2006年7月21日 (金)

バトル野郎、そこまでやるか?俺。

砂利道最高速アタックの事を書いたら大した事ないってコメントを貰った。全くその通りだ。 (マシンが凄いだけと言ったはずだが)だから今は純粋に自分の技能を問われるエキストームに夢中なんだ。マシンの性能は決して自分の性能では無い。それが分かれば後は己を磨くのみ。ご意見、批判大歓迎!!!俺はこの世で退屈が死ぬほど嫌い。俺の方が凄いと思う者がいれば、ぜひ一度勝負しようぜ。楽しみに待ってる。では今夜もオナニーサイトでも書くか。 (死ぬほど喧嘩好きな俺)

俺はしばらくバイクの世界から離れた時期があった。そんな時に知り合いの子供にミニ四駆を教えられ、子供のおもちゃらしからぬ難しさにハマった。 (俺は依存傾向がある。)その日の晩には本屋に行きミニ四駆の情報を片っ端から集めた。次の日には専用コースを2セット買い、研究の毎日。そして近くの模型店のミニ四駆のコースに通い、速いマシンを見つけてはオーナーの小学生にお願いしてマシンのセッティングを教えて貰う。それだけではまだ足りずラジコン通のバイク仲間にどうすればミニ四駆が速く走れるか相談した。そして年齢制限なしのミニ四駆大会に足を運び、大会に出場しながら優勝者にノウハウを聞いたりしてマシンの創作イメージを頭に描いた。半年後、地元の模型店では馬鹿っ速のお兄さん (子供達から最初はおじさんと言われてたが、俺のマシンが速いのが分かるとすぐに呼び名がお兄さんになった。)として模型店主催の大会ではいつも賞典外扱い。地元の大会が大人が勝つのを恐れ、年齢制限のみの大会になると俺は新たな戦いの場を求めた。

俺のマシンの作り方は大人買い作戦だ。模型店でミニ四駆のシャーシを大量に注文。購入したシャーシを自宅のテストコースで剛性試験をする。その中で試験に合格したシャーシをレースに使い、後はマシンセッティングのテスト用、子供との娯楽用に3つに分ける。だいたい合格するのはシャーシ20個に1個か2個程度だ。 (この当時のシャーシは弱かった。)そして沢山の種類のレース用オプションパーツの中からどんなコースでもそこそこ速い組み合わせの仕様を見つけ出し、確実に完走できる事を目標にした。モーターは比較的に非力なタミヤの公式レース用モーターを好んで使い、非力な分を走行抵抗の軽減やコーナーでスピードを落ちないセッティングでカバーする。もちろん各パーツも精度の良い物を大人買いした中から選び、メンテナンスもラジコン名人から教わった本格的なモノだ。ボディはわざと塗装をせず、純正のシールを使う。 (塗装すると重くなるため)見た目は俺好みのブラフ (実力を隠す事)マシンに出来上がり。鬼の様に金と時間と情熱を掛けたミニ四駆が完成した。

俺は静岡の模型店で遊園地のジェットコースターの様な凄いミニ四駆専用コースがあると情報を聞き、秋田から遠征した。 (3連のループがあり、超タイトなスピードコースだった。)その模型店には1年近く破られていないコース・レコードがあるそうだ。「うちに出入りする子供達は皆メチャクチャ速いです。大人でもなかなか勝てませんよ。」模型店の親父は言った。俺はコースをじっと見る。マシンのセッティングのイメージが湧いた。そして通販で買った怪しげな会社が製造した耐久性がない代わりに馬鹿みたいに回るモーターを使う事にした。 (高価格のわりに寿命は数分)そしてそのモーターに合わせマシンの前傾度を上げたり、飛び出し防止策を講じた。コースインして2分後、コース・レコード達成。模型店の親父に報告。親父は引きつった顔で言った。「大人に本気になられてもねぇ。」俺はその言葉で目が覚めた。子供の遊びを取っては駄目なんだと気が付いた。そして俺はまたバイクの世界に戻ったのだ。

2年後、青森のみやげ物屋で新型のミニ四駆を見つけ、思わず手に取る。昔、俺が求めていたコース走行ギリギリに拡大された幅広ボディ、ロングホィールベース、高剛性のシャーシになっていた。すぐに買い、その夜、自分の集大成的マシンを作った。悦に入り、テレビの上に飾る。次の日、仕事から帰るとその俺の集大成は息子にバラバラにされ無残な姿に・・・。やっぱり俺にはバイクなのか。

