2017年3月11日 (土)

原作超えてね?

「どうしてこうなったぁー!」

幼女戦記の主人公ターナ・デグレチャフの口癖である。

第9話を見て、「これって、原作超えてね?」と思ったよ。

原作は読んでないが、原作を読んだ人のレビューなんか見てると、アニメが原作の上を行ってる様な気がするんだよね。

第9話なんか、V 1ロケット(ミサイル)だよ、桜花(人間ミサイル)だよ、神風特攻隊だよ。

有人ロケットで敵の中枢に飛んでいって、一気に攻撃してこいなんて日本人しか考えないだろ。

アニメでこれ、やっちゃう?

毎回見る度に、視聴者の斜め上のストーリーを展開する幼女戦記。

日本人に戦争映画作らせたら、フリッツ・ラングも真っ青だよ。

(※フリッツラング ナチスドイツのプロパガンダ映画製作監督。後にアメリカに亡命。大正時代に『メトロポリス』というSF映画を製作したことで有名。ちなみにアメリカに亡命した際に、奥さんをドイツに置いていった。置いてきぼりにされた奥さんは、フリッツ・ラングの代わりにプロパガンダ映画を製作する。)

日本のアニメが世界一なのは理解しているが、それでも驚く事ばかりの幼女戦記は凄い。

これ、ラストはどう収拾つけるのか楽しみだね。

間違っても、『くまみこ』みたいなマッチポンプなラストにはしないでもらいたい。

あれは酷い。

新婚夫婦の嫁の浮気ぐらい酷かった。

今までやってきたことを最後に台無しにするクレイジーさは評価するが。

| | コメント (0)

2017年2月27日 (月)

幼女戦記ってさ、

幼女戦記のエンディング曲をダウンロードして、その歌詞を知ってビックリ!

こんなの聴いて喜んでた俺は平和ボケだ。

アニメも回を重ねる度に戦闘シーンが激しくなる。

これ、戦争だから敵味方お互いに殺し合うのを観てる訳だよね。

観ていて楽しいが、なんか人間としてこれで良いのかって疑問が出てくる。

あれだよ、レイプ物のAV ビデオ観てる時と似ていて、本能と倫理観がせめぎ合う。

まぁね、俺はレイプ物のAV 観たからって実際にやろうなんて全然思わない。(これ観て本当にやろうと思うのは、朝鮮人と同レベルだ。)

でも、世の男性がレイプ物のビデオを観て興奮するのは、悲しいことに性的本能が存在するから。

幼女戦記を観た時も、闘争本能と倫理観がせめぎ合う。

「あくまでアニメ(絵空事)だから。」って、頭の中で解決させる必要があるね。

人間は、良いことも悪いこともするから人間。

でも、現実の戦争はまっぴらゴメンです。

平和ボケできる日本万歳!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月25日 (土)

鬼畜の歌

そろそろ、本業の準備と裁判の準備しないとな。

来週月曜辺りに、裁判所から被告の嘘と捏造満載で書かれた準備書面が送られてくるだろう。

もう、どんな嘘が書かれても動揺しません。

こちらには証拠と裁判で被告の嘘を証明した実績がありますから。

ここからが本題。

昨日の深夜にアニメ『幼女戦記』を見た。

ふと、幼女戦記のエンディング曲がau のLISMOで販売されてないかなと調べてみる。

ありました。

すかさずダウンロード。

とりあえず1回フルコースで聴いてみよう。

おっ、どうせ聴くなら歌詞の内容もチェックだ。

つー訳で、歌詞を見ながらエンディング曲を聴く。

ドン引きした。

なんだ、この鬼畜な内容の歌詞は。orz

こんなんで喜んでた俺は平和ボケだ。

この曲は、きっと鬼が作詞したに違いない。

そうでなければ大作家だよ。

なんていうかな、曲はホップだが歌詞の内容はサイコパスを描いてる。

とっても、「うわぁ~」な曲でした。

歌が早口なんで、歌詞の意味が頭の中に入ってこなかったから良かったけど、これで喜んでたんだから完全に平和ボケですね。

それだけ日本は平和なんだなぁ~。

日本は頭の良い人が多くて、第二次世界大戦になる前に、いずれ戦争は人間同士でやるのではなく機械と機械が戦う時代が来ると考えられていた。

肉弾戦なんて現代の戦闘において最低の手段だと。

そう考えいた人間は戦争を止めさせる為に2・26事件を起こして日本軍から消えた。

今現在、この人達が思い描いた戦争を躍起になって先進国が軍事開発している。

敵の居場所はドローンが探査、安全な所でスイッチポン、離れた敵がドカーン!

