2018年10月16日 (火)

エボルさんへ

エボルさんへ。(何回目のタイトルだろ?)
コメントありがとうございます。
紹介してもらった事件は交通事故からの刑事事件になってるので、警察の要請で検察庁が動いてます。
ところが、日本弁護士連合会を相手に俺が起こした裁判は、法曹界(裁判官、検察官、弁護士の世界。)では、非常に面倒な事件であり、俺は非常に面倒な人間となります。
法曹界では、裁判での虚偽や捏造があっても、裁判が終結したら責任を問わないのが常識になっている。
なので、たとえ証言台で嘘の証言をしても、特に後から処分はしません。
嘘はつきませんと宣誓はしますが形式化しているだけですね。
罰則は法律で存在してますが。
言ったもん勝ち、やったもん勝ちの現状です。
そういうのがあるから、「終わったことに、文句は言わない。」というおかしな常識ができている。(間違った常識に宣戦布告!)
湊弁護士が法廷で行った架空の情報公開システムを捏造したことに対しての懲戒請求をしても懲戒処分はしないことは分かってました。
秋田県弁護士会の審尋(聞き取り調査)で呼ばれた時に、「ここ(秋田県弁護士会)では、どれだけ湊弁護士が重要な人物か知らんが、単に擁護するようなら民事裁判で戦うからな。」と予め宣言しています。
法廷では、湊弁護士の架空の情報公開システムを捏造したことがバレて、それが証拠となり、被告証人・岩出翔太も、「その様な情報公開システムは存在しない。」と認めています。
全ての嘘がバレた。
それを後から問題にして裁判するということが、法曹界の人間にとってどれだけ危険な行為か。
まぁ、危ないからやってみてる。
普通の奴はやらないし、できないと思うからやってみました。
裁判官は中立ではありません。
中立なのは裁判所と利害関係がない場合のみ。
所詮は人間のやることです。
とんでもない理屈をつけて湊弁護士と日本弁護士連合会を擁護するでしょう。
でも、最高裁ともなれば歪な判決はできなくなる。
これが俺の狙いです。
どうせ一度の人生だ。
色恋沙汰以外は欲望のままに生きると決めてますから。
無頼はいつでもフリーダムです。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

コメントをくれた皆さまへ

コメントをくれた皆さま、ありがとうございます。
高齢になると、運動した二日目の筋肉痛が酷くて鎮痛剤が効いてるのか分からなくなりますね。(雨が降ったので仕事を休んで、うんうん唸りながら寝ています。パソコン見ながら。)
桜華さん、軽量フライホイールは公道向きではないですね。
でも、あの程度のレスポンスならバランサー・フライホイールでどうとでもできます。
門前で俺のダカールを見た?
その時、最高速アタックしてたから時速100マイルくらいで走ってますよ。
シングルエンジンでそれだけ出れば十分です。
緑90さん、お久しぶりです。
お元気でしたか。
もし、この先、カブ110に乗り換えすることがあったら、peaky_partsの商品を買ってください。
別次元の快適さがお手元に届きます。
スカット125ccボアアップキットの情報ありがとうございました。
助かりました。m(__)m

| | コメント (1) | トラックバック (0)

バーカ!

男鹿ノベコさんという方が、わざわざ生贄になりにきたようです。(暇してたから嬉しいな。)
えっ、なんだって?
『爆走(笑)ごぼう抜き(笑)交通法規も守れない人が裁判とか、チャンチャラおかしい(笑)』ですかぁ?
裁判官がよく使う言葉ですが、「それが本件裁判と一体何の関係性があるのですか?」の一言で終わりだよ、アホ。
民事裁判は証拠が大事。
あとは裁判官がどれだけ中立に務めようとするか。
刑事裁判と一緒にすんなタコ。
人物がどうとか、関係ねぇから。
人物どうのこうので勝てるなら弁護士要らねぇっつーの。
それとな、俺、秋田県庁と裁判して一度勝ってるから。
相手が秋田県庁だから大変なだけ。
知らねぇから教えてやるが、秋田の裁判で秋田県庁の力は絶大だ。
あっ、秋田の新聞もテレビやラジオも県庁批判のニュースはやらないから知らねぇか。
全国誌には秋田県庁の不正が連載で掲載されたのも、もちろん知らねぇよな。
交通法規ってのは、お巡りさんの取り締まる時に悪さするから違反になる。
悪いけど俺、ゴールド免許歴何十年だ。(一度、免許更新を忘れて青免許になったが、その後はゴールド免許だ。)
交通法規うんぬん言うなら、お前はゴールド免許なんだろ。
お前にその資格があることを祈るぜ。
バーカ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

