« 2019年5月 | トップページ | 2019年7月 »

2019年6月30日 (日)

スーパーカブ125用超ハイレスポンス・キット全面改修かも。

スーパーカブ125のハイレスポンス・キット及び超ハイレスポンス・キットはモニターの方にテストしてもらって販売しています。

今まで、自分のバイクではないのでギリギリのセッティングを試してもらう訳にはいきませんでした。

しかーし、そのギリギリのセッティングを試してもらうことになりました。

勿論、壊れることのないように配慮してのテストです。

もし、このギリギリのセッティングが大丈夫ならば、スーパーカブ125は羽が生えた様に走れます。

これは俺が開発中の超抜群エンジン・キットの試作品と同じ仕様です。

今回、協力してくれるモニターの方にはご迷惑をお掛けしますが、スーパーカブ125の進歩の為に人柱、いえ、生贄、いや、勇者になってください。(感謝しております。)

グロム系エンジン搭載バイクのオーナーの方も期待してください。

 

| | コメント (0)

追記

これの前の記事の追記です。

(旧)ハイレスポンス・キットはウェイト配置が現在のものになるまでに変更がありました。

ハイレスポンス・キットのバランサー・フライホイールのウェイト配置を現在のものと逆パターンにすると、高回転型になります。

特性で言うと、いわゆるピーキーになります。

ピーキーになるウェイト配置でモトクロスレースでは好成績を上げましたが、雪上レースだとなピーキーなエンジンではスリップを誘発してコントロールが難しい。

そこでウェイト配置を逆にして現在のパターンにすると、コントロールが容易で走り易い。

公道で使うならこっちだと、ハイレスポンス・キットに先行してバランサー・フライホイールのパーツを購入した方(旧ピーキーキットの購入者へのアップデートパーツとして販売。)に急遽、現在のパターンにしてもらった経緯があります。

このピーキーな特性になるウェイト配置でも、走り易いウェイト配置でもノーマルエンジンより振動が軽減される。

しかし、エンジンの過渡特性を向上させるアップデートパーツで超ハイレスポンス・キットにすると、ピーキーになるウェイト配置は振動が強く発生し、走り易いウェイト配置だと振動が更に減る。

エンジンって不思議ですね。

そして、超ハイレスポンス・キットのウェイト配置のままでウェイトをどんどん重くすると、トルクフルになるが軽快感が無くなる。

羽が生えてる様な操縦安定性も失われてゆく。

今、開発している超抜群エンジン・キットの試作品が一番調子良く走れるウェイト配置&ウェイト重量です。

モニターをお願いしている人に高評価なら販売しますが、そうでないなら超ハイレスポンス・キットでストップですね。

地元のモニターの方のエンジンに少し問題が合って超抜群エンジン・キットの試作品が組めませんでした。

フライホイールの純正ボルトが固くて外れず、無理に外すと折れるかもとのことでした。

その試作品のパーツは、他の地域のモニターの方の元へ。

チューンナップはやればやるほど難しい。

| | コメント (0)

個体差

ハイレスポンス・キットを超ハイレスポンス・キットにアップデートするパーツを組んだら、レスポンスは良いが振動が増えたという方がいました。

このケースはウェイト取り付けボルトの配置を逆パターンにすると改善します。

フライホイールとクランクの組み合わせで個体差が出るんでしょうね。

取扱説明書通りに装着してハイレスポンス・キットでは問題なく調子が良く走れても、超ハイレスポンス・キットにアップデートすると問題が出る(速いが振動が増えた。)のはウェイト取り付けボルトの配置を逆パターンにすると、ハイレスポンス・キットより更に振動が減りレスポンスが向上する。

チューンナップは結果が全て。

性能(振動軽減・加速力アップ)が上がったら、それで良しとしてください。

相談された方も、俺のアドバイスで逆パターンにすると、「振動が減り、レスポンスが良くなった。」と報告がありました。

めでたし、めでたし。

超ハイレスポンス・キットの気持ち良さ走りを楽しんでください。

ありがとうございました。

| | コメント (0)

2019年6月29日 (土)

あとは地元だけ。

北海道の人に超ハイレスポンス・キットが売れた。

これで売れてない県は地元秋田だけ。

ハイレスポンス・キットは1個売れたが、儲け無しのお友だち販売なのでノーカウント。

別に地元で売れなくても一向に構わない。

秋田はまだまだ鉄カブの方が人気だからね。

来月にはCRF110、CRF125Fの超ハイレスポンス・キットを販売する。

スーパーカブ110、クロスカブ110用超抜群エンジン・キットも販売する予定。

 アップデートしてエンジンの性格が変わると、「俺は超ハイレスポンス・キットよりも(旧)ハイレスポンス・キットの方が好き。」って人もいる。

まぁ、こういうのもあるから気分で変えられるって良いですよね。

どっちにしろ俺の作品です。

でも、俺は今使ってる超抜群エンジン・キットの試作品が一番好き。

魂焦がす様に走るエンジンです。

勿論、ゆっくり走ってもOKですよ。

速いカブ作って何が悪い。

実用車でスポーツできる様にして悪いか。

超抜群エンジン・キットは熱狂するチューンナップパーツです。

買ってくれ!

     

| | コメント (1)

これ以上は無いな。

雨に本業の原料を濡らして大失敗。

午後から休みだわ。

工場への通勤は、最近は殆どWAVE110iです。

楽だし、気持ちいいもの。

昨日、WAVE110iに装着したウェイト取り付けボルトの具合が良くて、走れば走るほどスムーズになる。

おそらく、もうこれ以上のセッティングは無いな。

モニターの方々に超抜群エンジン・キットにアップデートするパーツを配って、好感触ならすぐにでも販売します。 

アップデートパーツは安く済みそうです。

価格2500円くらいかな。

乗った感じがねぇ、4ストと2ストの中間みたいな感じ。

これって良いとこ取りか、そうでないかで傑作か駄作かハッキリと別れる。

だから細かい調整が必要なんだよね。

近県のモニターさんにパーツは送った。

次のパーツが届いたら、他の地域のモニターさんにも送ろう。

どんな反応になるか楽しみです。 

| | コメント (0)

やっちまったー!

作業着買うのに値段が同じなら派手なの買うかと、デッキーズの赤い縞模様の布ツナギを買った。

新品の布ツナギを着て、WAVE110iで意気揚々と郵便局へ。

郵便ポストに出荷するパーツを入れて、ふと、窓ガラスに映った自分の姿を見たら、大阪の食い倒れ人形がそこにいた。orz 

やっちまったー!

| | コメント (0)

日本はATM。

ロシアは北方領土問題で金を出させられて終わり。

韓国は昔に迷惑を掛けられたと金をせびられて終わり。

アメリカは日米安保条約で日本ばかり得して我々は損だと金を出させようとする。

日本は真の意味で独立が必要な気がする。

憲法9条は無くすべきだ。

スネ夫の傍にジャイアンがいないとダメなのと同じでどうする。

殴られたら殴り返せるぞでは手遅れになると韓国軍のレーダー照射事件で分かったでしょ。

殴るポーズを取ったら遠慮なく殴る姿勢が大事。

そんな奴に喧嘩を売る奴は教育の遅れてる国だけ。

何処とは言わないが。

| | コメント (0)

鬼の末脚

超ハイレスポンス・キットを更に進化させるアップデート用パーツを開発してます。

昨日の夕方に届いた数種類のウェイト取り付けボルトから重量調整して、より気持ち良いセッティングを探す。

夕方に気になったボルトに交換。

良い!

何て言うか、鬼の末脚だね。

加速は勿論、最高速が伸びる。

今までの快適さはそのまま。

これだ!

| | コメント (0)

2019年6月28日 (金)

ボルト類届いた。

超抜群エンジン・キットを開発するためにボルトを4種類試すことにした。

超抜群エンジン・キットのバランサー・フライホイールのウェイト配分にピッタリなボルトを探します。

ウェイトの銅ワッシャーを追加するのではなく、ボルト交換で超抜群エンジン・キット化させたいからです。

なんでボルトでか?

大人の理由ですよ。

簡単に言うと、現在販売している超ハイレスポンス・キットに汎用できる様にです。

これにはOK!

