2018年12月17日 (月)

雪道用バランサー・フライホイール

XR100Rのフライホイールには銅製のウェイトを取り付けて、雪上レース専用のセッティングにしています。

今年も雪道用のバイクはWAVE110ATです。

WAVE110iはフレーム逝って修理中。(フレームをタイホンダに注文。)

なので、WAVE110ATのバランサー・フライホイールをもっと重くして雪道用のセッティングにするために重くします。

ウェイトは銅製ですが、取り付けボルトはクロモリ製。

今回は取り付けボルトを真鍮に変更します。

どうなりますかねぇ。

楽しみです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

一般講習

軽微な交通違反だと、一般免許講習で5年更新になるんだね。

思いっきりな速度違反ならぶっちぎるんだが、高々10キロオーバーの違反だから素直に切符切ってもらって良かったよ。

冷静な判断でした。

次はゴールド免許だ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トレーラーで行くの中止

北海道の雪上レースをバイクトレーラーを牽引して行こうと思ったが、予想以上にフェリー料金が高くてやめた。

普通のトランポで行ったら、余裕で数日宿泊代が出るくらい。

なので、普通のトランポで行って、旅館に泊まったゆっくり楽しむ方向にします。

登別の温泉街を思いっきり楽しんできますよ。

勿論、レースは本気モードで。

2月は八剣山に出るつもり。

道外枠で、優先的に参加できるみたいなので。

まぁ、冬期間の仕事次第ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年12月16日 (日)

明日は

明日は午前中のクロスカブ用ハイレスポンス・キットを一つ出荷して、XR100Rのシートをノンスリップシートに張り替え。

午後からは免許の更新。


雪上レースの練習で腹減って目が回るわ、筋肉痛がすぐに襲って来て慌てて鎮痛剤飲むわ、気が付いたらソファーで寝落ちしてるわで、如何に雪上レースの練習が大変か分かる。

まぁ、若くないのもあるが、雪の上を走るのは前後左右のバランスと脱力が大事。

アイシングでエンジンがキレイに吹けなくなったから、スズキ純正部品の35Wキャブ・ヒーターを注文しました。

スペアの15WにPD24改は荷が重いね。

自作したスタッドレスタイヤはかなり良い。シートの座る場所さえ間違わなければ、思ったより普通に走れる。

もう2回くらい練習したら、かなり良い感じに走れると思う。

頑張ります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

私設雪上レース練習コースでやっぱりアイシング

https://www.youtube.com/upload

| | コメント (0) | トラックバック (0)

やっぱりアイシング

キャブ・ヒーター壊して、スペアの熱量小さい奴に交換したら、やっぱりアイシング。

https://www.youtube.com/watch?v=ZrQO5sYdmTw&feature=youtu.be

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年12月15日 (土)

明日は練習

明日は若美モトクロスパークで練習します。

雪の深さが10センチくらい。

目的は、製作した雪上レース用スタッドレスタイヤの慣らし運転だ。

体も鈍るといけないしね。

午前中に整備して、午後から練習。

キャブレターのニードル段数を下げて、折れたエンジンマウントボルトを交換。

いずれ、エンジンとフレームのボルト穴を拡大して、ボルト径を8→10㎜にアップして折れ対策しますよ。

エンジンマウントボルトは、折れる箇所だけ8㎜で、他は10㎜。

細いボルトにだけ負担が掛かってる?

子供用バイクを大人が本気で乗るとこうなるんですねぇ。

これは仕方ない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年12月14日 (金)

レース用タイヤ

来年1月13日に開催される登別耐久雪上レースに参加する前に、レース用に製作したタイヤに交換しないといけない。

昨年に製作したタイヤはサイプ(切込み)が深すぎてグリップに不満があった上に、今年の春の耐久モトクロスでボロボロになった。

午後からタイヤ交換して軽く試走したいな。

今回は前輪もスタッドレス加工した。

自宅の周りは一面の銀世界。

自宅裏の田んぼ道で試走します。

ついでに動画も撮ろうかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年12月11日 (火)

アイシングとエンジン温度

俺がキャブ車のカブからインジェクションのタイカブに乗り換えた訳は、アイシングとキャブ・セッティングの煩わしさを嫌ってのこと。

アイシングを起こすとさぁ、燃焼が悪くなってだだでさえ寒い雪道走行でエンジンが冷え過ぎちゃう。

ところがインジェクションだと燃焼がいつでも良いからエンジン温度が思ったよりも下がりません。

なので、エンジンの防風処理もここ数年はしてません。

ビッフィンキットもそのままです。

エンジンから異音や調子を崩すこともありません。

インジェクション、様様ですよ。

ちなみにエンジンをチューンナップした時には、エンジンが求めるガソリン量に合わせたインジェクターを自作します。

全部で種類は11種類。

サブコン等でセッティングする必要もありません。

インジェクションは楽ですよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年12月10日 (月)

タイヤチェーン

登別の雪上レースに参加するために、バイクトレーラにタイヤチェーンを履かせた。

チェーンとトレーラのクリアランスがギリギリ。

何とか試走で大丈夫なのを確認した。

雪上レース用のタイヤも製作。

ハードエンデューロ用の超ソフトコンパウンドはスタッドレスタイヤよりも軟らかい。

それにサイプ(切れ目)を容れて雪の路面のグリップを強化。

昨年は、サイプの深さが深過ぎて、かえってグリップを落としてた感じ。

今年は、昨夜の半分の深さに修めた。

サイプの加工は、薄刃のカッターナイフで。


超ソフトコンパウンドはこれでないと上手く切れない。

サイプの入れ方(パターン)も少し工夫しました。

今シーズンはダートトラックでコーナースピードが上がってる分、マシな走りができそうです。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