2015年9月14日 (月)

波怪、神の手に掛かる。

オダズマンさん、コメントありがとうございます。

いやぁ、楽しかったー。

面白い話をいくつも聞かせてもらってサンキューです。

一緒に来た息子さんの成長が楽しみですね。

彼はカッコ良くなりますよう。

また来年お会いできるのを楽しみにしています。

ナイトライダー!


波怪のチューンナップがそろそろ頭打ちになってきました。

チューンナップ・パーツのないJA07エンジンでは仕方ありません。

波怪にはノッキング防止にハイオクガソリンを入れてますが、ハイオクガソリンはノッキングが起こらないかわりに着火性が悪いので点火時期を早くして爆発のタイミングを合わせてやります。

効果が確認できるのは5度以上の進角からということなんで、カブ&ピースのneriさんにお願いして10度進角してもらうことにしました。

正直な話、DAKARに乗ってからバイク弄りが面倒くさい。

ここは神の手でチューンナップでしょう。

近頃、仲間のマシンがneriさん3号機レプリカになって速いのよ。

鉄カブ軍団に負けない様にあえて神の手で。

速くするのにプライドも糞もないのが俺。

明日辺り完成かな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年5月16日 (土)

新型マフラーの効果

波怪に着けてた自作マフラーを新型マフラー形状に改造しました。

パワー的にはトルクが以前よりもちょっと出たかなぁっ程度ですが、意外な効果の方が驚きでした。

高圧縮エンジン特有のノッキングが無くなりました。

何でだろと考えたら、ノッキング発生時はエンジンに掛かる負担がエンジンの回転を鈍らせ、マフラーからの排気ガスの排出を悪くしているからではないかと推測します。

エンジンの回転を鈍らせない為には、よりガソリンを多く入れるか、負担に負けないだけのエンジントルクが必要です。

つまり、負担が掛かってもエンジンの燃焼状態を良好に維持する。

今回の新型マフラーは、従来型のマフラーよりも排気ガスの排出が効率的です。

その影響だと勝手に思ってます。

結果的に大成功です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年5月12日 (火)

セッティングの理想像

俺は思う。

「ベストセッティングは妥協点であってはならない。」

言うのは易し、やるのは、「う~ん。」って感じか。

昨日の1ランク上のインジェクターで、今までのインジェクターの方が良いのは分かった。

しかーし、ベストセッティングかと聞かれると、「運転手のテクニックが求められる部分がまだある。」としか言えない。

まぁね、来るとこまで来たエンジンですから。

話は変わりますが、タイカブ総代理店エンデュランスがグロム用170cc4バルブエンジン化できるパーツを販売するそうです。

WAVE125iにも組めるんだろうか?

期待が掛かりますね。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2015年5月10日 (日)

また1ランク上のインジェクター

エアクリーナーボックスの変更に伴って、また噴射量が今装着している物よりも1ランク上のインジェクターを製作しました。

CRF150Rの純正インジェクターの大小二種類の噴射口の内、大きい方を1ヶ所塞ぎました。

もしかしたら、不要かも知れません。

あくまで準備です。

さて、どうなりますか。

上手くいけばパワーアップです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年5月 1日 (金)

カブ110(JA07)エアクリーナー・ボックスのラムエア化

昨晩、シャコタン・カブさんが秋田に来たっつーことで、当然宴が開催された。

馬鹿なカブ談義を真面目に語るカブ好き達。

特に50cc萌え競争(カブ50~80cc限定最高速競争)には笑いが止まらない。

まるじさんの超前傾姿勢で行われるライディングの画像を見せてもらったが、「いつの時代のボンネビル(アメリカの塩湖で行われる最高速競技。)だよ。」って感じ。

70年代の最高速競技車両そのまんまだ。

俺は50cc萌えはやらないが、そのパワーに中てられた。

朝、目覚めてすぐに、「カブ110のエアクリをラムエア・システムに改造しなきゃ。」と思った。

俺は正直けち臭い男なんてチューニングのノウハウは秘密主義。

でも、カブ110(JA07)のエアクリーナーってラムエア・システムに最適な構造なんだよね。

特にエアクリーナー・ボックスの後方にある吸気口が一つなのが良い。

WAVE110やWAVE125は吸気口が二つ。

一つ足りない分、前方に吸気口を設けた時の吸い込みが違う。

後方の吸気口が一つだと、ラム圧が必要以上に掛けられた時の逃がしにも丁度いい。

二つだとラム圧が逃げない様に左手で塞ぐ必要が出てくる。(俺の動画でよく見るでしょ。)

