2017年11月21日 (火)

横綱の暴行事件

日馬富士の暴行事件だが、現行犯なら留置所に勾留されるが、一時は加害者と被害者で無かったことの様にされたから逮捕とはならなかった。

警察も相手が横綱で、後ろに日本大相撲協会が控えてるから後援者の力と国民の反応を警戒して、事情聴取だけで終わらせている。

警察と検察に日本大相撲協会の方から色々と手が回ってると思うよ。

日本大相撲協会は、被害者・貴ノ岩の親方である貴乃花親方が場所中の管理責任者であったにも関わらず、協会に報告せずに被害届けを出したことを理由に、「監督不行き届きだった。」として責任を取らせる意向だ。

これさ、単なる報復でしょ。

協会に報告したら握り潰されるのがオチだよね。

だから、被害届けを出してから報告した。

相撲人気が盛り上がりを見せてるから、横綱の不法を許して、それがまたバレたら国民の相撲に対する不信感は過去最悪になる。

貴乃花親方の目指すのは、大相撲の健全化。

八百長しない、弟子をリンチで殺さない、暴力を振らない、酒飲んで暴れない、これ当たり前のことよ。

横綱はもっと自分に厳しくあれ。

昭和の時代、北朝鮮出身の力士がいた。

とても強く、将来は横綱と期待されたが、生活面での破天荒さを親方に指摘され逆ギレして廃業。

アメリカのプロレスリングを日本に持ち込み、戦後の大スターに。

でも、結局は酒飲んでヤクザといざこざを起こして、トイレで腹を刺された。

しかし、これは直接の死因じゃない。

腹の接合手術の後に、寿司やビールを散々飲み食いして死んだ。

これ、誰だか分かるでしょ。

屈強な肉体には健全な精神は宿り難い。

特に外国人出身の力士は。

貴乃花親方は相撲の未来を見据えてる。

ちなみに元横綱の若乃花は見た目と違い気が短い。

ヤクザと揉めて新幹線を止めたこともある。

しかし、暴行事件等のスキャンダルはない。

お兄ちゃんが相撲界から出ていって、一番ホッとしてるのは貴乃花親方じゃないの。

強い者ほど優しく。

貴乃花親方は相撲界の高倉健さんだよ。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月19日 (日)

冷静に考えて

雪でトライアル練習会が中止になったので、バランサー・フライホイールの特許書類に手直しを加えてました。

なんかさぁ、日馬富士の暴行事件で貴乃花親方を悪くいってるネット記事やニュースは何なの?

仮にだよ、暴行された貴ノ岩が実は悪い奴で、それを怒って殴っても、殴った奴が悪いってのが法律。

どんなに侮辱されようが、殴ったら最後。

後から後から新事実とか言って、日馬富士を擁護するかの様な意見が出てくるが、酒乱の男と、そうでない人間のどちらが信じられるかってことでしょ。

酒乱って最悪だよ。

普段は聖人の様な人物でも、酒を飲んだら悪魔の様になるからね。

俺の実体験だ。

詳しくは言えないが、普段の聖人ぶりを見て信じられないくらいに屑になる。

被害者側が多くを語らないのは、暴行に対する判断を警察、検察、裁判所に委せることで、日本大相撲協会の介入を防ぐためだ。

やっちゃった方、特に大事になったら困る白鵬なんかは、嘘を言いたくなるのも人情。

マスコミも、被害者側が無言だとニュースにならんから、事態の収拾を試みる側の多弁を全部書き捲る。

(間違ってる)常識なんて信じない俺が言うのもなんだが、一般的に理由がどうであれ、殴って暴行した方が負け。

貴乃花親方は、親方が(愛の鞭として)殴るならともかく、他の部屋の人間、しかも横綱となった人間が飲食店で人を殴るなんて許せる訳ないだろ。

しかも、勝手に握手して和解とか何を言ってるんだと。

力を売り物にしている人間が、むやみやたらにその力を使っちゃダメと貴乃花親方は考えてる筈だ。

相撲はそんな安いものじゃないと。

日本の宝である貴乃花と、モンゴル出身の酒乱野郎のどちらを支持するか。

冷静に考えてみてくれ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月18日 (土)

暇なので

暇なので、秋田県庁のホームページから、県政に対する意見を知事に伝えるメール『知事への手紙』でメールを送った。

メールの内容は、

「先日、県の情報公開請求に対する損害賠償請求訴訟で、仙台高等裁判所は秋田県庁の控訴を棄却しました。 この件について、知事本人のお考えを聞きたいのですが、「係争中につき、ご返事は差し控えさせていただきます。」と、また逃げるのでしょうか?」

裁判の内容から、上告しても万に一つも認められることは無いと思うよ。

さて、秋田県庁の返事は如何に。

上告して、「係争中につき、云々。」ってまたバカの一つ覚えみたいにやるのかね。


さてと、モノタロウからホールソーが届いたから、日が暮れるまでに雪百(XR100R)のエアクリーナー・ボックスに吸気口を増設するか。

秋田県庁からの返事が楽しみです。( ^ω^ )

| | コメント (0) | トラックバック (0)