これはダメ。

それでは困るのが理由ですよ。

出荷時のミスでトラブルにならない為の配慮だ。

超抜群エンジン・キットの試作品は快調そのもの。

今までで最高に気持ちいい。

気持ちいいバイクに乗らないで、何がバイクだ。

俺は気持ちいいバイクにするパーツを販売します。  

| | コメント (0)

パフォーマンスクルーザーというバイク

パフォーマンスクルーザーというバイクのジャンルがあるそうです。

簡単に言うと、V-MAXみたいなハイパフォーマンスなアメリカン。

まぁ、アメリカンというジャンルは日本だけで使われているだけで、世界的にはクルーザー(長距離得意な旅バイク。)と呼ぶ。

パフォーマンスクルーザーの代表格がV-MAX。

最近まで売られてた新型V-MAXの0→100キロのタイムは2.5秒。

次いで速いのは旧車のエリミネーター900の2.7秒。

ハーレーのV-RODは3.7秒。

初期型V-MAXが発売された当時は、ジャンルの説明に困ったバイク雑誌がネオアメリカンと言ってたなぁ。

驚きなのは、エリミネーター900が今もその速さを誇っていること。

なるほど、このバイクに惚れ込んだ女性がエリミネーターの専門家になる訳だ。

漢(おとこ)カワサキって言うな。

男らしい女も乗ってるんだからな。

これからは勇者カワサキだ!

| | コメント (0)

仕事してます。

空梅雨で毎日仕事。

昨日、大雨で1日休日にした。

ブログも珍しく休み。

今日は朝から雨の予報が大ハズレ。

昼から仕事してます。

今夜は映画館で映画を観たいなぁ。

WAVE110iに外装カバーを付けて、久しぶりにWAVE110iで行こうかな。

映画館には、主にダカール(F650GS)かwave110at で行ってる気がする。

先月のモトクロスレースで首を痛めて右手が麻痺して力が半分しか出せません。

今では仕事する時は俺は左利きと思うことにしています。

悩んでも症状が改善する訳ではないからね。

それに、バイクで街乗りする時はノーハンドで運転には殆ど手を使いません。  

街乗りする時のハンドルはシート荷重とステップワーク。

実は、WAVE110iにピーキーステップ(俺の発明品)を新しく付けようと思って、ノーマルのラバーステップを外したままにした状態です。

つまり、鉄の棒のままで乗ってます。

それでもちゃんと乗れてます。

そろそろ真面目にピーキーステップを作らないと。

安く、簡単で、カッコいい、そんなステップを作りたいんですがね。

勿論、ピーキーステップの性能を発揮できる物を。

おっと、真面目に仕事するか。 

| | コメント (0)

2019年6月27日 (木)

外装カバー来たぁー!

タイホンダで欠品中のWAVE110i前面外装カバーがタイから届いた。

長かったぁ。

昨年秋の試乗会で二人に大怪我させた悪魔ウェーブは2回目のフレーム交換を終えたが、外装カバーが欠品でスクラップ状態で街乗りしてた。

日本一マッドマックスな原付二種バイク。

まぁ、乗ってる奴がマッドライダーだもんな。

二日前に秋田風防をポリカーボネートでレストアしてもらい、ここに来て外装カバーが届く。

これで加速と最高速がアップだよ。

今、WAVE110iのエンジンには超抜群エンジン・キットの試作品が入っていて、鬼の様に回る。

作った俺本人が信じられないくらいに。

楽しいなぁ。

WAVE110i完全復活! 

  

| | コメント (0)

念願のオフロードバイク用パーツ発売。

ヤフオクでCRF110用ビックフィン・キットを出品しました。

熱い走りで熱くなったエンジンを効率良く冷却します。

来月には、CRF110、CRF125F用超ハイレスポンス・キットを発売予定。

これは装着するだけでモトクロスコースのラップタイム1~3秒短縮するパーツです。

Photo_20190627084101

Crf110

| | コメント (0)

2019年6月26日 (水)

症状が直った。

へのへのもへじさん、コメントありがとうございます。

司法は司法の都合で事実の認定を捻じ曲げます。

なんでか?

世界中で裁判所の判断は従わなければならない絶対なものだからです。

司法は韓国も日本も同レベルでした。

効果ですか?

俺は無いと思います。

超ハイレスポンス・キットは振動を軽減する装置です。

フライホイールが振れるのをサポートするということは、チューンナップによってクランクに振動があることを前提にしています。(振動を減らす吸気系チューンナップはありますが・・・)

クランクの回転運動を補助して振動を軽減する装置があるなら何の意味もありません。

ハッキリ言ってお金の無駄です。

 

 

 

 

超抜群エンジン・キットの試作品でパルス(脈動)が激しくなった理由が分かりました。

昨日取り付けた秋田風防でした。

走行時の空気抵抗が軽減されたことで、エンジンへの負担が減って燃料調整が変化したせいです。

分かり易く説明すると、空気抵抗が軽減されるとエンジンの回転が軽くなる。

その分だけエンジンが燃料を要求します。

つまり、ガソリンが足りない症状が出る。

今日の午後にWAVE110iのコンピューターが学習を終えたらパルスが皆無に。

超ハイレスポンス・キット独特の電動モーターみたいなスムーズな回転に戻りました。

良かったよぉ。

めでたし、めでたし。

 

| | コメント (0)

希望が見えてきた。

昨晩、夜遅くまでウェイト取り付けボルトに使えるボルトを探していました。

ウェイト追加でパワーが上がったのは良いがコンピューターの学習が終わってパルス(脈動)が大きくなったのが気に入らない。

そこで昨晩探したボルトでこの問題を解決できそうなやつを選ぶことにしました。

注文したボルトは4種類。

上手くウェイトと組み合わせて、狙った特性のウェイト重量を探します。

頑張ります!


| | コメント (0)

パルス(脈動)が大きくなった。

超抜群エンジン・キットの試作品をWAVE110iに入れてるんだが、コンピューターが学習したらパルスが大きくなった。

パルスは不快で疲れる振動とは違うものだが、知らない人だと振動が大きくなったと思うかも。

パルスも大きいと人によっては不快に思う人もあるだろうなぁ。

超ハイレスポンス・キットのシャープなエンジン特性を知っている人は特に。

少し重量調整が必要だ。

最近、寸法を同じにしても軽い銅ワッシャーを見つけた。

これを使えば今までよりも細かいセッティングができる。

今日の夕方にテストして、最適なウェイト重量を探します。

シャープだけどトルクフル。

う~ん、矛盾。

 

| | コメント (0)

ちょっと重いボルト

超抜群エンジン・キットの開発の為に、超ハイレスポンス・キットのバランサー・フライホイールに使われているウェイト取り付けボルトよりも、ちょっと重いボルトを深夜まで探してました。

できれば全長が同じで0.8g重いボルトです。

重いボルトとなると全長もちょっと長くなります。

欲しい寸法はボルト全長が23.3㎜で5.5gの物。

全長24㎜は沢山あるんですけどね。

理想はウェイトの銅ワッシャーとボルトの合計重量が〇g。(企業秘密)

超低頭ボルトで銅ワッシャー2枚追加でも同じにできれば良いのですが。

また、ボルトが理想重量より重い場合は軽い銅ワッシャー(ホンダ純正品)も使い合わせます。

おかげでサンプルにボルトの爆買いですよ。

頑張って理想を追求します。

| | コメント (0)

2019年6月25日 (火)

新参者さんへ。

新参者さん、コメントありがとうございます。

余裕で組めます。

むしろ、ボアアップキット装着、ビックインジェクション装着の方はエンジンの振動軽減の為に購入をお勧めします。

別次元、別世界のライディングが可能になりますよ。

カブで1000キロを1日走れますか?

今、販売している超ハイレスポンス・キットは余裕で走れます。

何故なら振動が運転者に与える影響は想像以上に大きく、それが軽減するだけで運転時の疲労が半減するからです。

100キロ程度の距離なら、近所のコンビニに買い物に行く気分ですよ。

しかも、速くなって、スムーズに走れて、尚且つ気持ちいい。

批判覚悟で言わせてもらうと、スーパーカブ110、クロスカブ110、グロム、モンキー125、スーパーカブ125のオーナーで、超ハイレスポンス・キットの存在を知りつつ買わない人はバカです。(もう、言ってることがマッドサイエンティスト。分かってる、分かってる。)

購入できるリンクはこちら。

https://auctions.yahoo.co.jp/seller/peaky_parts

宜しくお願い致します。

| | コメント (2)

司法も名古屋判定

あっ、何か忘れてるなぁと思ったら、日弁連との裁判の判決を報告してなかった。

Twitterに書いてたので報告が終わったと思っていたよ。(ごめんなさい。)

判決は棄却。

またもや、被告側の潔白を証明する証拠が何一つ無くても無条件で勝たせた仙台高裁秋田支部。

湊貴美男弁護士と日弁連の不正を証明する証拠を山ほど積んでも関係なし。(こちらの証拠は裁判記録、証人調書、判決文等のどれも正当な湊弁護士の不正を証明もの。)

判決文は筋の通らないのは分かっているので、忘れた頃に読みますよ。

司法がこれだけ腐ってると逆に清々しいね。

名古屋判定にも負けない贔屓が笑う。(名古屋判定とは、高校ボクシングの試合で名古屋の選手に勝たせる判定がされた事件。名古屋の選手は負けていても試合を試合を終わらせてくれないから後遺症になることもあった。)

全力で不正に立ち向かい、腐った司法がそれを擁護する。

この国の司法の真実を目の当たりにして、踏ん切りが付いたよ。

真っ白くなった気分。

面白かったなぁ裁判。

行政、日弁連、検察、警察、司法の腐敗をウォッチング。

みーんな嘘つき。

世の中の仕組みが分かって、自分の立ち位置が分かりました。

めでたし、めでたし。

| | コメント (1)

秋田風防復活!