そして今年、デカイ兄ちゃんに声を掛けられた。「誰?」その兄ちゃんはミニ四駆時代の俺のファンだそうだ。当時の小学生が俺を見下ろす位成長していた。時の流れは相変らず速い。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006年7月 6日 (木)

世界最高のハンドル・レバー

060705_13310001_1 今日は9年前に俺が独自に開発した世界最高のハンドル・レバーの話をしよう。 (ハッ!世界最高だとぅ。フカシてんじゃぁねぇ!と思うだろうが、まずは俺の話を聞いてくれ。)俺は今から9年前にKTM620デュークってバイクに乗っていた。そして知り合って間もないYZF750SPに乗る男と地元の峠でバトルをしたんだ。3時間ブッ続けで走り、一度もYZFの前に出ることなく終わった。 (次の日、デュークのエンジンを見るとクランクケースが横一文字に割れていた。)デュークがオシャカになった俺はヤマハのマシンにはヤマハで勝つ!と次に購入するマシンをヤマハTDM850に決め、購入資金は静岡のヤマハ本社でアルバイトして稼ぐ事にした。 (ちょっと思惑があってね)

ヤマハには今回で2度目のアルバイトで、稼げるラインに配属してもらった。それから5ヶ月間毎日タンクの塗装前の下処理と完成品のチェックだ。俺は昼休みに食事を済ませると決まってある場所へ行く。それはYZF750SPの組み立てラインだ。なぜ行くかと言えばYZFの弱点が解るかもしれないと思ったからだ。 (真剣にそう考えた)来る日も、来る日も飽きる事無く毎日通い詰めた。そして3ヶ月が過ぎようとする時、俺は突然、YZFだけじゃないバイク全体の欠点に気づいてしまった。

俺の考えではバイクはライダーが触れている部分がまだ十分に完成されていない。俺が見つけた箇所はハンドル・レバー、ステップ、シートの3つだ。3つ全部説明するとかなり長くなるので今回はハンドル・レバーのみ説明する。

人間の手の指で握った時に最も力が入る所は第一関節だ。しかも微妙な力加減を要する時もこの第一関節が最も適している。しかし、現実に今バイクに付いているレバーはどうだ?握るにつれ第一関節から離れ第二関節で操作を行う事になる。なぜそんな事になるのか?それはレバーが前方に向かって曲がっているからだ。このような状態ではライダーの能力を100%発揮出来ない。ではどうすれば良いか。第一関節を上手に使う道具に車両整備工具がある。しかも、一流の工具ほど良く出来ていて握って挟んだりする工具は必ずと言って良いほど握る方向に向かってレバーが曲がっている。 (プライヤー、ペンチ類等)これと同じく握る方向に向かって曲げれば良い。

バイクの場合、ただ握る方向にレバーを曲げれば良いのかといえば必ずしもそうではない。 (ただ曲げただけだとグリップに当たって握りきれなくなる)レバー前方の握り部の形状のみを改めればいい。簡単に言うとレバーの握る所の前面のみをうまく削って、そこだけの形状を握る方向に向かって曲げた時と同じ様にする訳だ。さらにレバーから遠い小指でも第一関節でしっかり握れる工夫がしてある。 (写真は俺が実際に加工したクラッチ・レバー。前方のアールが僅かに凸状になっている。下のレバーはエキストリーム用リア・ハンドブレーキ。)

このレバーの特長は抜群の操作性、レバー操作による疲労度の軽減など。

このレバーを発明してすぐにバイト代で実用新案 (自分だけが使用もしくは発売できる権利。特許より申請が簡単)を取得。地元秋田に帰ってから試作品を作り、ショップやパーツメーカーに売り込んだ。だけど現実は甘くない。どこに売り込んでも俺の言う事なんかまともに聞いてもらえず、折角の試作品もテストしてはもらえなかった。 (どこのショップ・メーカーとかは馬鹿くさいからあえて言わない。)何人もの友人に作っては皆から絶賛されるだけに悔しかった。俺のレースの後輩でモトクロスの国際A級になった三浦敦なんか最初に俺が作ったレバーを折っちゃってノーマルに戻したら使えたもんじゃないから、またすぐ作って欲しいとわざわざ仙台から取りにきた。このレバーじゃないと勝てる気がしないとか言ってさ。 (発明したのが俺じゃなく工業大学の教授とか有名なプロレーサーならとっくに世界中の人が使ってるかもしれない。)