てな訳で、けち臭い俺が珍しくチューンナップの一例を公開します。

Photo

まずは、定番のエアフィルター金網外しから。

Photo_2

ノーマルのチェロドーナツみたいな吸気ファンネルをぶった切りして、リューターでファンネル化。

Pg

エアクリーナー・ボックス前蓋の下側に吸気口を設ける。

Photo_3

完成!

新設した吸気口の大きさはこの程度が限界で、大き過ぎると先に入った空気が後から入ろうとする空気を押し戻します。

実質的には、前蓋の形状から十円玉一個くらいの吸入口面積です。(吸入口右側から吸い込まれる。)

エアフィルターの縁に入ろうとする空気が当たって、ワンクッションあってからの吸気になるので乱流防止が施されています。

ラムエア・システムとしては理想的な形です。

この後で、エアフィルター側にも整流板を付けたいのですが、フィルターの形状に問題があり、良い方法も只今模索中ですよ。

波怪のミッション修理が完了して、新型形状のマフラーとギア比のセッティングが決まったら装着ですね。

下り坂でも最高速が見物ですねぇ。

原付バイクのラムエア・システムは下りが本命です。

※このラムエア・システムはエンジンが求めるだけの空気を吸わせてやる仕様で、ターボの様な過吸圧は掛かりません。

過吸圧は掛かりませんが、吸気抵抗は0にできます。

あくまでも、エンジンが吸いたい時に吸いたい分だけ吸わせる仕様です。

尚、ラムエア・システム化によって、混合気が薄くなります。

マフラー程度の改造ならばコンピューター制御の範疇でセッティングいらずですが、それ以上の改造を施した場合は燃料調整が必要となります。

ラムエア・システム化は自己責任でお願いしますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年4月11日 (土)

ピーキーレバーを購入したお客様の声

お客様のインプレッション。

☆早速取り付けてみました、私は手が小さめなのですが通常のレバーに比べてしっかり握りこむことができました。握りやすくなったことで同じ力でより強い制動がかけられるので、手が小さい人や握力が弱い人には特に変化を感じやすいと思います。

Peaky_partsimg600x3371401379066v64g

お買い上げありがとうございました。

ヤフオクで絶賛発売中!

http://page6.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/f146761472

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年4月 4日 (土)

ヤフオクでピーキーキット発売中。

Photo


ヤフオクでピーキーキットを発売しました。

http://page8.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/h200388183

キット内容は、

ピーキーレバー

バランサー・カムスプロケット

トルクアップガスケット

ビックフィンキット

秘密保持為に画像非公開のエンジンブレーキ強化キットの5品です。

定価は2万円の送料無料となっております。

このキットをスーパーカブ110(JA07、PROの場合は落札後にPROだよとお知らせください。)に装着すると、バイクが速くなるだけでなく、ライダーが上手く走れるチューニングパーツです。

宜しくお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月17日 (火)

ケースボーリング

Photo

『peaky_partsスーパーカブ110(JA07)用トルクアップガスケット』

ヤフーオークションにて絶賛発売中です。

井上ボーリングとの相談で、波怪(WAVE110i改125)を148ccにする為に、ケースボーリングをどうやって行うか選択を迫られました。

一つは、クランクケースの合わせ目に液体パッキンを塗らずに、少し小さ目にボーリング。

もう一つは、俺が液体パッキンを井上ボーリングに送り、クランクケースの合わせ目に液体パッキンを塗ってボーリング。

もちろん、精密な加工でお願いしたので後者を選択しました。

薄く削られたバックボアのスリーブがきっちりクランクケースに入るようにお願いしますよ、井上ボーリングさん。

打倒、4バルブ125ccマカマカ号!(半分本気。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月16日 (月)

