映画です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年12月 2日 (日)

雪上レース用ウェイト

フライホイールに装着した銅製ウェイト。

今日、モトクロスコースを走ってみたら、凄いトラクション。

何よりもフープスがメチャクチャ速くなってる。

何よりも全然疲れない。

ただ、キャブレター・セッティングがまたしっかり合ってないから、今一つカチッと走れない。

これが決まれば、かなりイケる。

北海道のライダーに目に物見せられるかも。

今年は散々だったからね。

まぁ、マシンの課題がまだまだ残ってますけどね。

そろそろレースのエントリーしなきゃ。

頑張ります!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

これから練習は

これから若美モトクロスパークで一時間練習します。

夕暮れ&慣らし運転なんで8割程度のスピードで走行するつもり。

キャブレター・セッティングもメインジェットだけ変更。(100→98番)

まだジェットニードルの方が合ってないから、コーナー立ち上がりに引っ掛かりがある。

それは後で変更します。

さて、練習だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年12月 1日 (土)

うだうだやってます。

実は、昨晩から日弁連の弁護士が書いた答弁書を読んで反論文を書くつもりでした。

まだ読んでません。

正直、初めての弁護士の答弁書を読む時は非常に緊張する。

秋田県庁の被告代理人だった湊弁護士の答弁書や準備書面って、「これじゃぁ悪魔の証明じゃん。どうやって被告の主張が虚偽だと証明すればいいんだ。」と随分苦しんだことがトラウマになってます。

湊弁護士本人は俺が裁判に勝って被告代理人をクビになったことで気にならなくなったが、どうしても初めての弁護士だと緊張する。

案ずるより産むが易しという諺もあるが、これだけはどうもね。

根性決めて読まない事には始まらない。

うだうだやってます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新しい茎

キッチンに置いてある胡蝶蘭に変化が。

新しい茎が伸び始めた。

今年は花が咲きませんでした。

しかし、葉の数が増え、茎の数も増えた。

今年は地力を増やし時期だったのでしょうか?

来年は綺麗な花を咲かせてほしいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日から新米

米びつのお米が無くなった。

やっと今日から新米が食べられる。

実家から新米を昼前に取りに行くよ。

嬉しいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年11月 | トップページ | 2019年1月 »