ショップやメーカーからの発売を諦め3年がたった頃、どうしても俺の苦労して発明したレバーを色んな人に知ってもらいたかった。そこでガルルってオフ車専門誌に書面で事情を説明し無理にテストしてもらう事となった。俺のレバーは見た目はほとんどノーマルと変わらない。ガルルのテストライダーも最初はかなり馬鹿にしていた様子。半分いやいやながら俺のレバーを装着したマシンに乗ったみたいだ。すると彼は今までのレバーとは全く違うその使用感にかなり驚いた。 (俺自身はテストに立ち会ってはいないがガルルの誌面にそう書いていた。)その後ガルルでは誌面を使い、新製品紹介のコーナーで番外編として俺のレバーを紹介し大絶賛する。

ガルルで全国に紹介された060705_11140001   事でやっと肩の荷が下りた感じの俺は、これ以後自分の乗るマシンにしかこのレバーを使っていない。どんなに良い物でも必要とされなければ世の中に出す意味など無いからだ。だがこれだけは断言できる。構造的にどう見ても俺のレバーを超えるレバーを作る事は不可能だ。もしあると言うのなら俺のレバーとぜひ比較して欲しい。 (その時がくればいつでも作るから。)

話は変わるがYZFとの勝負だが、YZFの彼は峠で事故ってしまい峠を卒業。ステージをサーキットに替え、マシンもTDM850と同系エンジンのTRX850を購入。俺は同じエンジンのマシンじゃ面白くないので、デュークともう一台の愛車KTM600LC4のエンジンを使ってビックボア・ロングストロークのハイパワーエンジンを作る。気分次第で載せる車体を変えて走ったよ。結局、あれからYZFの彼とは一緒に走る機会はなく現在に至る。 (どうでもよくなったのが真相) 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月 4日 (火)

キャブ・チューン(基本編)

今日も濃い話をするぜ。俺はチューンナップが大好きだ。俺のチューン方法は外式強化術。キャブ、電装、マフラー等の簡単にイジれるパーツを改造したり、交換したりしてエンジン本体には手を付けずパワーを搾り出す。つまりライトチューンてやつよ。 (経験上これが一番壊れないで済む)まず今回はその内のキャブ・チューンから。

ジェベルのキャブを例に話を進める。ジェベルの負圧キャブの最初にイジる所はスライドバルブのスプリング。これを3分の2の長さにカットする。そして元の長さに落ち着くまで引っ張って戻す。 (カットする前に自由長を測定しておく)これでスライドバルブの上昇スピードが上がる。次にスライドバルブ下部の穴を拡大する。 (ジェベルの場合2㍉から3㍉に拡大)これでダイアフラム室内部から吸い出される空気の量が多くなりスライドバルブの上昇量が大きくなる。この二つの改造でハイスロ化出来るのだ。しかし、スライドバルブの動きが速く、大きくなる事でエンジンに吸入される空気の量は飛躍的に増大するから、キャブセッティングをしっかり取らないと何にもならんので注意。 (どこか改するたびにセッティングが必要)

次はジェットニードルの先(三角帽子状の所)をカット。そして先端をきれいに平面に仕上げ、直径1㍉のドリルの刃を使い平面になっった先端中心に深さ0.8㍉前後の窪みをつける。 (ニードルはドリル・チャックに挟み、回転させて行う)こうする事でフロート室から吸い出されたガソリンがニードル先端にぶつかり、攪拌されながらニードルに対し直角に拡がってニードルジェットから入る空気と効率よく混ざる。

最後はメインジェット(他にもチューンはまだまだあるが、いずれまた。のネジ部側の穴にメインジェットのネジ径と同径のドリル刃でドリルを使って軽く揉んでやりテーパーをつける。 (ネジを崩さない程度に注意する)これで完成。当然の事だがセッティングの必要あり。テーパーをつけることでガソリンが拡散され粒子が細かくなる。