鉄砲の残った弾丸を気にしつつ突撃なんて、今の戦争ではない。

ちなみに武田鉄矢さんの鉄矢って、戦争に行ったお父さんが南方で武器の補給が少ないことに苦しんだから、せめて息子の時代には鉄砲の弾に困らない様にという願いを込めて『鉄矢(鉄砲の弾)』と名付けたそうだ。

頭の良い軍人が戦争を阻止しようとして、残った頭の悪い軍人がその様な事態を招いた。

やっぱり戦争はやってはいけない。

しかし、最近そう言ってられない風潮が出てきた。

これは全て韓国のバカ野郎のせい。

一応同盟国なのに、背中から撃たれてる気分にさせてくれる韓国が軍事増強の必要性を考えさせるのだ。

この『幼女戦記』というアニメがこれほど受け入れられるのも平和な時代が続いたことと、同盟国で隣国の韓国が色々やらかしてくれていることが原因。

日本が飛ぶ鳥を落とす様なバブル時代なら絶対に受け入れられなかったと思う。

今の日本じゃ、北朝鮮よりも韓国の方が敵に思えるからな。

もしも、韓国と戦争になったら、このアニメ『幼女戦記』のエンディング曲が兵士達の間で歌かれることだろう。

徹底的、貫徹、粉砕を合言葉に。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月 9日 (木)

ディズニーアニメ『モアナと伝説の海』笑った!

ディズニーアニメの新作『モアナと伝説の海』がビックリだ。

何がビックリって、主人公の少女モアナに声優がそっくり過ぎ。

そのままじゃん。

湘南爆走族の主人公・江口洋助を俳優の江口洋介さんがやるみたいなインパクト。

今後が楽しみです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月 8日 (水)

嬉ぴ~。

水曜日はLISMOの最新アニメ主題歌の更新日。

待ちに待ったアニメ『幼女戦記』のオーブニング曲『jingo jungle』が販売されました。

嬉々としてダウンロード。

なんと、3分55秒もあった。

また聴いてない歌詞が嬉しい。

さて、バカみたいにリピートして聴き込むかぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月 4日 (土)

映画化するだろな。

今朝もアニメ『幼女戦記』を朝から6回も観ています。

なんだろうな、この面白さは。

原作の小説は知らんが、コミックスは既に100万部数の売上げを突破したとか。

俺も本屋に買いに行ったら 、最新刊の3巻はあったが1巻と2巻は売り切れだそうだ。

今朝観た第5話は、かなり力が入っていたみたいでオープニングとエンディングの曲なし。

途切れなく主人公が指揮する部隊がどの様にして結成され、初陣を飾ったかが描かれている。

闇夜に光る主人公の青い瞳が怖いくらいに美しい。

俺は言いたい。

アニメ『幼女戦記』はアニメ界のマッドマックスだ。

おそらく、遅かれ早かれ劇場映画化されると思う。

そして、世界中の人が怯え出す。

「日本は軍国主義になろうとしているのか?」

これは社会現象にまでなるかも。

余計な心配かも知れんが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月29日 (日)