3速、殿様乗りで120キロオーバー。(4速巡行・下り用ギア)

楽ちんだぁ。

| | コメント (0)

フーッ。

昨日、超ハイレスポンス・キットを購入したお客様から、「80キロしか出なくなりました。原因を思い当たりますか? 」と連絡があった。

普通なら組み間違いと思うのだが、最近の人はそうじゃないと思う人が増えている。

製品の欠陥と思うみたいだ。

こちらからは、「取り付けミスですね。フライホイールを圧縮上死点に合わせ、カムスプロケットのOマークが最上部にきているか確認してください。ズレがあるはずです。」と答えた。

クレームの文面から不安があったので、「フライホイールのTマークが圧縮上死点で、Fマークは点火時期です。 」とメール。

そして今日、「カムチェーン1個分ズレてました。直してからは振動が無くなって快調です。今後のパーツ開発に期待します。」と報告がありました。

めでたし、めでたし。

超ハイレスポンス・キットは何度もテストを重ね、モニターの方の好評価を基に販売しています。

間違いのない製品です。

装着して不調なら組み間違いを疑ってください。

取り付けに自信が無い方は、詳しい方に協力してもらうか、バイク屋さんに組んでもらってください。

間違って組んで壊れても、こちらは一切保障できませんので。

超ハイレスポンス・キットは、これまでの常識を覆す画期的な発明品です。

装着した方は、これ無しでのツーリングは考えられない筈です。

もっと買ってください。(本音)

ちゃん、ちゃん。

| | コメント (0)

2019年6月24日 (月)

WAVE110iはまた速くなる。

超ハイレスポンス・キットを進化させた超抜群エンジン・キットの試作品をWAVE110iに組みました。

WAVE110iを購入してから出したことない速度が出る様になりました。

しかも、秋田風防無し、前面外装カバー無しのスクラップ状態で。

空気抵抗てんこ盛りなのに最も速度が出るって。

今日、裁判所の帰りにカブ&ピースに行って秋田風防の修理を依頼しました。

スクリーンをポリカーボネートで製作です。

秋田風防で加速力アップ、最高速アップは御約束。

秋田風防が直ったら国道ノーハンド走行で3桁スピード巡行が楽勝です。(速度違反注意)

来月になったら外装カバーもタイから入荷します。

そしたら片足上げてノーハンド走行でスラロームも可能に。(やらないけどね。)

まぁ、歳なんでゆっくり走りますよ。(俺のペースで。)

| | コメント (0)

お客様、ちょっとすみません。

いくら超ハイレスポンス・キットでも取り付けミスがあると速くなりません。

それはこちらでは責任持てません。

宜しくお願い致します。

| | コメント (0)

また無条件で棄却でした。

仙台高裁は棄却判決でした。

判決文はもらいましたが、どうせ筋の通らない理由なのは分かるので後日にゆっくり読ませていただきます。

腹を悪くしても得にはならないですから。

世の中の裏の仕組みが分かると気にならなくなりますね。

最初からそうなんだと思うだけです。

なんたって日本は民主主義のフリした共産国ですから。

小より大優先。

なんか、全力でやってきたので清々しい気分なんですよ。

今日は美味しい酒が飲めそうです。

俺、また物知りになったよってね。

体験した者のみが分かる権力の姿。

面白かったですよ。

これからはバイクチューンナップとバイクパーツ販売の方に力を入れていきたいですね。

人間の強さとは?

バイクの速さとは?

やればやるほど分からなくなる。

でも、それが楽しい。

 

| | コメント (0)

午後から判決

本日の午後1時15分に仙台高等裁判所秋田支部で日本弁護士連合会(以後、日弁連)との裁判の判決。

俺と秋田県庁の裁判で虚偽の主張がバレて敗訴した湊貴美男弁護士を秋田弁護士会及び日弁連に裁判での虚偽を理由に懲戒請求したら、「そんな不正はない。お前の勘違い。」と擁護されたことに対する損害賠償請求。

前回の口頭弁論で、湊弁護士が何やら慌てていた様子から彼の立場が非常に危ういことを知った。

秋田地方裁判所は被告側の潔白を証明する証拠が一切無くとも無条件で勝たせるという不条理な判決。

これで仙台高裁も同じなら、「証拠って何?」、「裁判って茶番?」となる。

秋田県庁事件(秋田県庁が知事に送った秋田県庁の行った不正の告発文を検閲した裁判)の時は、明らかな検閲を、「民訴法312条に該当しない。(健保違反ではない。)」の一言で明確な判決理由を述べずに棄却。

どうやってもこれまでの判例(判決理由)との矛盾が出ることを避けた。

さぁ、勝とうが負けようが今日の判決理由が楽しみだ。

| | コメント (0)

やっぱりタングステン製ワッシャー製作か?

超抜群エンジン・キットの販売を一気に進めるにはタングステン製ワッシャーが製作出来たら話が早い。

タングステン製ワッシャーを扱っている青森の会社からの返事は遅かったことから、「相手にされなかったかぁ。」と諦めていた。

そしたら、出張で返事が遅れていたそうで、俺も諦めてたから返信メールの発見が遅れて慌てて返答したよ。

問題はやはり価格。

タングステン製ボルトは1本16000円くらい。(M5ボルト、モノタロウ参照)

俺は1.6gのM6ワッシャー(内径6.5㎜、外径13㎜、厚さ1㎜)のワッシャーが欲しい。

6枚で2万円以内ならすぐに採用。

青森の会社からは、「価格の高い製品なので、必要な量は何ロットですか?」聞かれた。

何ロットとか言われたらビビるなぁ。

まずはどれ位の量を製作で1枚いくらになるかが知りたい。

| | コメント (0)

2019年6月23日 (日)

スーパーカブ110(JA07)用超抜群エンジン・キット来月発売予定

今、開発してる(セッティングしてる)超抜群エンジン・キットを販売したらボアアップキットが売れなくなるよ。

ボアアップ無しでボアアップキット同様の速度と加速。

コストは3分の1。

気持ち良さは3倍。

燃費も向上。

エンジンの振動軽減。(エンジンのパルスは残るが不快な振動は皆無になる。)

モニターの方に試して、「GO!」が出たら販売する。(JA07以外は安全性が確認できるまで販売に時間が掛かります。)

勿論、超ハイレスポンス・キットを超抜群エンジン・キットにアップデートさせるパーツも発売。(定価1500円の予定。)

| | コメント (0)

2019年6月22日 (土)

人柱?人身御供?いいえ、モニターの方です。

俺のオリジナルブランド『peaky_parts』製品の地元のモニターの方に、超ハイレスポンス・キットを超抜群エンジン・キットに進化させるアップデート用パーツを届けました。

実はその方、まだハイレスポンス・キット(超ハイレスポンス・キットの前バージョン)です。

明日、組んでもらえたらいいなぁと思いつつ、全てその方の意思にお任せしています。

一応、自分のマシンで大丈夫なことを確認した上でのモニターです。

マシンの個体差でどうにかなる様なことは無いと思いますが、絶対ないとは言えません。

しかし、何らかのトラブルが発生した場合、地元だと対応もできます。

その方からOKが出たら、他の地域のモニターの方へのパーツ供給を開始して結果が得られたら販売です。

製造者の責任があるので、ちゃんとしないといけません。

ホンダのCRF125Fのクレーム(インジェクターの継ぎ目が折れて熱いエンジンにガソリンが噴き出す)の返事が返ってきません。

ホンダに現車が無いので困ってるとか。

おいおい、サービスマニュアルの写真でもインジェクターとフレームの隙間が無い状態って判るじゃん。

今時、バイク炎上なんて時代遅れもいいとこ。

まぁ、友人のBMW・k1200RSは雨の中で長時間高速走行したら、電装部品に雨が入ってショートして燃えたがな。

BMWは調査の為にその燃えたバイクの残骸を買い取って本国で分析したとか。

ホンダも見習えバカ野郎。

| | コメント (0)

