« ゼッケン製作依頼 | トップページ | スーパーカブ110(JA07)用ハイレスポンス・キット廃盤予定 »

2019年4月 3日 (水)

これは凄い!

昨日の夕方に、カブ&ピースへCRF125Fのゼッケン製作をお願いした。

選手権を走る訳ではないので、ゼッケンの字体をゴルゴ13のロゴに使われている13と同じ文字を使うことにしました。

プロに頼むので、それなりの値段ですが今年の気合いを表す為にお金を使いましたよ。(笑)

CRFのゼッケンプレートを持ち込みするのにカブ&ピースへダカール(F650GS)で向かいます。

今回のダカールは、オフロード用バランサー・フライホイールを軽量化してます。

正確に言うと、ウェイトと軽量化の併用なのでフライホイールの重量はノーマルとほぼ同じ。

フライホイールの仕様を変えると燃料調整が必ず狂うので、最初に嫌な振動が発生します。

エンジンがゴロゴロして、「大丈夫か、これ。」と思いましたが、帰路にはシャープなバランサー・フライホイール本来の走りに戻りました。

驚いたことに、ノーマルでは2速ギアではウィリーし難いダカールがオフロード用バランサー・フライホイールではポンポンとウィリーします。

でも、3速ギアでは無理です。

それが、オフロード用バランサー・フライホイールに軽量化を加えるとフワッとウィリーできるんですよ。

ギアを間違えて3速でウィリーしたら、自然にフロントが浮きました。

これって凄いことです。

3速ギアでは、KTMのオフロードマシン(シングルエンジン)でもウィリーできない。

唯一できるのがXR630Rアルベーカー・スペシャルだけでした。

フライホイールに細工を施すだけで、こんなに激変するなんて驚きです。

改造費用は数千円ですよ。

加速力も素晴らしく、振動もエンジンの回転が軽い分だけ少なく感じました。

気持ち良さ倍増です。(笑)

我ながら、とんでもないものを作りました。(自画自賛)

カブ110用ハイレスポンス・キットのモニターの方々に、このバランサー・フライホイールのアップデート用パーツを送ることにしました。

乗り易いのに速いはそのままです。

感想が楽しみですね。

 

 

 

|

« ゼッケン製作依頼 | トップページ | スーパーカブ110(JA07)用ハイレスポンス・キット廃盤予定 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ゼッケン製作依頼 | トップページ | スーパーカブ110(JA07)用ハイレスポンス・キット廃盤予定 »