2020年10月20日 (火)

拝啓、特許庁の審査官殿。

エンジンの振動はクランクシャフトが回転する際に発生する一次慣性力が原因とされているが、エンジン・バランサーがついていないビックシングル・エンジンでもそれほど振動がない場合もあるし、エンジン・バランサーがあるのに結構な振動を感じる場合もある。

エンデューロマシンがベースのKTM600LC4やホンダXR600Rは前者、ツアラーのBMW F650GSダカールは後者だったりする。(意外でしょ。)

俺は、今から3年前に不快に感じる振動、車体に悪影響を与える振動はエンジンの回転ムラが原因と発見した。

今、販売してる超抜群エンジンキットはその発見から研究開発されて商品化されたもの。

超抜群エンジンキットは、クランクシャフトのバランスを取り、エンジンをスムーズ回転させ、回転ムラを無くすことで振動を軽減する。

その理論が本当と証明する事例は、エンジン・バランサー付きのBMWF650GSダカールのフライホイールを超抜群エンジンキット化し、超絶キットにアップデートしたら不快に感じる振動は皆無になった事だ。

つまり、一次慣性力よりも回転ムラを無くす方がエンジンの振動を軽減する根本的な解決方法。

あと、エンジンの一次慣性力を相殺するには、かなりの重量のバランサーシャフトが必要だが、クランクシャフトのバランスを取って回転する際の働きを補助又は助長してやるには僅か数十グラムのウェイトで済んでしまう。

現在、俺から超抜群エンジンキット、超越キット、超絶キットを購入した方なら、すぐに理解できると思う。

だからといって、バランサーシャフトが要らないとは言わない。

工業製品として完成の域にある現代のエンジンでも、消せない振動を俺の発明は消せると言うことです。

俺はそんなエンジンの振動に対する盲点を見付けて対策しただけ。

ねぇ、聞いてる?

特許庁の審査官殿。

| | コメント (0)

ゆうじさんへ

ゆうじさん、コメントありがとうございます。

あれ?XR630Rアルベーカースペシャル改660のエンジンのことかな?

CT125用超抜群エンジンキットはヤフオクで好評発売中です。

https://page.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/m449992376

CT125用超抜群エンジンキットは、本日も1個売れました。

超越キット、超絶キットまでアップデートしたら、そこらのボアアップキット装着車より良く走りますよ。

宜しくお願い致します。

| | コメント (0)

1ランク上のインジェクターを作る。

今日にも、タイからCBR150Rの純正インジェクターが届く。

このインジェクターのガソリン噴射量を調整して、WAVE110iの現状に合うインジェクターを作ろうと思う。

まずは、近所の眼鏡屋さんに行って、今使ってるインジェクターよりも噴射量が1ランク上になるように二種類ある噴射口のいくつかをチタンフレーム用のロウ付けで塞いでもらう。

これでも噴射量が足りなかったら、もう一度インジェクターを注文して、更に噴射量を1ランク上にする。

ちなみに、WAVE110iに今使っているインジェクターをノーマルエンジンに使うと、ガソリンが濃過ぎてエンジンが始動しません。

運良くエンジンが掛かったとしても、まともに走れません。

それくらい、俺にチューンナップされたWAVE110iはガソリンを求めてる。

超キットシリーズを手掛ける前は、トランクボックスに3リットルのガソリン携行缶を2つ積んで走ってました。(笑)

ほとんど燃費が2サイクルエンジン並みでしたね。(苦笑)

今はやっと少しマシになったみたいです。

| | コメント (0)

弁理士さんに見てもらう。

来春の火曜日の午後から、いつもお世話になっている弁理士さんに特許庁に提出する意見書を見てもらうことになりました。

その前に、予め秋田知財相談窓口の担当者にメールで意見書を送ります。

結局、意見書が完成するまで20回以上書き直しました。

というのも、パソコンのディスプレイだと自分で書いた文章が読み返す時によく頭に入ってこないので、書き直す度に印刷してプリントしたものを読んでチェックしてます。

ここら辺が昭和の田舎者なんでしょうね。

パソコンはいくつになっても苦手です。

あーっ、体がガソリン臭い。

実は、気持ちいい朝だったので、ダカールで超キットシリーズを出荷しに郵便局へ向かう時に軽くウィリーしてたら、ガソリンタンクキャップ(シート下)が閉まってなかったらしく、ガソリンをぶち撒きながら走ってました。