ボケ(認知症)防止策

高齢になったも自衛は大事。

自分の身は自分で守る。

頼りになるのは自分だけ。

そこで一生ボケない対策を講じることにした。

どうしたらボケないかは、普段から何でも良いから頭を使うことと腹八分だそうです。

統計や動物実験でハッキリしていることだとか。

明日から実行する。

ん、なんで今日じゃないのか。

もう腹一杯食べちゃったから。orz

| | コメント (0)

2019年6月21日 (金)

うん、いいねぇ。

今日のWAVE110iに施したセッティングは良い。

すぐにでも売りたいくらいに良い。

とりあえず、地元のモニターの方に試してもらうことにした。

そのモニターの方のバイクは、ハイレスポンス・キット(超ハイレスポンス・キットのバージョンアップ前モデル)を装着済み。

それが一気に超抜群エンジン・キットの試作品となれば、びっくりするだろうなぁ。

ホップ、ステップ、ジャンプじゃなくて、ポップからいきなりジャンプ。

そんなこと言ったら、超抜群エンジン・キットが発売されて、それを最初に装着した人の驚きが想像できる。

「なんじゃこりゃあああああああ!」

発売されたら、自分のスーパーカブ110やクロスカブ110のエンジンがいわゆる『アタリ中のアタリ・エンジン』に生まれ変わるキットになります。

ミラクルなチューンナップパーツをお楽しみ。

| | コメント (0)

今朝のセッティングがビンゴっぽい。

昨日、WAVE110iバランサー・フライホイールのセッティングを変えて失敗。

超ハイレスポンス・キットのセッティングに6グラムのウェイト追加で軽快感が皆無に。

今朝、セッティングを変更。

今度は1.5グラムの追加。

軽快感は元通り。

ウチの工場までの坂道で、今まで出したことないスピードが出る。

ああ、これが当たりか。

あとはコンピューターの学習でどうなるかだな。

上手くいったら、またモニターの方に試してもらって、結果が良ければ販売。

アップデート用パーツと超抜(超抜群)エンジン・キットとして販売。

まぁ、じっくり安全性を確かめてから販売です。

うっしっし。 

 

| | コメント (0)

ちょっと待って芝の隆さん!

芝の隆さん、コメントありがとうございます。

マッドガードの穴開けはちょっと待ってください!

ビックフィン・キットは走行時の負圧でフィンとフィンの隙間に籠った熱を吸い出す仕組みなので、マッドガードに穴開けしても意味ないです。

フィン中央の穴はフィンとフィンの間が真空にならないためのもので、本当はもっと小さな穴でも良かったのですが見た目がパッとしないので現在の大きさになりました。

実は、俺が使っているビックフィン・キットはフィンの枚数が7枚で全体の大きさは通常のビックフィン・キットと同じです。

性能は通常のビックフィン・キットと大差ありません。

走れば通常のビックフィン・キットでも、あっという間にエンジンが冷えるので。

過去にアルミパーツを多用したりして色々テストしましたが、どれも通常のビックフィン・キットと性能的に大差なかったので現在のビックフィン・キットがベストだと思っています。

是非、そのままでお使いください。

宜しくお願い致します。m(__)m

あと、ノーマルエンジンの方が効果が大きく感じられたとのことですが、それは排気量アップによりエンジンの回転速度落ちたことが原因です。

排気量が120㏄程度だとそうでもないのですが、125㏄まで上がるとノーマルエンジンの様にはいきません。

でも、125㏄の方が最高速や加速で有利なので、125㏄になったことで大きくなった振動を軽減するために超ハイレスポンス・キットが必要になります。

バイク走行時にどれだけ長時間、快適にスムーズに走らせるかがバイクチューンナップの最終目標です。

レースじゃないんで。

余談ですが、超ハイレスポンス・キットのバランサー・フライホイールのウェイト配置を逆パターンにすると、鬼の様にエンジンが回り速くなりますが、10分走ると嫌になるほど振動が出ます。

いくら速くてもねぇ。

| | コメント (2)

2019年6月20日 (木)

ダメポ

今朝変えたセッティングが夕方には嫌になる。

変えた直後は素晴らしく感じたのだが、WAVE110iのコンピューターが学習をしだしたら、段々と嫌なところが目に付いてきた。

素晴らしくトルクフルだが、軽快感が無くなった。

フライホイールにたった6gのウェイトを追加しただけなのに。

明日、またセッティングを変える。

今日のテストは失敗でした。

 

| | コメント (0)

ハイレスポンス・キットについて

ハイレスポンス・キット、超ハイレスポンス・キットを装着しても、装着前のエンジンと最高出力はほとんど変わりません。(シャシダイで測定。)

但し、アクセルを全開にして最高出力に達するまでの時間が非常に短い。

つまり、加速が良い。

だからハイレスポンスなんです。

条件が良ければ加速だけでなく、最高速も伸びます。

これはエンジン内部の回転時の一次慣性力による抵抗を減らすだけでなく、ピストンの上下運動を回転運動に変換する時の回転ムラを減らすことで可能になることです。

どれだけ電気モーターの回転に近づけるか。

それが課題。

まぁ、エンジンで走るクルマやバイクと、電気モーターで走るクルマとバイクでは、まだエンジンの方が速いですが、将来的にはどうなるか。

まだまだエンジンには頑張ってもらわないと。

特に俺の好きな単気筒エンジンには。

| | コメント (1)

ヒャッハー!

バランサー・フライホイールのウェイト側ボルトの素材を変更したら速い。

秋田風防(カブ用カウリング)無しで、秋田風防付きと同じ加速か、それ以上の走りを見せる。

楽しいねぇ。

このままトラブル無しで秋まで走れたら販売だな。

超ハイレスポンス・キットを超抜(超抜群)エンジン・キットにアップデートするパーツを販売。

ノーマルエンジンを当たりエンジンに生まれ変わらせる超抜エンジン・キットも販売。

とにかく耐久性の確認が大事。

PL法もあるし。

クレーム保障が恐いから。 

安心して走れるキットを作る。

テスト車両であるエンジン出力14馬(シャシダ後軸で12馬力を計測。)のWAVE110iで大丈夫ならOKでしょ。

さて、仕事しよ。  

| | コメント (0)

新しい素材のテスト

超ハイレスポンス・キットを超抜エンジン・キットに進化させる為に、新たなウェイト素材のテストをやってます。

テスト車両はWAVE110i。

但し、今現在はキックスタートのみになっているので、後からセルスターターに戻します。

 効果はすぐ分かるので、効果が薄ければ中止。

良ければ継続。

耐久性に疑問のある素材なので、しっかり大丈夫と確認できるまで販売はできません。

先のアップデート用パーツとの兼ね合いもあるので。

安心して走らせることができるまで頑張ります。



追記。

新しい素材で走ってみて、ノーマル車両にハイレスポンス・キット(超ハイレスポンス・キットの前のバージョン。)を装着した時の様な現象が起きた。

つまり、速度を感じないで速くなってる。

今回はトルク感が凄い。

これで今の現状をコンピューターが学習したら、もっと良くなるだろうな。

超ハイレスポンス・キットのシャープな走りとは違い、ボアアップした時の感じに似ている。

これで耐久性があると確認できたら即販売だ。

大丈夫ならいいなぁ。

| | コメント (0)

2019年6月19日 (水)

数年ぶりにトマト植えた。

家庭菜園で一昨年の枝豆豊作に気を良くして、昨年も枝豆作ったら仕事が忙しくて放置している間に雑草にやられて全滅。

枝豆畑の草刈りは難しい。

そこで今年は背の高くなるトマトに変更。

これなら幾分マシ。

スパルタ農法久しぶりにやるか。

ハイポニカ肥料(液肥)買わなきゃ。

| | コメント (0)

購入者様のレビュー

今日、ビックフィン・キットを注文した方からのレビューです。

「ピーキー様
早速のご連絡ありがとうございます。
以前購入させて頂きましたハイレスポンスキットもアップデートパーツも大変満足しております。
特にアップデート後は更に快適な走りになり満足しております!
ビックフィンキットも到着が楽しみです。」

嬉しいです。

ビックフィン・キットを試したら、最期にピーキーレバーも使ってみてください。

目から鱗が落ちる商品です。

| | コメント (0)