身内に裁かせるとこうなる。

俺が今月に提訴した事件は、秋田県庁の情報公開請求に対する損害賠償請求で、架空の情報公開システムを捏造した被告代理人・湊弁護士を秋田県弁護士会及び日本弁護士連合会に懲戒請求したが、秋田県庁が裁判で敗訴したことで湊弁護士の捏造が明らかになっているにも関わらず懲戒請求を棄却したことに対する損害賠償請求です。
日本弁護士連合会の綱紀委員会なんて、身内に審議させるシステム時点で予定調和の茶番です。
でもね、そんな日本弁護士連合会でも、ちゃんと懲戒処分にする時がある。
ひとつは、日本弁護士連合会の会費を払わない時。
もう一つは、犯罪を起こした時。
今日のニュースで、依頼人の夫の浮気相手に対して弁護士が恐喝したのに、懲戒処分が甘々って事件。
これ、身内に甘い公務員でもクビ(懲戒解雇)です。
それが、たった1ヶ月の営業停止。
流石は日本弁護士連合会。
ペテン師集団だけあるわ。
誰もこんなデタラメな奴らを戒めない。
俺は違うけどな。
自分を甘く見る奴はとことん後悔させるのが俺のスタイル。
ちなみに俺と湊弁護士&日本弁護士連合会の裁判で第1回口頭弁論は11月20日です。
5年ちかく行政訴訟をやって分かったが、裁判って裁判長のやる気次第です。
裁判官も長い物には巻かれます。
それでも中にはそうしない裁判官もいます。
すぐに転勤させられますけどね。(実話。)
やるせないなぁ~。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2018年10月15日 (月)

変なスイッチ

酷い筋肉痛と戦いながら、日が暮れてからも仕事をしてると変なスイッチが入る。

人間はキツい労働が続くと脳内麻薬が脳から放出される。

単純だが神経を使う作業が辛くなくなる。

むしろ気持ちよくなる。

そして、作業が終わると脳内麻薬は濃さを増す。

最高にハイになれる。

俺は幸せだと思える。

誰もいない真っ暗な工場で高笑いする俺。

ここからが全開だ。

思うがまま速度を出してラーメン屋にGO!

俺の運転するクルマ以外はただのパイロン。

ラーメン屋でみそネギラーメン大盛りにライス大盛りにニンニク付ける。

軽く完食。

ゲオに行って、新作ビデオをチェック。

おっ、俺の大好きなデス・レース4が出てる。

借りる。

地元のローソンまで爆走。

前の渋滞はごぼう抜き。

ローソンでビールとツマミを買って自宅へ。

ヤバい。

何がヤバいって、訳もなく楽しい。

アホです。

完全にアホになってます。

清原和博って気の毒だよな。

麻薬くらい自分で作れない奴って。

こんなに楽しいのに。

発明した時とか、簡単に俺はラリれる。

浮き沈みはあるが、これがあるから人生は楽しい。

筋肉痛もぶっ飛ぶぜ。

さて、ビールを飲んでビデオ鑑賞だ。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2018年10月12日 (金)

どの口が言う。

韓国で各国が合同で行う観艦式で韓国海軍がイ・スンシン将軍の旗を掲げたことが話題になっている。

以前にこのブログで書いたが、豊臣秀吉の命により朝鮮出兵をしたが、中国と朝鮮の連合軍と日本の侍達は先の見えない戦いに休戦協定を結んだ。

しかし、日本の侍達が帰る際に朝鮮軍が攻撃を開始。

怒った島津軍が朝鮮軍の将軍をバラバラにして殺して、朝鮮軍は大敗。

中国軍は、休戦協定を破った朝鮮軍を無視して傍観している。

目の前で次々と駆逐される朝鮮人。

その殺された将軍こそ、今回の観艦式で韓国海軍が旗を掲げたイ・スンシン。

つまり、卑怯者の糞野郎の旗です。

韓国の英雄は皆、惨めに殺されたり、処刑された奴ばかり。

何が、旭日旗が侵略の象徴だよ。

どの口が言う。

やはり、あの国には何一つしてやらず、自滅してもらう。

一切関わらなければ良いのだ。

何が英雄だよ。

卑怯な行いをして、惨めに殺されてるじゃん。

もう一度、日本は怒らせたら怖いと思い知らせる必要がある。

アジアやアフリカの人達を奴隷にしていた欧米諸国に対して、立ち向かったのは日本だけ。

しかも、勝ったことがあるのも日本だけ。

インドネシア独立の際には、旧日本軍が2000人も残って戦った。(半分の1000人が戦死。)

