« パワーアップ | トップページ | 真面目に仕事したら »

2019年5月 4日 (土)

モトクロスにおけるハイレスポンス・キットの効果

昨日の練習でベストタイム更新したが、タイム的には0.1秒ほどの短縮に終わった。

CRF125Fに装着した超ハイレスポンス・キットは、バランサー・カムスプロケットがグロム用、バランサー・フライホイールはスーパーカブ110用。

ベストタイム更新は僅かだが、平均ラップタイムは1秒短縮している。

つまり、トータルでは圧倒的に速くなっている。

それでもレーサー85クラスの表彰台常連にぴったり付かれて走られたが。

コーナーは俺の方が速いが、それを瞬時に挽回するパワー差。(馬力差2倍)

これは更なるパワーアップが必要。

やることは、エアクリーナーボックスの吸気口増設、エアクリーナー金網除去、圧縮比アップ。

パワーアップはこれで打ち止め。

これ以上は壊れそう。

あと、熱ダレ防止にビックフィン・キットを製作します。(スーパーカブ110用ビックフィン・キットを流用)

リアサスペンションもXR100R用のYSSガスショックに交換。

フロントホイールがぐしゃぐしゃに変形したので社外アルミリムに交換します。

ハンドルもアルミに交換。

ドライブチェーン伸び切りなのでシールチェーンに交換。

しばらくはチューンナップとトラブル対策だね。

|

« パワーアップ | トップページ | 真面目に仕事したら »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« パワーアップ | トップページ | 真面目に仕事したら »