« WAVE110iが怖い。 | トップページ | 設計図をメール。 »

2020年10月 3日 (土)

最終形バランサー・カムスプロケット設計図

今日一日頑張って、副業、本業でくたくたです。

ビールをスナック菓子で飲みながら、最終形バランサー・カムスプロケットの設計図を描く。

ノギスと分度器をカムスプロケットに当てながら、「こうでないとダメだな。」と一人ブツブツ言って書き終えた。

明日、パーツ製作をお願いしている業者さんにメールしておきます。

ウェイトには3㎜ボルト。

本数は6本。

ウェイト重量はボルトの種類で調整。

テストにはJA07エンジンのWAVE110iを使います。

なので、JA07用カムスプロケットから試作。

JA10以降のカムスプロケットには位置決めの爪の肉抜きがあるので、肉抜きの無いJA07カムスプロケットでウェイト重量を決定できたらJA10以降のカムスプロケットではカムシャフトとのバランスに余裕があります。(回転時のカムスプロケット側の慣性力が、カムシャフトの慣性力より大きくなると無意味になります。)

目指すはカムギアトレインに負けないバルブ制御です。

 

|

« WAVE110iが怖い。 | トップページ | 設計図をメール。 »

コメント

カムスプロケットに穴開けてのボルトでウェイトの代わりって事は、中心から外側に向けて同心円上に3箇所位に穴開けてウェイトの調整代を作っておくってのも面白そうw。

投稿: 平社員 | 2020年10月 4日 (日) 00時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« WAVE110iが怖い。 | トップページ | 設計図をメール。 »