危険なテスト

エボルさん、お気遣いいただきありがとうございます。

こちらは大丈夫です。

昨夜は地震よりも、その前のスマホの地震警報にビビりました。

便利な時代ですね。

おかげで地震そのものへの気構えができた様な気がします。

 

 

 

 

 

超抜(超抜群)エンジン・キット開発のために危険なテストを実行します。

もしかしたら大丈夫かも知れませんが。

こちらは長期間の耐久テストになります。(販売することを考えると耐久性の実証は必須。)

実験機はWAVE110i。

CRF125Fの方はレース用なので耐久性重視の超抜エンジン・キット開発に。

先にWAVE110iをテスト。

| | コメント (0)

欠品相次ぐ

ハイレスポンス・キットを超ハイレスポンス・キットにアップデートするパーツが欠品中。(スーパーカブ110系エンジン用、グロム系エンジン用、共に。)

注文入れて、すぐに届く場合とそうでない場合がある。

とりあえず、今週中には入荷する。

あと、スーパーカブ110(JA10、JA44、JA45)のバランサー・カムスプロケットも欠品。

こちらも今週中には入りそう。

俺がお金持ちなら在庫を増やすんだろうが、あくまで趣味の延長でやっている商売なので。

いずれは副業として立派に成立させたいが。

昨日からスーパーカブ110・クロスカブ110用ビックフィン・キットの注文が増えてきた。

暑くなってるもんな。

 

| | コメント (0)

2019年6月18日 (火)

ホンダの草刈り機オイル交換

ホンダの草刈り機を数年ぶりにオイル交換。(ホンダのエンジンに入れると凄いヤマルーブ・プレミアム。)

オイルがちょぴッとしか入ってなかった。

ヤバい、ヤバい、危うく焼き付き寸前。

このホンダの草刈り機は購入時にリコールで新型に交換してもらったもの。

エンジンパワーがあり過ぎて、草刈り機本体を作った農機具メーカーの想定を超えてしまい、刃の回転部が壊れるクレームが続出するという、何ともホンダらしいトラブル。

新型交換後は本体の軸の太さが太くなっていた。

農機具メーカーも、同排気量で2ストよりもパワーのある4ストを想像できなかったのだろう。

ホンダ 「俺らのエンジンなめんなよ!」

そう思ったかは定かではない。

ちなみに、この草刈り機にはオイル交換のドレンボルトがない。

エンジンを逆さにして注油口からオイルを抜く。

バイク屋さんがそれを知らずに、全く取説を見ないで草刈り機をばらしたがドレンボルトは見つからず、最期はホンダに聞いたそうだ。

「おい、ドレンボルトがねぇぞ!」

取説書は大事。

 

| | コメント (2)

超抜エンジン・キット開発へ

独特な配置の穴開け加工を施したCRF125Fフライホイールが最もパフォーマンスを発揮する方法を考えています。

タングステン製ボルトやワッシャーはバカ高い。

なので現実的に販売は無理。

真鍮ボルトは強度は鉄の半分。

フライホイールのボルトの半数は鉄を使用しないとダメ。(逆に半分が鉄ボルトなら大丈夫だと確認済み。)

なのでフライホイールの軽量化で、超ハイレスポンス・キットのアップデート用パーツは不要になる。

超抜エンジン・キットの試作品では、アップデート用パーツの代わりにノーマルボルトを使用し、ウェイトが付くボルトをクロモリ製から真鍮製に変更する。

あくまでも試作品なので、モトクロスコースのラップタイム次第では別の方法もあり得る。

実際に試してナンボです。

スーパーカブ110等への反映できるかは、まだまだ不明です。

開発費でお金が掛かる。orz

| | コメント (1)

2019年6月17日 (月)

嬉しい連絡

以前にハイレスポンス・キットを購入した方が、超ハイレスポンス・キットにアップデート用パーツを購入。

その際の嬉しい連絡がこちら。

「いつもお世話になっております。
バランサーフライホイールの理屈が自分の中で理解できずにいます。昨日、フライホイールをノーマル状態に戻し、200キロ程度ツーリングに行きました。するとどうでしょう、振動があり指が痺れるではありませんか。帰ってきてウエイトを戻し、走行すると振動が減り、間違いなく効果が認められます。どうしてそうなるのか、きちんと説明が出来たらメーカー採用も夢では無いアイデアですよね。という事で、アップデートパーツも試してみようと思い、落札させて頂きました。宜しくお願いします。」

これはハイレスポンス・キットがプラシーボ効果(気の持ちよう)でない確認の実験で、第三者が行ったことにより効果の証拠と言えるものです。

正直に言うと、最初に効果を発見し、どうしてそうなるかを仮説を立てて確かめている次第です。

なので、特許出願の理論も仮説です。(商品説明の理論はイメージであり、詳細な理論は特許出願中につき公開してません。)

すぐには確かめようがないので時間を掛けて立証しています。

つーか、今までの常識が変わってくるので、信じられない技術者どころか、否定して利く耳持たない人が大多数でしょうね。

バイク仲間でも頭のいい人達からは、「俺は今も認めてないから。」と言われてますよ。

証拠(結果、効果)を見ずに今までの常識に囚われている人に何を言っても無駄なので、今は何も言わないです。

 

| | コメント (0)

2019年6月16日 (日)

防弾秋田風防

昨年の大潟村カブ・ミーティングでWAVE110iを試乗させたら5人の内、2人が転倒し大怪我。

WAVE110iは大破。

2回目のフレーム交換。(一回目はトラクターと正面衝突。)

未だに外装カバーが欠品でスクラップ状態で街乗りしてます。(7月20日にタイから届く。)

秋田風防もバッキバキに。

材料の旭風風防が絶版なので、スクリーンの部分をポリカーボネート板で製作することに。

製作はカブ&ピース。

ポリカーボネートが有名になったのは、アーノルド・シュワルツェネッガー主演の『ターミネーター』で使われたサングラスがポリカーボネート製で、当時は銃弾を弾き返すことから軍用サングラスとか言われてた。

今では普通に使われているけどね。

秋田風防はポリカーボネートで復活します。

| | コメント (0)

2019年6月15日 (土)

タングステンワッシャー諦めた

平社員さん、コメントありがとうございます。

タイトルにもありますが、タングステンワッシャーは諦めました。

オーディオ用タングステンワッシャーはM4ボルト用ワッシャーで、使用しているワッシャーはM6です。

青森県の会社には、数量的に発注は無理。

フライホイールの方に細工をして作るしかないですね。

ふりだしに戻るです。  

| | コメント (1)

2019年6月14日 (金)

右手に力が入らない

先月の協和オートランドのレース以来、右手に力が入らない。

何て言うか、全力でも今までの半分くらいの力しか出ない。

首からの電気信号が神経が狭められていることで半分しか筋肉に来ないみたいだ。

これではモトクロスはもう無理かも知れない。

街中走りは殆んどノーハンド走行だから関係ないけど。

また引退か。

嫌だなぁ。

弟(鍼灸マッサージ師)に相談してみようか。

| | コメント (0)

問い合わせ

平社員さん、芝の隆さん、コメントありがとうございます。

平社員さん、俺の場合は秋田で悪目立ちしてますので、それが原因ではないかと。

地元ネット掲示板では俺のスレッドがあり、誹謗中傷が全開らしいですよ。

バカくさいので見ないけど。

芝の隆さん、毎度ありがとうございます。

只今、超ハイレスポンス・キットを超抜エンジン(超抜群エンジンの略称)・キットに進化させる為にタングステンワッシャーを探してます。

頑張ります!


