2017年5月26日 (金)

本音がポロッと。

市役所に税金払ってきた。

窓口の偉い人が対応してくれた。

秋田県庁との裁判で俺の勝訴を知っている人だ。

ちょうど、県会議員に渡す裁判資料があったので、見せてやった。

窓口の人 「これ、コピーして良いですか?」

もちろんok !

俺 「面白かったら、他の人にも見せてやって下さいます。」

窓口の人 「でも、よく勝ったねぇ。」

俺 「売られた喧嘩に負けたくなくって。」

秋田県庁の非道、秋田のマスコミの枕芸者ぶりを地道に広めてます。

まぁね、俺以外は平和な街だから、退屈しのぎには良い話題になるでしょう。

秋田県庁は恥を知れ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月25日 (木)

投稿

雑誌に原稿を投稿しました。

内容は全て事実です。

裁判所に行って裁判記録を見れば事実と分かります。

嘘は書いてません。

湊弁護士じゃあるまいし。

この秋田県を代表する弁護士様は、裁判で準備書面にありもしないことを書いて、俺がそれが嘘だって証拠を出したら裁判官に全バレした男だ。

それで困って、県庁職員にも嘘の陳述書を書かせて、それも裁判で嘘バレして法廷で恥をかきっぱなし。

お前の犠牲者増やしてどうすんだ。

プロ中のプロが聞いて呆れら。

何が法テラス所長だよ。

死ねや嘘つき弁護士が。( -д-)、ペッ!

その内に秋田県弁護士会に懲戒請求出してやるよ。

お前と違って、しっかりした本物の証拠を付けてなぁ。

ど素人に負けた秋田県を代表する弁護士だってよ。

棺桶に札束握り締めて入れ守銭奴が。

この詐欺師弁護士。

お前が法廷で青くなる度に俺は可笑しくってなぁ。

今度はどんなバカやって笑わせてくれるんだい?

まだ偽の証拠を出すんだろ。

控訴しても、新たな証拠が無ければ判決は覆らないぜ。

皆さん、湊弁護士事務所に仕事を依頼して、素人にも負ける貴重な仕事ぶりを体験してください。

ほんと、金属バットでフルスイングしてみたい奴だよ。

しないけど。

スカした奴に恥をかかせるのが一番楽しい。

行政訴訟で素人に負ける弁護士なんざ、日本中探してもお前だけだよ。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

なっ。

なっ。

マスコミが俺を相手にしないんじゃないなくて、秋田県庁が相手だから関わりたくないって分かっただろ。

県庁に不都合なニュースも、朝日新聞くらいになると小さく記事できる。

どんだけ影響力あるんだ秋田県庁。

朝日新聞でも小さくだぜ。

まるで秋田県庁が無きゃ暮らしていけないみたいだな。

秋田県はニュースが少ないから、困った時の県庁ニュースてか。

あーっ、田舎だ、田舎だ。

まるで俺はお上に楯突く重罪人だ。

これからもっと恥をかかせてやるよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

俺の勝訴が朝日新聞に掲載されました。

今日の朝日新聞秋田版朝刊より、


■公文書非公開、違法判決

県が保有する公文書を、不存在を理由に非公開としたのは違法だとして、男鹿市の男性(50)が損害賠償を求めていた裁判で、秋田地裁が19日、県の非公開決定を違法とする判決を出したことがわかった。
県は控訴する方針で、25日の県議会定例会に関連議案を提出する。
訴訟では、県道の事故をめぐり、運転していた男性が県に過失割合を決めた保険会社や担当者を示す文書の公開を求めていた。
判決は、県が「担当者」の意味を限定的に解釈し、注意義務も尽くさなかったなどとした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

先手を取られた。

秋田県庁が控訴をすぐに決めた理由が分かったよ。

次の県議会で議題に秋田県庁の敗訴が議題に上がることが決まっていたみたいだが、それが何と今日。

係争中を理由に責任回避と批判をかわす為に急いで控訴した。

つまり、県議会議員が何も知らない内に事を進めようって腹だ。

やっぱり秋田県庁は『どぶでけし(卑怯者)』だわ。

やられた!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

原稿を仕上げてます。

雑誌社に送る原稿を仕上げてます。

昨日の秋田県庁の控訴の知らせを受けてから、アドレナリンが湧き出てる。

興奮して、よく眠れない代わりに頭がスッキリして鮮明です。

原稿の間違いが一目で分かるくらい。

すっげー!