これで燃焼効率が格段に上がる。しかし、燃焼効率が上がるとはいったいどうゆう状態なのか理解している人は少ないと思うので解りやすく説明する。簡単に言えばこうだ。焚き火をする時に燃えやすい枝と燃えにくい木では、同じ材質なのに木の方は口で吹いたり、うちわで扇いだりしなくちゃならない。枝は木よりも燃焼に多くの空気を必要としないわけだ。これをキャブに置き換えると、ガソリンを粒子を細かくしたり空気と混ざり易い状態を作る事で今までより燃焼に使われる空気が少なくなる。だが、エンジンに吸入される空気量は同じだから燃焼に使われなかった空気が余り、空燃比は高くなる。 (ガソリンが薄くなる)だからそれに合わせてガソリンを濃くすると以前よりもずっと増量させたガソリンが普通に燃焼させられる。つまりボアアップと同等の効果が現れるってすんぽうさ。ハッハー!

解らん事もいっぱいあるだろうが、これが俺の060618_07380001 Photo_1 ノーマルキャブのチューンナップ法だ。へたなレーシング・キャブより乗りやすくてハイパワー。コスト安で壊れない。

興味ある人は参考までに。

| | コメント (3) | トラックバック (2)

2006年7月 2日 (日)

GIGミーティング

107410_1151772304 昨日、居酒屋で9月24日に行われるバイクと四輪の合同イベントショーGIGミーティングをやった。元々クラブ名が紫魔術団秋田だったのだが独立したかっこでいつの間にかクラブ名がデルタスクエア(別名、変態組合)となった。

クラブ員は10名ほどだが、実際にエキストリーム・バイクをきっちり行っているのは俺とリーダーの2名だけだ。リーダーはGSX750Rでやって(得意技はノーハンド・ウィリー)、俺はジェベル250XCでやってる(得意技はコンボ・ウィリー)。

居酒屋でのミーティングの今回の議題は運営方法とスケジュール割が主と060503_17230001 なった。議題がまとまると、後はいつもの変態組合の過去暴露エロ話連発合戦大会(童貞小僧なら吐いちゃう様な話ばっか)。でも、これが楽しいのよオヤジだから・・・。

話は変わるが、最近梅雨せいで練習出来ない日が多くて困る。俺は近所の公園駐車場で練習していて、リーダーは秋田マリーナでやってる。二人で一緒に練習すると警察が集まってくるからだ最高に集まった時はパトカー3台に交通機動隊員が15人乗ってやってた。特に俺のジェベルは排気音がレーサー並みにうるさいから仕方がないっちゃ仕方がないんだけどね。

またこの練習が精神的にキツイのよ。何でかって?楽しい練習てのは自分の出来る技しかやらないから楽しい、つまり単なる復習のための練習。これじゃぁ本当の練習にならない。出来ない技を頭モヤモヤさせて繰り返して練習すると、脳がこのままではイカンとその技のための運動神経ユニットを作ろうとする(練習後の寝ている時も)。しかし、せっかく完成したこの運動神経ユニットも練習しないでいると崩れて元に戻ろうとするのだ(やらなくなると脳が必要ないと削除する)。

昔、染ノ助・染太郎がテレビで「まだ弟子入りして間もない頃、一人前になれば練習しなくとも良いと思っていたら、一人前になったらもっとしなくちゃダメだった。年をとったら倍やらないと技を維持できない。」と言ってたのは真理だと思ったよ。

使わぬ鍬は錆びる(農家の諺)

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2006年7月 1日 (土)

オッス、おらピーキー!

060618_07380001 オッス、おらピーキー!よろしくな。オフロードバイクをこよなく愛するマッド・ライダーさ。 何でマッド・ライダーなのかは、その内分かるよ。    

今までに54台(国産、外車合わせて)買って、そのほとんどがチューン・ナップしてたから酸いも甘いもモディファイ(用途に合わせて特化させる)の事ならまかせてよ。

改造も得意だが、乗るのはもっと得意。愛車ジェベルXC(スズキ・250cc)で林道はもちろん、峠でも俺と一緒に走るのには命のスペアが必要だぜ。(嘘、偽りなし)あと、最近流行のエキストリーム・バイクも3年ほど前からやっていて、今年になってウィリー・サークルとノーハンド・ウィリーが出来るようになった。得意技は暴れ系のコンボ・ウィリー(ウィリー状態で技が次々変わるとにかく忙しいトリック)

今年で40歳のオッサンだけど立ちは10代だぜ。ハッハー!

| | コメント (4) | トラックバック (0)