青森県の会社でタングステンワッシャーを扱っているそうですが、個人とは取り引きしないと言われて、仕方なしで本業の会社の名目で問い合わせしてます。

タングステンワッシャーとタングステンカラーとでは価格に差があるか気になるところですが、その前に売ってもらえるかが問題です。

小規模な商売では相手にされないかも。

中国からネットで輸入するって手もありますが、よく仕組みが分かりません。

どうにかしたいものです。

| | コメント (1)

2019年6月13日 (木)

値上げ

超ハイレスポンス・キットですが、ホンダ純正パーツの値上げに伴い、ちょっと価格を値上げします。

スーパーカブ110、クロスカブ用超ハイレスポンス・キットが、グロム、モンキー125、スーパーカブ125用超ハイレスポンス・キットと同じく10800円になります。(今までは10500円。)

純正パーツ値上げ前に製作をしたパーツが無くなり次第、値上げとなりますのでご了承ください。

グロム系エンジン用超ハイレスポンス・キットも純正パーツが値上げ前に製造したパーツが無くなり次第、値上げとなります。(価格未定。)

宜しくお願いします。   

| | コメント (0)

2019年6月12日 (水)

タングステン・ワッシャーが欲しい。

超ハイレスポンス・キットは最終的に超抜(超抜群)エンジン・キットになる予定。

そのためにはタングステン・ワッシャーが欲しい。

これがあれば、もっと速く扱い易くなる。

何とか手に入れたいなぁ。

| | コメント (0)

イバラ

ある日、自宅の庭にイバラが生えてきた。

気にせずに放置していた。

大きくなって切ろうかなと思ったが、盆栽みたいに鋏でカットして形を整えた。

たまたまウチにきた母からは、「あれ何?邪魔くさいから切れ。」と言われる。

「俺が気に入ってから良いんだ。」の断った。

それから数年後、綺麗な白い花が咲いた。

ああ、イバラって元々はバラの古い呼び名だっけ。

今年も鋏でカットする。

売ってるバラとは違うが、これはこれで良い。

DIYで作った電柱車庫には沢山のツルバラの花。

少し離れてイバラ。

田舎の楽しみ。

| | コメント (0)

ピーキーステップ

ピーキーステップは、ピーキーレバーを思い付いた翌日に思い付いた。

ピーキーレバーと同時に実用新案を申請。

もう、とっくの昔に権利は無くなっている。

だけど、製品化したいねぇ。

昨晩、どう作ったら安くて良いピーキーステップができるか考えた。

まだ、考え中。

理想はラバー製。

次点で鉄製。

まぁ、ゆっくり考えます。

| | コメント (0)

2019年6月11日 (火)

東北モニター作戦。

ハイレスポンス・キットから超ハイレスポンス・キットになって、幾らか売れる様になってきた。

しかーし、東北と北海道の購入者は少ない。(地元秋田と北海道の購入者はゼロ。orz )

そこで東北のモニターを増やして、カブ・ミーティングなんかで口コミしてもらおうって販売戦略。

先ずは山形県の方から。

Twitterとかで、ボソッと超ハイレスポンス・キットの良さを呟いてほしいね。


| | コメント (2)

隙間産業市場独占

なんてことない、超ハイレスポンス・キットのこと。

後付けエンジンバランサーなんで世界中で超ハイレスポンス・キット以外に何処にもない。

特許申請中だから、20年は真似できない。

つまり、 ライバルいない市場を独占状態。

あとは、購入してくれた人のSNSでのレビューと口コミですね。

ピーキーステップ製品化したい、無音マフラーも作りたい。

音速排気のマフラーも。

俺はメカニックじゃない。

俺よりバイク弄れる人は星の数ほどいる。

俺はバイクパーツの発明家だ。


| | コメント (0)

呆れた。(-_-;)

スーパーカブ110のピーキーレバーで、他車用のナックルガードと干渉するからレバーを作り直せって言うから、作り直すから送れと言うと、「こちらには非はないという人とはいつまでも話が平行線なので妥協して諦める。私は47歳で勉強になった。(意訳)」だそうだ。

俺は52歳だよ。

ピーキーレバーを22年で何百本と作ったが、こんな訳の分からない人を久しぶりに見た。

余りにも勝手な言い分だから、「あなたの主張を例えると、日産GTRにポルシェのパーツを付けたから、お前の売ったGTR用のパーツが付かない。作り直せと言っている事と同じ。世間では通用しない。何ならSNSで、こんな風に言われたと皆に聞いてみたらいい。同意する人はいても極僅かだと思いますよ。」と返信したよ。

こちらは百歩譲って作り直すと言っている。

自分で作り直せと言って、途中でビビるなよ。

精一杯誠意を尽くしてる対応で何が不満なのか?

呆れたよ。

| | コメント (0)

バージョンアップ

スーパーカブ110(JA10、JA44)、クロスカブ(JA10、JA45)用のバランサー・カムスプロケットの在庫が残り少ない。

製作を機械屋さんに依頼したら、ホンダの純正部品の在庫が少ないとか。

最悪、グロム用のバランサー・カムスプロケットに流用することになるかも知れない。

流用と言っても、回転時のバランスはグロム用の方が上。

つまり、性能はバージョンアップされる。

できれば、今までのバランサー・カムスプロケットを使いたい。

何故かと言うと、圧縮上死点の合わせマークの表示が違うからトラブルになる可能性もゼロではないからだ。

JA10、JA44、JA45用カムスプロケットは、センターのボルト穴の左右両側にある穴を基準に合わせる。

グロム用カムスプロケットは、カムスプロケット上部にあるOマークで合わせる。

エンジン弄りの得意な人なら問題ないが、購入者が全てそうだとは限らない。

おまけに価格も300円高くなる。

ちょっと様子を見よう。

追記。

よく見たらグロム用カムスプロケットにもセンターのボルト穴に左右両側に穴がある。

問題ない。

どうしようかなぁ。

| | コメント (0)

2019年6月10日 (月)

神経痛

俺は遺伝で首の骨が神経を狭めている部分がある。

そこをモトクロスの硬いギャップを柔らかいサスペンションで攻めたもんだから、神経を痛めたみたい。

痛くて鎮痛剤が効きやしない。

置き鍼(刺しっぱなしの鍼)で何とか我慢してます。

モトクロス練習もしばらく止めてる。

そろそろCRF125Fのガタガタになったホイールリムを交換しないとなぁ。

本当は自宅庭の草刈りもしたいのだが、仕事を終えると体がキツくてやれない。

家庭菜園もやらないといけないのになぁ。

何にもできん。orz 

 

| | コメント (0)

逆恨みは嫌なので

昨日のピーキーレバーのクレームの件ですが、逆恨みされるのも嫌なので無料で再加工することにした。

普通郵便でレバーと返信用切手2枚入れて送ってくれと回答したよ。

最高のピーキーレバーは、一見ノーマルの変わらない様に見える仕様。

それを、「時間を無駄にした。」とか、「これからの手間が大変。」とか、言われたら頭に来る。

しかも、「これはクレームではありません。」って。

それはクレームじゃない、いちゃもんです。

クレームとは、苦情であり、製品に不備があった場合の話。

他車流用のナックルガードをつけて、それにぶつかるから、しかもナックルガードが内側に寄っててぶつかるとかは、「それはお門違いでしょ。」ってレベル。

そちらの事情に合わせて作り直せなんて不本意だが、ちょっとあれな人なんで作り直します。

でもね、要求通り作るとフルブレーキングでレバー先端がグリップに接触するんだよね。

あとは知らん。

| | コメント (0)

2019年6月 9日 (日)

懐かしい話。

今から30年以上前、高校生の頃にバイク無免許運転で捕まった。

2週間の停学。

校長先生から、「君はモトクロスもやっているそうだが・・・」と言われ、「俺は将来、バイクで飯を食うのか夢なんだ!」と逆ギレ。

それから2週間、高校に行き、校長室で反省文を書く毎日。

今、小遣い稼ぎ程度だがバイクパーツを独自に開発して販売している。

夢はまだ続いている。

今日、ピーキーレバーのクレームがあった。

ホンダのスーパーカブ110(JA10)のピーキーレバー。

人によってはノーマルレバーと同じ角度にレバーが曲がってないと握り込めないから、くびれ(レバーの根本折れ防止)部分の曲がり過ぎに注意してレバーの曲がりはノーマルレバーと同じ角度で握り部のみ凸状に変更。

加工の方法も傷がつかない様に20年掛けて考えた方法。(作業時間も超短縮)

完成品はノーマルレバーと見た目が分からない。

お客様のクレームは、「加工されてない。手間と時間の無駄だった。」でした。

こちらは、「実際に取り付けて使ってみましたか?」と言うと。「取り付けてない。加工されている様に見えない。」

実際に取り付けて使ってみてくださいと回答してから返事がありません。

無事解決?

追記。

どうやら加工されているのは理解したようだが、「他車流用のナックルガードとぶつかって取り付けられない。」とか。

へっ、ノーマルレバーと見分けがつかない出来なんだよね。

それ俺のせい?

