« 嬉しい連絡 | トップページ | ホンダの草刈り機オイル交換 »

2019年6月18日 (火)

超抜エンジン・キット開発へ

独特な配置の穴開け加工を施したCRF125Fフライホイールが最もパフォーマンスを発揮する方法を考えています。

タングステン製ボルトやワッシャーはバカ高い。

なので現実的に販売は無理。

真鍮ボルトは強度は鉄の半分。

フライホイールのボルトの半数は鉄を使用しないとダメ。(逆に半分が鉄ボルトなら大丈夫だと確認済み。)

なのでフライホイールの軽量化で、超ハイレスポンス・キットのアップデート用パーツは不要になる。

超抜エンジン・キットの試作品では、アップデート用パーツの代わりにノーマルボルトを使用し、ウェイトが付くボルトをクロモリ製から真鍮製に変更する。

あくまでも試作品なので、モトクロスコースのラップタイム次第では別の方法もあり得る。

実際に試してナンボです。

スーパーカブ110等への反映できるかは、まだまだ不明です。

開発費でお金が掛かる。orz

|

« 嬉しい連絡 | トップページ | ホンダの草刈り機オイル交換 »

コメント

おはようございます。

被害はなかったですか?
大丈夫ですか?

投稿: エボル | 2019年6月19日 (水) 05時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 嬉しい連絡 | トップページ | ホンダの草刈り機オイル交換 »