幼女戦記における神論

今期のアニメで何が面白いって、やっぱり『幼女戦記』でしょ。

他の作品が面白くないって訳ではなく、幼女戦記の面白さってのは、ブラックユーモアつまり皮肉が利いてる。

毎週必ず最後にオチをつけるのもそうだ。

アニメ動画サイトで毎週必ず最低3回は見てますよ。

この作品を見てると気になるのが神の存在。

作品中では、『存在X』と主人公は呼んでいる。

現代日本から、その存在Xに不要と判断され、死と転生を提供されることとなった主人公。

死ぬ前は、自分が他人の運命(リストラ)を握る存在だったのに。

この作品には、3つのキーワードがある。

それは、神を信じる者、信じない者、そして神を恨む者。

主人公は神を信じない人間であったが、死によって神を恨む者となった。

作品中にマッドサイエンティスト(狂った科学者)が登場する。

このマッドサイエンティストは、神を信じない者であった。

それが主人公 に神の存在を信じさせる(信仰させる)為に、マッドサイエンティストに奇跡を起こさせるのだ。

使えない技術に奇跡を起こすことによって、マッドサイエンティストは神を信じ、主人公は神を恨みながらも神にすがる(信仰する)しかなくなってしまった。

己の理論が現実には成功せずに苦しむマッドサイエンティスト。

そのマッドサイエンティストが何故に神を信じる様になったのか?

簡単なことさ、『困った時の神頼み』ならぬ、困った時の奇跡を体験したからだ。

何を俺が言いたいかと言うと、


「神の存在をあれだけ感じながら信仰しない主人公のひねくれ方が凄い。」

これ。

神、特にキリスト教の人なら奇跡を体感し、神の存在を感じられることは最大の喜びなのにな。

主人公はバチ当りこの上ない。

主人公の声をやってる声優もハイレベルなのが、すぐに分かるし、何とも凄い作品です。

俺も奇跡を感じたいわぁ。

久々に。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月14日 (土)

そうきたか。

先週から始まったアニメ『幼女戦記』だが、あの超クールな主人公が如何にして生まれたかを二週目にして説明された。

そうか、そうきたか。

見掛けは子供、頭脳は大人の名探偵コナンですか。

しかも、性別も違うし。

まさか、二週目でこうもキッパリ説明されるとは思わなかった。

最初から結構嫌な奴だったのね。

でも、人間の能力的には憧れる部分もある。

俺、自分を計算する行為は嫌いじゃないのよ。

ショッキングな作品内容を何度でも堪能しよう。

もしかして、毎週必ず作品の終わりにオチを付けるのかな?

皮肉が利いてて笑えますねぇ。

反抗的で素敵だ。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月11日 (水)

あーっ、分かるわぁ。

今年のアニメは気合いが入ってるわー。

鬼平は時代劇を真面目にアニメして時代劇の世界を拡げたし、昭和元禄落語心中-助六再び篇は声優が慣れてきて抜群の安定感。

でも、俺の一番のお気に入りは幼女戦記。

主人公の性格が見ていて気持ちいいのよ。

裏切りは、たとえ誰であろうが絶対に許さず、徹底的に処罰する。

反面、自分に従う者には細やかな気遣いをする。

そして、敵からも味方からも悪魔と呼ばれる。

これこれ、こんなのがクールでカッコいい。

進撃の巨人でもいたでしよ、髪型ツーブロックのやたら強い奴が。

何かねぇ、退屈してると幼女戦記を何度も見てスッキリする俺がいます。

別に俺はロリコンではないので勘違いしないでね。

タイトルに騙されない様に。

どうしたらこんな人間ができたのか?(ストーリー的な意味で。)

是非とも原作者の考えが知りたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月27日 (日)

千葉繁という人物

千葉繁というマルチな俳優。

声優としてと大活躍で、古くは『うる星やつら』のメガネ役、最近ではアニメ『彼岸島X 』でナレーションから主役脇役全部一人でやってる。(アニメ『北斗の拳』の次回予告のナレーションは有名。)

この人を初めて知ったのは押井守監督の映画『赤い眼鏡』で重火器を装備する特殊警察のメンバー役だった。

シリアスとギャグが交互に襲ってくる、「何なんだこの映画は。」状態。

今では押井節と言われる作風です。

全体がシリアスだけで終わる作品は世界的に評価が高く、国内向けの作品は相変わらず押井節。

押井作品に多数出演しているのが千葉繁さん。

機動警察パトレイバーでは、アニメビデオ、テレビアニメでは声優として、その続編の実写映画では俳優として連続出演している。

結局何が言いたいかというと、俺が大ファンってことです。

パトレイバーで白い整備服(白いツナギ)に竜のスカジャンがメチャメチャ渋いッス。

来年は白のツナギにスカジャンでタイカブに乗ろう。

千葉シゲオ(千葉繁さんの役名)レプリカです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