 

 

 

顰蹙覚悟で書くが、無免許運転は祖父が警察署長に頼んでノーカウントにしていました。(俺が知らない内に)

戦争中、この警察署長の命を助けたそうです。

祖父は、一兵卒で金鵄勲章も貰った英雄でした。

終戦時に中国人スパイから「アメリカがあなたを裁判に掛けて死刑にするという情報が入った。」と言われ、その中国人スパイの手引きで中国国内を10年逃げていた。

俺にはただの孫バカ爺でしたが。

| | コメント (0)

2019年6月 8日 (土)

新型バランサー・フライホイールは時間が必要です。

超絶ハイレスポンス・キット開発に向けて、純正フライホイールに穴開け加工を施しました。

しかし、純正フライホイールを冷静にじっくりと見ると、まだまだやれそうなことがあるようです。

販売するとなると、3万円前後の価格になりそう。

そうなると、安くはないので、再度バージョンアップはやりたくない。

販売時が最高で最後の製品にしたい。

となると、この後で試作のフライホイールを幾つも作って何度もテストする必要があります。

下手すると数年掛かるかも…

今、機械屋さんに、「こんな感じに加工は可能でしょうか?」と問い合わせしています。

まずは、今回作ったフライホイールをテストですね。

若美モトクロスパークで、新型バランサー・フライホイールの装着前と装着後でラップタイムを比較しないと。

吸気系チューンナップしてからラップタイムの計測をやってないので。

腰を据えて最高の物を作ります。

「もう、これ以上は無理。」と判断した時が売り時になりますね。

はぁ~、難儀だなぁ。(*´Д`)

| | コメント (0)

ボール盤買おうかな。

昼にバイク屋さんのボール盤をお借りして、CRF125Fのフライホイールを穴開け加工。

結構、作業時間が掛かった。

フライスならあっという間に穴開けできるんだろうが、ボール盤だと徐々にドリルの径を太くしないと穴開けの位置がずれちゃう。

20分くらい掛かったかなぁ。

ドリルの刃も結構キテるやつだったから、穴の仕上げが荒れてた。orz 

自分でボール盤買って、新品ドリル刃で作ったら幾らかマシか。

バイク車庫作って作業スペース広くしないとなぁ。

それとも機械屋さんに作ってもらおうか。

悩む。 

| | コメント (0)

新型バランサー・フライホイールで悩む

平社員さん、コメントありがとうございます。

超絶ハイレスポンス・キットの次は決まってます。

ハイレスポンス・キット→超ハイレスポンス・キット→超絶ハイレスポンス・キットと来たら、お次は『超抜(超抜群エンジンの略。)ハイレスポンス・キット』ですよ。(笑)

 

 

 

 

どこまでやって止めるか。

これがチューンナップでは難しい。

特に製品化して市場に出すとなると、やり過ぎってのが困る。

扱い難くなったり、変な癖が出たり、壊れ易いのは話にならない。

理想を追求しつつ、納得のいくレベルを探す。

何事もバランスが大事。

以前に公道メインのチューンナップは余裕が必要と言ったことがある。

公道でカリカリなチューンナップは、『百害あって一利なし』だと。

今回の新型バランサー・フライホイール(純正フライホイール穴開け加工)はそこら辺に注意した。

乗って楽しく、気持ちいいのが一番だもの。

バイクはね、コカ・コーラみたいに、「スカッとさわやか。」であれ。

麻薬にもなるけど、金は掛かるし、最期に地獄を見るのは勘弁。

俺が少年の頃からの口癖は、「今に凄いバイクを作ってやる!」だった。

しかし、何を凄くするかは漠然としていた。

今だからこそ言える。

あれは、「凄く気持ちいいバイク。」のことだったと。

本日、フライホイールの穴開け加工をします。

もっと気持ちよくなれば良いなぁ。

上手くいったら、WAVE110iやWAVE110AT、ダカール(F650GS)にもやろう。

| | コメント (0)

2019年6月 7日 (金)

明日、穴開け加工します。

ブラドルさん、コメントありがとうございます。

お久しぶりですね。

とりあえず、実際に1個作って、上手くいったら販売も考えます。

期待せずに待っててください。

 

 

 

 

CRF125Fに装着した超ハイレスポンス・キット(来月発売予定)を更に進化させた超絶ハイレスポンス・キットにするために、純正フライホイールを穴開け加工します。

穴の位置を均等にして回転時にバランスが崩れない様に、位置決めの定規を作り、穴を開ける場所にポンチを打ちました。

俺はドリルは持ってますが卓上ボール盤はないので、バイク屋さんとこのボール盤をお借りします。

実際に走ってみて大成功なら、お次はスーパーカブ110用の位置決め定規を作って、フライホイールを穴開け加工して実際にテスト走行します。

欲しい方もいますんで。

| | コメント (1)

加工用定規作らなきゃ

超絶ハイレスポンス・キット開発の為にCRF125Fの純正フライホイールに穴開け加工するんだけど、位置決め用の定規を先に作らなきゃいけない。

ホームセンターで金属ステーを買って、寸法出してから定規に改造する。

回転するものだからバランス良く穴を配置しないと。

穴開け加工はまず自分でやって、売れるなら機械屋さんに製作を依頼かなぁ。

自分でやると価格は抑えられるけど、まずは作ってみてからだな。 

| | コメント (0)

カイジごっこ

昨晩の話。

カイジが地下施設で働いて、一日の労働で得られる賃金をその日のうちに缶ビールと焼き鳥などで浪費してしまうシーンの真似をしてみようと思った。

焼き鳥やポテチは晩酌でよく食べるから、ちょっとだけ豪華にしてみよう。

ファミリーマートに行きアサヒのスーパードライ(普段は格安第3のビール)とコーラとファミチキを2個を買い、マックでビックマックとLサイズのポテトフライをそれぞれ単品で買う。

ファミチキが温かい内に自宅に急ぎ、カイジごっこ開始。

缶ビールを開け、両手で持って飲む。

「かぁー、キンキンに冷えてやがるぅ~!まさに悪魔的。」

これが言いたかった。

夢中でビックマックやファミチキを食べる俺。

最期のポテトフライをたいらげ、物足りないと感じてストックのスーパーカップMAX(とんこつ)を食す。

あ~、大満足。

豪遊!豪遊!だが、それでいい!(カイジネタ。)

これで豪遊なんてエコな話だ。

| | コメント (0)

かぁー、俺幾つだよ。

今公開中の映画『ゴジラ キングオブモンスターズ』を観に行く時に、スーパーからクルマが出てきた。

その日はダカール(F650GS)で移動。

通常、片側2車線の国道の場合は走ってくるクルマを見て、本車線か追い越し車線のどちらに出るか判断するがそのクルマは全く確認をしていない。

追い越し車線を走る俺の前に出てきた。

俺はブレーンキングで速度を落として本車線にかわし、すぐにウィリー状態でフル加速してそのクルマを追い越しながら追い越し車線に戻った。

フロントを落とすと同時にアクセルを離し、後ろを振り返りながら右手で中指を立ててファックユー。

ビビッて減速するクルマ。

その後、俺から離れてゆく。

相手の様子を見て落ち着くと同時に、「かぁー、俺(歳)幾つだよ。」と恥ずかしくなった。

若い頃ならいざ知らず、とても50を過ぎた人間の行動ではない。

まだまだ青いな俺も…

| | コメント (0)

2019年6月 6日 (木)

蒼井優さんが山里さんと結婚した訳

ハロプロのアイドルグループ『アンジュルム』の大ファンという蒼井優さん。

同じくハロプロマニアの山里さんと結婚してマスコミは、「アンジュルム婚」と報道した。

一年くらい前に、蒼井優さんがアンジュルムのシングル曲『タデ食う虫もLike it!』に合わせてダンスを踊る動画を発表。

本家よりもキレキレのダンスが笑う。

この曲の歌詞を見ると山里さんとの結婚について全て合点がゆく。

芸能界で恋多き女として知られた蒼井優さんだが、歴代彼氏の中で唯一仲間と認めたのが山里さんだったんだと思う。

テレビ番組で同じ俳優達に趣味を聞かれ、「アンジュルム!」と答えたらドン引きされてしまい、「あと、編み物です。」とすぐに訂正した蒼井優さん。

それだけ、芸能界で成人した女性がアイドルグループの大ファンということが異質に思われることなんだと感じたはずだ。

そうなると、山里さんの存在はかなり大きくなる。

お二人さん、御結婚おめでとうございます。

| | コメント (0)

超絶ハイレスポンス・キット

実は悩んでいます。

超ハイレスポンス・キットに加工したフライホイールをアップデート用パーツにすると、更にハイレスポンス・キットになります。

しかし、このアップデート用パーツの価格は軽く2万円オーバーになる。(純正フライホイール代+加工代+利益)

誰も買わないだろうなぁ。

もしも販売するとなると超絶ハイレスポンス・キットだな。(笑)

XR100Rでこのフライホイール加工の効果は分かっている。

完全にレーサーエンジン。

だけど値段が…

あくまでオプション設定で用意だけしておくとか。

う~ん。

| | コメント (1)