おかげで作業つなぎからガソリンの臭いがぷんぷん。

あっ、話が脱線しましたね。

弁理士さんは特許庁からきた審査官の特許拒絶理由を見て、「私には無理。」と匙を投げました。

弁理士は、基本的に発明家ではないので、発明の原理については素人です。

特許庁との書類上のやり取りはプロですが。

エンジンバランサーについては何十年も研究してきた俺から見たら、審査官の拒絶理由はいちゃもんですね。

おそらく、これは最終試験と同じだと思います。

そのいちゃもんそのものの拒絶理由を、見事に反論して論破できたら合格(特許を認める)というシステムなんでしょう。

まずは、弁理士さんに見てもらって、「これならイケる。」のお墨付きをもらいたいです。

頑張りMAX!

| | コメント (0)

2020年10月19日 (月)

CT125の最高速は89キロだってよ。

WEBオートバイのYouTube動画で女性ライダーが最高速アタックして、トランスポンダーが計測した最高速は89キロだそうだ。

強敵だな。

WAVE110AT並みにチューンナップで苦労しそう。

雪道最高速130キロ計画に早くも暗雲。

| | コメント (0)

最終型バランサー・カムスプロケット試作品

カブ&ピースのneriさんに電話して、「バランサー・カムスプロケットの方、どうなりました?」と聞いたら、「明日作ります。」との返事。

忘れてたのね。orz

まぁ、いいや。

車検から帰ってきたダカール乗ってて、WAVE110iから離れてるから。

販売することも考えると加工代が気になります。(笑)

| | コメント (0)

2020年10月18日 (日)

んなアホな。

アホな話は続く。

昔、映画『奇跡のリンゴ』で、まだ高校生だった主人公が原付バイクをチューンナップして、それに乗った友人があまりのパワーアップに事故るシーンが冒頭にある。

そのシーンを観て、「んなアホな。」と思ったが、俺もこんなチューンナップがしてみたいと思ってました。

数年後に俺がチューンナップしたWAVE110iを試乗した二人が、転倒で大怪我して手術する羽目になるとは想像もしなかった。

それ以後、ハングアウトさんとこのボアアップキットと、俺の超キットシリーズの組み合わせはヤバいと分かった次第です。(これにアウテックスのマフラーが組み合わせると更にヤバい。)

ハングアウトさんでは、ボアアップキットを通信販売はせずに、エンジン持ち込みでボアアップキットを装着してるのですが、特別に譲ってもらいました。

「日本一速いスーパーカブを作ってください。」のメールと共に。

出来上がったバイクは日本一ヤバいタイカブでしたけどね。(笑)

まぁ、今年の7月にはスポーツランドSUGOで自分がチューンナップしたCRF110Fに乗って転倒して?(記憶ない)意識不明で、ドクターヘリに載せられて緊急病院に搬送されました。

夢って思わず叶うものなんだな。

| | コメント (0)

アホですか?

昨日、「俺も歳だしなぁ。」と自宅からウィリーするのをやめることしていたが、ダカールに乗って自宅を出た瞬間にウィリーしてた。

ほぼ条件反射。orz

アホか俺は。

おそらくアホです。

否定できません。

こんなアホでなきゃ、道路の敷鉄板で転けて秋田県庁相手に裁判したり、(マグレで一回勝ったり)裁判で大嘘ついた弁護士と日本弁護士連合会相手に裁判したり、「ライトチューンでフルチューンのバイクに勝てる様にする!」なんて思いません。

とんでもないアホです。

| | コメント (0)

2020年10月17日 (土)

感心した。

今日、やっとグロム系エンジン用超絶キットを出荷できました。

グロム系エンジン用超絶キットを見て、作った業者さんの仕事に感心した。

製作において俺が気にしなかった部分もちゃんとカバーしてくれてました。

流石はバイク乗り。

バイクのチューニングに必要な部分はしっかり押さえてますね。

購入した人もびっくりすると思う。

良い人に出会えて本当によかった。

今度、何か贈ろう。

| | コメント (0)

嬉しい連絡。

超絶キットを本日購入した方から嬉しい連絡が。

 

お世話になります。

超越キット凄かったです。

想像以上でした!

超絶キット楽しみにしています。」

 

ありがとうございます。

超絶キットはもっと洗練された走りが楽しめますよ。

ぶっ飛んでください。(超絶キットでナチュラルハイになってください。)

| | コメント (0)

より以前の記事一覧