裁判をするということは。

雨で仕事ができましぇーん。

てな訳でリビングで相変わらずヒッキーしてます。

俺の名はピーキー。

調子に乗ると昔の2サイクルエンジンみたい手がつけられないからピーキーだ。

ヒッキーとは呼ばないでくれ。

なんて訳の分からんことを書き込む。

末期だな。

ここからが本題。

大阪府立高の三年生女子が、地毛が茶色にも関わらず、「髪を染めている。」とされ、学校での活動に支障が出て不登校になったことに対する損害賠償請求訴訟。

裁判って、物凄く面倒くさい。

本人訴訟は更に面倒くさい。

訴えられた側の反論はほぼ虚偽や捏造で、それを、「これは嘘ですよぉ!」って証明するのはもっと面倒くさい。

弁護士頼んで裁判すると、楽にはなるがお金が掛かる。

裁判に強い弁護士なら良いが、裁判で負けたら大損だ。

時間も掛かる。

短いもので半年。

長いものは恐ろしく長いそうだ。

俺が秋田県庁とやった3つの裁判で最短で半年。

最長で1年半だった。

辛かったよぉ。

でも、何でそこまでやれるか分かるかい?

信念だよ。

「俺は悪くない、間違ってない。相手が全部悪い。」

そう信じることでやれる。

信念が揺らいでたら、途中で挫折だ。

大阪の女子高生と親御さんが裁判に踏み切れたのは、女子高生の地毛が茶色であるのが間違いないから。

学校側が訴訟になって、慌てて後から、「髪の根本が黒かった。」とマスコミに発表したが、これで女子高生側はかえって有利になった。

普段、髪に隠れてる揉み上げの1部を剃って、新たに生えた髪を証拠として裁判所に提出すればいい。


剃っている映像DVDと新たに生えた揉み上げの写真を付けて。

これで学校側のデマカセが暴露される。

信念ってさ、真実が無ければ維持できないものなのよ。

貯金通帳があっても、預金額少なければ余裕が無いのと一緒。

つまり、信念には真実が沢山詰まってるから崩れない。

「裁判しよう。」って気になって、裁判に踏み切れる。

この裁判は早めに決着がつくと思うよ。

地毛が茶髪なら、裁判官も、「学校側は地毛が黒髪だって判断したのは間違いだよね、茶髪は黒髪に染めるという校則は存在しない。女子高生への指導に重大な過失があった。」となる筈だ。

何より、訴えられた大阪府は、大阪府庁自体の瑕疵がある訳じゃないので、裁判で敗訴しても控訴しない。

俺の裁判の場合は、俺の勝訴が秋田県庁自体の違法行為を認めることになるから全力で抵抗さ。

敗訴したらすぐに控訴。

高等裁判所が秋田県庁の控訴を棄却したから、今度は上告するんじゃないの。

2つ目の裁判までは経験不足から失敗の連続だったが、内容は悪くなかった。

裁判官も薄々真実は分かっているが、裁判は原告、被告の裁判所に提出した書類と証拠でほぼ決まるからなぁ。

真実なんて二の次だから。

秋田県庁の提出した証拠は全部捏造だったよ。

裁判の素人も3年もやると、慣れてきて相手の動きを逆手に取ることを覚える。

それで3つ目の裁判では勝てた。

バイク雑誌を使って秋田県庁の違法行為を公表したのも効いた。

裁判をするには、物凄いエネルギーが必要です。

ここ3年間、雨が降ったら裁判所に提出する書類を書くか、証拠を集めてました。

サラリーマンじゃ本人訴訟(自分で全部やる裁判。)はキツい。

役人はそうでもないそうですよ。

秋田県庁との示談交渉で嘘八百の説明をし、捏造した架空の判例を作った現・調査統計課の藤本正人課長(当時・用地課班長)は、自分のバイク事故で本人訴訟したそうですから。(愛車はホンダCBR1000Rだったかな。 )

役人は暇なんですね。

お天気商売の俺と同じだわ。

裁判には、最低タウンページ1冊くらいの書類と証拠文書を提出しなきゃいけない。

時間に余裕が無いとできるもんしゃない。

だから通常は弁護士が必要となる。

さてと、そろそろ昼に食べる味噌汁が煮えてきたから終わらすか。

裁判はね、原告と被告のどちらかが嘘つき。

でも、嘘つきって嘘を信じ込ませるのが上手い。

詐欺師と同じ。

俺は詐欺師じゃない、只の走り屋だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月17日 (金)

間違ってるぞ!

子供無し世帯に増税案を政府は考えてるとか。

晩婚化で、子供が欲しくてもできない夫婦が、保険のきかない不妊治療にどれだけお金が掛かると思ってるんだ。

それを増税とか、バカか。

訳あって子供を望めない夫婦への配慮はどうなる。

政府の役人が増税に成功すれば出世できるのはバレてんだよ。

増税することで、相対的に税金の収益が上がるかと言ったらそうではない。

税金が上がれば、人は財布の紐を解かない、緩めない。

かえってお金を使わない。

消費税で入ってくるお金が減る。

増税の意味がない。

これは必ず悪法となる。

役人は何を考えてる。

子供がいない夫婦は、その分贅沢してるとでも言うのか?