2019年6月 5日 (水)

長年勘違い

映画『リング』『貞子』のテーマ曲の出だしが、「来~る、きっと来る~♪」と思っていた。

ダウンロードして、よく聴いたら、「う~ぅ、きっと来る~♪」だった。

長年勘違いしてました。orz 

恥ずかしい。

| | コメント (0)

在庫を増やす。

ヤフオクで俺が販売している超ハイレスポンス・キット。

儲けは小遣い稼ぎ程度だが、予想よりも売れ行きが良いので在庫を増やすことにした。

「一部パーツの在庫により郵送は○日後に予定しています。」

せっかく購入していただいた方を待たせるのは忍びない。

昨日はバランサー・フライホイールのウェイトとクランク内圧調整バルブのトラブル防止用の延長ホースが欠品。

バランサーフライホイールのアップデート用パーツも残りが少ない。

注文はしてあるが、届くのは今日か明日。

超ハイレスポンス・キットはこれまでにないエンジンの振動を軽減すると共にパワーアップするという常識を覆す新発明。(実用新案取得、特許出願中。)

いわゆる奇跡の製品化。

奇跡だなんて大袈裟なと思うかも知れないがマジです。

通常のエンジンバランサーは出力ロスがつきものですからね。

ドカティのバランサーに同じ効果の物がありますが、消えたところを見ると日本人発明家との特許訴訟で負けたみたいです。

俺が開発したバランサー・フライホイールはそのバランサーを更に単純化した物で、後から簡単に装着できます。

只今、バランサー・フライホイールはまた改良を加えて性能を上げます。

レースで得た経験を公道を走るバイクに反映する。

これが俺のオリジナルブランド『peaky_parts』のモットーです。

元々はストリートバトルからですが。

東北のカブ乗りヤバいから。

「排気量でかいからなんだっつうんだよ。」

「ロードバイク乗ってて俺より速く走れんの?」

「ドヤ顔は俺に勝ってからしろ!」

こんなのが身近にいっぱい。

最近は大人しくなったけどね。

| | コメント (0)

2019年6月 4日 (火)

超バランサー・フライホイール製作開始

YouTube動画でニコラ・テスラの宇宙の法則を観ている時に、新しいバランサー・フライホイールのアイデアが浮かんだ。

今回はフライホイール自体に加工する仕様。

CRF125Fの純正フライホイールは13000円くらい。

加工は自分でやるか考え中。

旧バランサー・フライホイールは、フライホイールを重くして速く回転させて振動の軽減と回転エネルギーを得る。

現バランサー・フライホイールは、フライホイールの重さはノーマルと同程度だが、もっともっと速く回転させて、更に振動の軽減と回転エネルギーを得る。

新バランサー・フライホイールは、フライホイールを軽くして、もっともっともっと速く回転させて、更に振動の軽減と回転エネルギーを得る。

エンジンのフィーリングは、よりシャープに。

まぁ、作ってから色々試して一番良い仕様を発見してみせます。

かなり良かったら、アップデート用パーツで販売するかな。

値段は高くなるけど。(笑)

| | コメント (0)

記念パーティー

昨夜は秋田県庁検閲裁判上告棄却記念パーティーで、お一人様すき焼きパーティーを開催。

望まぬ結果に動揺しないのが人間の強さです。

今月末には日本弁護士連合会との裁判の判決があります。

裁判で嘘八百の弁護士(湊貴美男弁護士、秋田県法テラス所長)の嘘がバレて俺が勝訴し、その嘘つき弁護士を秋田弁護士会に懲戒請求したら、「懲戒請求者(俺)の主張する不正は無かった。」の擁護して請求を棄却。

日本弁護士連合会に異議申し立てしたら、「秋田弁護士会の判断に誤りなし。」とまたもや擁護。

秋田弁護士会には、「納得のいかない結果になったら、すぐに裁判な。」と言っていたので即裁判。

秋田地方裁判所は、何一つ自らの主張を証明する証拠を提出しない被告を無条件で勝たせた。

不思議なことに、秋田弁護士会が俺を説得(湊弁護士は正しいと)した時の内容と秋田地裁の判決がそっくりそのまま。

被告の答弁書及び準備書面に同じ内容の主張はなかった。

これで裁判長と秋田弁護士会との繋がりが発覚。

こちらは裁判所が発行した裁判記録や裁判で事実と認められた証拠があるにも関わらず、無条件で被告を勝たせたヒラメ裁判官(上ばかり見てる)の典型です。

そのわりにまだ地裁でくすぶってるけどな。

仙台高等裁判所秋田支部での第一回口頭弁論で、湊弁護士の様子がおかしかった。

妙に焦ってる。

俺が当日に提出した準備書面を読んで真っ青になってる。

仙台高裁では、秋田地裁とは違ってさすがに無条件で勝たせるとかはないのか?

まさかね、自分達の都合でどんなに恥ずかしいこともする裁判所だもの。

それは最高裁の判決で丸分かり。

元裁判官の弁護士が著書で、「裁判所に正義を求めると得られるのは絶望だけだ。」と言っている。

そう、昨夜のすき焼きパーティーはそれが証明された記念。

世の中の裏側を体験しました。


| | コメント (0)

2019年6月 2日 (日)

モトクロスを休んでおります。

ヨーヘイさん、コメントありがとうございます。

返事が遅れて申し訳ない。

実は、協和オートランドで練習とレースをしてからというもの、右肩と首筋に尋常ではない肩こりが発生し、首が回らなくなる始末です。

鎮痛剤と簡易針で痛みを誤魔化し、養生しております。

様子を見て、また練習を開始します。

体もポンコツになりました。orz 

フィジカルしないとなぁ。

| | コメント (0)

超バランサー・フライホイール

現在、バランサー・フライホイールは何度も改良を加えてフライホイールの回転を速くしています。

回転リミッターが無ければ簡単にエンジンが壊れるくらい回ります。

もしも、フライホイールを初めから設計できたなら、もっともっと速く回るフライホイールが作れます。

どうやったら作れるかなぁ。

これは特許は取らない。

俺だけの秘密だ。


| | コメント (0)

愛のある作品

昨晩、レイトショーで『ゴジラ キングオブモンスター』を観た。


ハリウッド版ゴジラで初めて製作者側からゴジラに対する敬意と愛を感じた。


日本人として嬉しかったよ。


原作レイプと呼ばれる作品が多いハリウッド作品で、これだけ日本に対する尊敬を前面に出した作品は珍しい。

 

 

| | コメント (0)

2019年6月 1日 (土)

バランサー・フライホイールについて

超ハイレスポンス・キット、本日も2セット出荷しました。

購入を考えている人からの質問を聴くと、バランサー・フライホイールについて勘違いしている人が多い気がします。

まぁ、今まで存在しなかった物だから理解を超えているのでしょう。

ハイレスポンス・キットでは、ノーマルフライホイールより重くしたフライホイールをノーマルフライホイールよりも速い回転で回転エネルギーを増加させていました。

超ハイレスポンス・キットでは、ノーマルフライホイールと同程度の重さに戻し、ハイレスポンス・キットよりも更に速い回転でフライホイールを回して、レスポンスの良さと加速力をアップさせています。

どんな方法かは、購入して確かめて見てください。

ボアアップしなくても、ボアアップと同程度の最高速と加速力。

コストはボアアップ・キットの3分の1。

乗り心地は何倍も良い。

こんなキット誰が作った?

俺だぁ!

| | コメント (0)

新作ゴジラ観に行くぞ!

最高裁の糞裁判官に上告を棄却された俺。

これで如何に司法に正義を求めることが無駄なことか理解できた。

でもね、極稀に正義感の強い裁判官もいることを知ってほしい。

まぁ、そういう裁判官は出世できないと思うが、腹をくくって判決を出してる人もいるんだよ。

てな訳で、気分直しに映画でも観に行くよ。

新作のゴジラ映画『ゴジラ キングオブモンスターズ』を。

ハリウッドゴジラは久しぶりです。

アメリカの映画評論家からは、「人間ドラマがない。」と酷評されたらしいが、怪獣映画に求められるものはそんなことじゃない。

空想の生き物が実際に存在するかの様に思わせるか。

全く読めない展開で観客をドキドキさせるかが大事。

現に映画評論家に酷評されて大ヒットした映画の多いこと。

ハードルを高くして観に行くとガッカリするかも知れないから、平常心で観るつもりです。

さて、久しぶりにダカールに乗って映画館へ。

| | コメント (0)

« 2019年5月 | トップページ | 2019年7月 »