2017年9月25日 (月)

新型バランサー・フライホイール

俺が開発したバランサー・フライホイール。

本業が暇になったら特許を取得するつもりです。

今回は国際特許も取るつもり。

雪百(XR100R)、波改(WAVE110i改)にはバランサー・フライホイールが使われてます。

フライホイールが重くなってトラクション(駆動力。路面を掴まえる力。)が向上してます。

フライホイールが重くなってるのに、エンジンのレスポンスは良くなっている。

重くなったフライホイールが高い回転数で回るので、パワーが向上します。

エンジンの振動が減り、燃費も良くなりました。

欠点は今のところ見付かりません。

このバランサー・フライホイールを更に効果を上げる為に、一体どんな形状がベストなのかを模索してました。

それが2日前にあるマークを見て、「これだ!」と思い付いた。

そのマークとは?

秘密だよ~ん!

知り合いの機械屋さんに試作品を作ってもらいます。

まずは設計図を引かなきゃ。

材料は真鍮。

まぁ、作れるか、作れないかは要相談ですね。

今夜辺りに設計図を書くかな。

気を付けないといけないのは企業にアイデアを盗まれないこと。

バランサー・カムスプロケットは某メーカーに盗まれました。

そのメーカーは俺の発明の効果を分かってると判断して、バランサー・フライホイールの特許取得した際には売り込みに行きます。

最近のバイクはシングルエンジンが増えました。

バランサー・フライホイールの需要もある筈です。

まぁね、ピーキーレバーを開発した時には、バイクメーカー、パーツメーカーから全無視されました。

シマノに売り込んだらアイデアだけパクられて、俺の権利(実用新案)が切れたら、いきなりロードバイク用レバーとして全世界で発売されたよ。

俺には1円も入ってこなかったけど。

形として残っただけでも良しとしよう。

俺はいずれ、チューンナップパーツのメーカーになりたい。

皆、速くて乗り易いバイクに乗りたいだろ?

街の走り屋がカブで培った技術をレースの世界にフィードバック。

イカすやん!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

カムシャフトはバイブレーターだった動画

https://www.youtube.com/watch?v=Gkar76REvBU&feature=youtu.be

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月24日 (日)

今日の若美モトクロスパーク

コース改修につき、10月8日のバイク運動会参加予定の方は動画でコースの様子を観てください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ハンドルレバーは間違ってる。

https://www.youtube.com/watch?v=KZxLNpl6-6U&feature=youtu.be

| | コメント (0) | トラックバック (0)

クラッチ切りアクセル全開半クラッチ

モトクロスでは、昔から、「クラッチは第2のアクセルだ!」と言われてきました。

その意味が、やっとこの歳(50歳)で分かりました。

クラッチをアクセルにするには、ブレーキング後のコーナー進入でクラッチを切り、アクセル全開してから半クラッチでコーナーを立ち上がらないといけない。

確かに、これをやると速い。

今日の練習で、かなり感じか掴めてきました。

しかし、疲れてダラダラ惰性で練習しても体は覚えてくれません。

一旦、仕事に戻り(遊びの合間に仕事してる?)、 仕事が終わってから、俺の私設コーナーリング練習コースで一人で、『クラッチ切りアクセル全開半クラッチ』を練習しました。

ポイントはクラッチ切りしてアクセル全開のタイミング。

予想通り、ブレーキングが終わって、ハンドルを切り始める瞬間が最も良い感じでした。

これ、今度のレースはイケるかも。

若美モトクロスパークの常連からは、俺の雪百(XR100R)が速さの基準のなってるみたい。

レーサー85ccクラスのライダーは、「あれ(雪百)に負けたらダメ。」ってことになってるらしい。

よし、いずれ抜いてやる。

頑張ります!