贅沢してるなら、消費税で国にお金が入るだろ。

単なる二重取りだ。

世界中から笑われるぞ。

胸を張って、この増税案を出せるなら発案者名を出してみろ。

老害みたいなことしてんじゃねえよ。

死ね!

「1年間限定で消費税を半分にします。」 そうしたら増税なんかしなくても、駆け込み需要で消費税での収益が増えるわ、バカが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

嬉しい!

やった!晴れたよ、仕事がやれる。

辛かったぁ。

昨晩なんか、霙が降ってたからね。

いやーっ、良かった、良かった。_(^^;)ゞ

相撲界は心と体も真に強い力士のしか残さないというのが普通かも知れないが、だからってビール瓶で頭を殴らんでも。

俺なんかガラスのハートだからダッシュで逃げるわ。

相撲界には昔から、「くらわす時は頭と腹はやめろ。」って暗黙の了解があるとか。

掟と言っていいかも知れない。

つまり、弟子への愛の鞭と虐待の境界線がそれだった。

日馬富士に後輩への愛情なんかねーんだよ。

白鵬まで、日馬富士を擁護する発言をするようになったしな。

以前に、相撲部屋から逃げた弟子を連れ戻してリンチした事件があったね。

その時は頭と腹を思いっきり攻撃して、その弟子は亡くなった。

しかも、この殺人を誤魔化す為に、「火葬までこちらが手配する。」と言って証拠隠滅まで図った。

マフィアかよ。

さて、日頃は自分に甘く、自分のルールには厳しい俺は仕事するかぁ。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月16日 (木)

ご飯に塩

よく、贅沢三昧した後は、「明日からご飯に塩だよ。」なんて言うらしいが、家から出ない内にオカズがもう少しで無くなる。

冗談でご飯に塩をやってみるか。

コンビニで塩おにぎりが売ってて、結構美味かったからな。

冷や飯に天然塩をふりかけて食べてみた。

美味い!

冷や飯で食べると甘みの出る秋田コマチのご飯と相まって天然塩がメチャクチャ美味く感じる。

これ、真面目に美味いぞ。

おかわりしよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

昭和時代の相撲部屋

これが許される時代でした。(;゚Д゚)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

だらだら生きております。

天気が悪いと仕事ができない。

しかし、このままでは何もできない。

そこで、天気が悪くてもできることをやろうと思う。

今年の生産はもう無理そうだから、来年のことを考えよう。

天気が悪いと本当にやる気がなくなる。

対策を考えなきゃ。

今度の冬は大雪になる気配。

色々準備しなくては。

とりあえず明日は家から出るぞ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月15日 (水)

相撲ギャング

桜華さん、コメントありがとうございます。

もう1つ相撲ネタを。

実は、朝青龍が引退してから、モンゴル出身力士の結束が強くなりました。

モンゴル出身として誇りを持つ、日本に帰化はしないという流れです。

現在、モンゴル人力士のトップの白鵬がそれ。

日本大相撲協会は、日本国籍以外の力士が親方になることを許していません。

白鵬は帰化はしない。

しかし、モンゴル出身の若手力士3名を内弟子として世話しています。

親方になれない人間が親方風を吹かせてと批判されていますが、これは日本の大相撲にモンゴル勢の一派を確立して勢力拡大を目指しているに過ぎません。

その最中に、酒乱の日馬富士が暴行事件を起こした。

日馬富士がブチ切れて暴行した経緯は、酔っぱらった日馬富士が日頃の態度についてモンゴル出身の後輩に指導という形式で悪態をついた。

それに頭にきた貴ノ岩が、「あんたの時代はもう終わってる。」とボソッと呟いたとか。

それを聞いて思わずビール瓶で殴打した。

この事件はある意味、日本人には良かったかも知れません。

便利な世の中になり、日本人の体力は落ちるばかり。

その日本に、中世から変わらない生活を続けて体力があるモンゴル人がやって来て、日本の大相撲で相撲ギャングとも言える一派を形成するなんてことになったら、波乱の幕開けです。

相撲はね、炬燵の蜜柑と同じく、日本を感じる大事な文化。

プロレスみたいなショーとは違います。

プロレスはアメリカから入ってきた素晴らしいエンターテイメントですが、日本の文化ではない。

大相撲は競技。

プロレスはイベント(ショー)。

同じ肉体の強さに表現するものですが、相撲は元々は神事からきたものです。

つまり、風習だ。

そこにモンゴルの風が好き勝手に吹く様では、相撲が別のものに変わってします。

文化は時代と共に変化はします。

しかし、大元の意味から外れるのは日本人は好みません。

相撲は日本人にとって、神事であり、祭りであり、誇りです。

日本人は比較的に人種差別が少ないと言われています。

それは日本に迷惑を掛けない人間に対してです。

余りにも酷いと日本人も怒ります。

朝青龍の時と同じです。

日馬富士の次が白鵬にならないことを祈ります。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