俺の安頭でもここまで書けるんだぁと感心してますよ。

たまにこういう事が起こるんだよね。

何か発明した時とか。

何て言うの、世界がクリアに見える感じ。

この状態を覚醒っていうだろね。

覚醒剤を使わずに覚醒するナチュラルハイは素晴らしい!

シェシェシェノシェー!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月24日 (水)

秋田県庁が控訴する理由

秋田県庁が控訴する理由は下記の通り。

1 県庁職員の懲戒処分をやめさせたい。

2 次の県議会で議題となるので、『係争中(まだ裁判してる。)』を理由に逃げるつもり。

3 佐竹(県庁出身のバカ知事)が俺に謝罪したくない。

4 秋田県庁の恥を全国に報せたくない。

でもね、行政訴訟で素人が弁護士もつけずに勝訴するなんてよっぽどのことなんだよ。

どんな酷いことすれば素人に負けるんだの世界。

その事実を認めたくない秋田県庁。

いずれ、俺の毒が廻って動けなくなるよ。

まぁ、見てな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

かなりラリってます。

秋田県庁の控訴の知らせを聞いて、脳内から物凄いアドレナリンが放出されてます。

楽しい!

今、ハイテンションで仕事をしていますよ。

シェシェシェノシェー!

そう叫びたいくらいだ。

ハーッハー!

ヘッドホンから聴こえるミュージックがそれを助長する。

気持ちいいー!

これだからバトルはやめられない。

見てろよ秋田県庁!

我が名はピーキー。

お前達を地獄に落とすナマハゲだ!

秋田県庁は俺を全力で潰しにくるだろう。

上等だよ、やってやらー!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

朝日新聞

県庁に行ってきた。

目的は、秋田県庁との戦いで世話になった秋田県行政相談室の司法書士さんへの勝訴の報告をする為です。

帰宅したら朝日新聞社からの電話がありました。

明日の新聞に小さく勝訴の記事が掲載される予定です。

ただ、喜べない情報も入ってきました。

秋田県庁は控訴する決定をしたそうです。

『いふりこき(良い格好しい)』の秋田県では、行政訴訟で素人に敗訴したのは最高に格好悪いことなんでしょう。

素人に負ける秋田県を代表する弁護士。

俺なら恥ずかしくって自殺はしないが廃業するわ。

まぁ、控訴しても新たな証拠を提出しなければ判決は変わらない。

今回の裁判で秋田県庁は自分の主張を何一つ証明できませんでした。

つまり、秋田県庁はまたしても捏造した証拠を裁判所に提出するのは目に見えてる。

どこまで腐ってんだ秋田県庁は。

でも、一大事にはなってるってことですね。

今日も行政相談室の行政書士さんに会いに、秋田県庁の広報公聴課に行ったら、そこの一番偉い人がダッシュでやって来ました。

前に、警備員を引き連れて俺に追い出した奴です。

何しに来たかの問いに、「秋田県庁の違法行為が裁判所に認められて勝訴しましたと相談室の先生に報告しに来ましたよ。」と大声で叫んでやりましたよ。

真っ青な顔で偉い人がひきつってた。

見苦しいな秋田県庁は。

そんなに俺に謝りたくないか佐竹知事。

係争中を理由に俺に会わなくても済むもんな。

秋田県の行政は糞。

秋田県のマスコミも糞。

臭いったらありゃしない。

その臭いをいっそ死臭に変えたいくらいだが、それは止めとく。

女々しいな秋田県は。

皆、覚えておいてくれ。

秋田県庁は『どぶでけし(卑怯者)』集団だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

県庁行くよ。

今日、秋田県庁に行きますよ。

理由は内緒。

大したことはしません。

県庁側は一向にコンタクト取ってこないし。

今度は警備員も来ないでしょう。

違法行為をしたのは秋田県庁だから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