« ボール盤買おうかな。 | トップページ | 懐かしい話。 »

2019年6月 8日 (土)

新型バランサー・フライホイールは時間が必要です。

超絶ハイレスポンス・キット開発に向けて、純正フライホイールに穴開け加工を施しました。

しかし、純正フライホイールを冷静にじっくりと見ると、まだまだやれそうなことがあるようです。

販売するとなると、3万円前後の価格になりそう。

そうなると、安くはないので、再度バージョンアップはやりたくない。

販売時が最高で最後の製品にしたい。

となると、この後で試作のフライホイールを幾つも作って何度もテストする必要があります。

下手すると数年掛かるかも…

今、機械屋さんに、「こんな感じに加工は可能でしょうか?」と問い合わせしています。

まずは、今回作ったフライホイールをテストですね。

若美モトクロスパークで、新型バランサー・フライホイールの装着前と装着後でラップタイムを比較しないと。

吸気系チューンナップしてからラップタイムの計測をやってないので。

腰を据えて最高の物を作ります。

「もう、これ以上は無理。」と判断した時が売り時になりますね。

はぁ~、難儀だなぁ。(*´Д`)

|

« ボール盤買おうかな。 | トップページ | 懐かしい話。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ボール盤買おうかな。 | トップページ | 懐かしい話。 »