兵士として日本人は優秀。

それを奴等は忘れてる。

俺達だってやれたんだと言わんばかりに。

核兵器なんか問題にならないくらいの凄い兵器だって作れる。(脅しにしか使えない核兵器という意味。)

破壊力を抑えるくらいは楽勝だ。

戦争は金になる。

日本を本気にさせるな。

本気になるということは、余裕を無くすこと。

そこまでやる勇気がお前ら朝鮮人にあるのか?

できるものならやってみろ。

お前らの英雄みたいにバラバラにしてやるぜ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

裁判長の様子がおかしい。

日本弁護士連合会の代表者事項証明書をもらいに法務局に行ったら、日本弁護士連合会での登記がないとか。

裁判所にその旨を伝えて、どうするか聞いている。

なんかさぁ、裁判長がこの裁判をしたくないのが伝わってくるんだよね。

色々とあるのかは知らんけど。

訂正の件だって、今までなら法廷内で、「ここがおかしいから、こう直して良いですか?」で済んでたんだが。

さて、どうなりますか。

まぁ、裁判での虚偽を後から裁判して裁くなんて、法曹界では禁忌みたいだけど、俺には関係ねえから。

裁判所の民事部前の廊下で待機中です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

裁判所に行ってきま~す。

秋田地方裁判所から、湊弁護士と日本弁護士連合会を訴えた裁判の訴状の不備を訂正してください。
日本弁護士連合会の代表者事項証明書を1通、法務局からもらってきてください。
との連絡があった。
不備を訂正している時に、揚げ足を取られそうな一文を発見し、手直ししても誤解される可能性があることから、その一文は削除した。
日本弁護士連合会の弁護士には、そんなところを見せたら大変だ。
だって、ペテン師集団だもの。
「原告はこう考えている。」と強引に物語を勝手に作られかねない。
では、訂正を済ませたので、法務局に行ってから裁判所に行ってきま~す。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月11日 (木)

嬉し泣き

俺には心の師と呼ぶ人間が沢山いる。

その中の一人に料理研究家のケンタロウさんがいる。

首都高でハーレーに乗って高架下に転落し、全身麻痺になったケンタロウさん。

俺が自炊生活を送る際に、ケンタロウの著書にどれだけ勇気づけられたことか。

30歳を過ぎて自炊するなんて、想像もつかなかった。

そんな時にケンタロウさんの料理本は、本当に助けられた。

そのケンタロウさんが、自分で漕いで進む車イスを乗り、(コントロールは介護の人)外出する様になった。

泣くほど嬉しいです。

マジで泣きました。

自分のペースでリハビリ頑張ってください。

それしか言えない。

本当に嬉しい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

午後から

忙しくて行けなかった床屋へ。

「短くせずに、髪を軽くして。」とリクエスト。

スッキリしました。

午後からは、控訴した検閲裁判の準備書面を書きます。

内容は、『何故、秋田県庁は原告が知事宛に送った書籍を回収したかのか?』です。

理由は、禁忌と言える記事が公表されていることを知事に知られてはならないと回収し、所持して管理している。

いふりこき(秋田弁でいい格好しいのこと)の秋田県人である佐竹知事が、自分が首長である内に不正が行われる、それを隠すために情報公開をせず、情報公開に対する損害賠償裁判では、不正の事実を隠すために裁判でも不正を行い、それがバレて敗訴した。

それが全て記事として掲載されて全国に販売されたなんて、いふりこきの佐竹知事が知ったら爆怒りですよ。

だからこそ検閲して隠した。

これから書く準備書面には、掲載された記事が真実である証拠を付けて説明します。

証拠は、その秋田県庁が敗訴した裁判の裁判記録ですよ。

これほど重要な証拠はありません。

まぁ、仙台高等裁判所がどれくらいの聞く耳を持ってくれるかは分かりません。

俺的には、最高裁が勝負と思ってますから。

頑張ります!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