新形状のマフラー

ここ数日、シングルエンジン用のマフラーを考えてます。

エキパイの形状を変えて流速を上げる新しい形状を思い付きました。

マルチエンジンは、各気筒をお互いに助け合わせてマフラーの流速を上げる為に集合管があります。

シングルエンジンは助けてくれる他の気筒がありません。

俺と同じです。

頼りになるのは自分だけ、頼りになるのは自分だけ、頼りになるのは自分だけなんです。

そこで、シングルエンジンで排気の流速が上がる方法を見つけました。

実は、あるレーシングチームが2サイクルエンジンをやっていた形状を4サイクルでやってみようって腹ですよ。

俺の経験では、2サイクルに使えた技術は4サイクルに使えたり、逆もあります。

バイクで使えた技術がクルマに使えたり、またその逆もあります。

「そんな訳ないだろ。」って言う前に、まずはやってみろです。

波怪のエンジンが完成したら通常形状のマフラーでセッティングして、調子が出てから新型のマフラーを製作して試します。

マフラーの形状変更はハンマーでの叩き出しです。

プラスチックハンマーでカンカン叩いてみます。

パワーダウンした時には、元に戻すのが大変ね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月13日 (金)

本当の形

今日もピーキーレバーを1本出荷しました。

ピーキーレバーは、20年前に開発を開始して、3年後にヤマハの工場でアルバイトしてバイクのタンクを生産してる時に思い付いた発明です。

すぐに実用新案を取得。

しかし、発明ブームの最中にもかかわらず、無名のライダーの発明としてバイクメーカーからは相手にされませんでした。

バイクメーカーやバイクパーツメーカーが相手にしないならばとシマノ(自転車のパーツメーカー)に売り込んだところ、一度テストしたいとのこと。

だが条件があった。

「あなたの実用新案の権利期限が切れた後にわが社がこれを製造販売しても文句を言わないこと。」

ラストチャンスと思って契約書にサインした。

数ヵ月後、不採用の知らせが届いた。

それから数年後、シマノはピーキーレバーを販売。

ツールド・フランスなどで活躍中。

俺のピーキーレバーは世界標準となった。

俺には一切関係なく。

そして昨年。

俺はピーキーレバーを簡単に製作する方法を思いつき販売開始。

バランサー・カムスプロケットに続くpeaky_partsの商品第2弾として。

ピーキーレバーは人の指の構造に合わせて作られている

これが本当の形。

雑誌でテストしてもらったら絶賛された。

レースでも、練習でピーキーレバーを折ってしまった全日本選手から、すぐに作ってくれと頼まれた。

プロのバイクスタントマンにも作ってやって、トリックが楽になったとも言われた。

最近では、キタコのカブ50用レバーがピーキーレバーと同形状になっていた。

俺からカブ110用ピーキーレバーを購入した人からは感謝されたりもした。

俺はバイクの本当の姿を見たいだけ。

「これ、おかしくね?」

改善している。

カブ110のシリンダーヘッドが冷却のことを考えてない。

負圧式ビックフィンキットを作って販売。

沖縄県や南国の人から喜ばれた。

もっと運転し易くしよう。

エンジンブレーキ強化キット(只今絶版、間もなく再販予定。)を販売。

耐久性を損なわずパワーを上げたい。

トルクアップガスケットを販売。

「Peaky_partsのパーツ全部欲しい」

ピーキーパックで全商品まとめ売りした。(現在はなし。)

実用車のはずのカブがスポーツバイクになった。

「インジェクションのセッティングをもっと簡単にしたい。」

インジェクターのメインジェット化を思い付いて、ノーマルコンピューターの良さを活かした。

今年からタイカブ総代理店のエンデュランスの発売するWAVE125iボアアップキットは、同じ様にエンジンの要求するガソリン量に合うインジェクターを附属してノーマルコンピューターの良さを活かしてる。

時代は俺の後から追ってくる。

バイクに関してだけは。

今、俺の頭の中にあるのは新しいABS(アンチロック・ブレーキシステム)の形。

今現在のABSは、サスペンションの動きを無視している。

サスペンションがストロークしてる最中にはブレーキは、一切利いてないのにね。

ブレーキが利くのは、ストロークが終わった後。

おかしくね?

でも、センサー等のデバイスの設計は俺にはできない。

一番手っ取り早いのは、ライダーにサスペンシャンのストロークを意識したブレーキングを教えること。

田沢湖カブ・ミーティングの雪道安全運転講習会では、それを教えています。

俺は死ぬまでバイクが上手くなりたい。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