追記。

撮影したビデオでラップタイムを計測しました。

ベストラップが1分38秒54で約2秒短縮。

クラッチ切りアクセル全開半クラッチを完全マスターすればあと3秒は短縮できそうですね。

ビデオを観たら、ちゃんとやれてるコーナーはほとんど無かったから。

来週の練習が楽しみです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ハンドルレバーについての動画をアップします。

桜華さん、コメントありがとうございます。

弾丸を作った人がいるんですか。

それは凄いな。

自衛隊出身の人が、「今の銃って、怖がらなきゃ誰でも当てられる。」って言ってました。

ドラマでよくある銃の撃ち合いなんてあり得ないそうです。

先に撃った方がほとんど勝つそうですよ。

やっぱ、銃は怖いわ。


今日、ハンドルレバーについての動画をアップするつもりです。

バイクのハンドルレバーは、バイクが誕生してから100年経ってますが、間違ったまま進化しました。

それを今日、「バイクメーカーはバカ。」と証明します。

俺みたいなチンピラ・ライダーが気付いたことを、気付くどころか無駄なことしてるとね。

ホンダのCRF250Rのハンドルレバーなんて、操作性を向上するために、わざわざリンク式の突起を使ってマスターシリンダーのピストンを押してる。

あれは無駄。

俺が20年前に開発したピーキーレバーは、この世で唯一の完璧なハンドルレバーです。

まぁ、間違ったレバーでも操作は普通にできるので、問題ないっちゃ、問題ない。

但し、ピーキーレバーに慣れちゃったライダーは、「こりゃ、使い物にならん。」となります。(実体験。)

昔、関東に拠点を置いて全日本モトクロス選手権を参戦している後輩にピーキーレバーを作ってやりました。

当初は、「うん、なんか良い感じ。」程度の評価でしたが、レース中にピーキーレバーを折ってしまい、途中からノーマルレバーに交換。

そしたら、あまりに違いが大き過ぎてレースどころではなくなったそうです。

慌てて地元にいる俺に、「あのレバーをまた作ってくれ!」と頼みに来ました。

たしか、スペア分も作ったかな。

当時は、1本製作するのに3時間掛かりました。(削ったり、磨いたりしたんで。)

今は、良い製作方法が見付かって5分程度で作れます。(それは秘密。)

まぁ、ノーマルレバーでも慣れたらいいだけなんで。

繊細なコントロールは難しくなりますが。

詳しくは動画で。

お楽しみに。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月23日 (土)

コース整備

午後から若美モトクロスパークのコース整備を行いました。

大テーブルトップジャンプの手前のジャンプを2連ジャンプに改修。

大テーブルトップジャンプの形も整形して改修。

最後にゴールのテーブルトップも整形して改修。

これで数年ぶりに改修されたコースが走れます。

明日、コースを走る人は慣れるまで気を付けて走ってください。

特に2連ジャンプは。

明日の俺は、雪道走行用の走り方で
走ります。

特にブレーキングが違います。

丁寧に、丁寧に。

それが雪道の走り方。

それに、最近覚えたトレールラン(轍走行)をミックス。

おそらく、コーナースピードが上がることでしょう。

なんで初めからこれをやらなかったんだろう。

頑張ります!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月22日 (金)

コース造り

10月8日に若美モトクロスパークで行われるバイク運動会を前に、コース整備と役物(ジャンプ等のセクション)の変更をお手伝いすることにしました。

明日の午後から二時間ほど、ウチの会社のパワーショベルをコースに持ち込んでコース整備します。

なんか、例のテーブルトップジャンプが危険なので、手前にあるジャンプを2連ジャンプにするそうです。

若美モトクロスパークが出来る前は、ウチの会社の土地でモトクロスレースをやってたので、コースは俺が好き勝手に作ってました。(日本で初めて国際A級ライダーによるフリースタイル・モトクロスのショーが開催されたのはここです。フリースタイル・モトクロスの聖地? )

オープンエリア(オフロード解放区)を意識したコースにしてましたよ。

なので、排気量の大きい方が面白い。

でも、そんなコースで国際A級ライダーが、ハイカム組んでマフラー変えただけのXR100Rでレーサーマシンを全員ぶっちぎり。

目玉どこー!状態です。

俺もそんなライダーになってみたいもんだ。

せめてマシンはフルチューンでも。

頑張って良いコースを造ります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ダカールのカムシャフト・バランサー化

昨晩、ヤフオクでF650GSに流用できる同系エンジン用ハイカムが出品されていた。

これをダカールに使っても、回転リミッターがあるので大した意味はない。

しかし、カムシャフトの造形が分かった。

これはカムシャフト・バランサー化できる。

また、F650GSのエンジンも出品されていた。

ヘッドから異音がするのでメンテナンスが必要と、ご丁寧にヘッドカバーを外して、カムシャフトとカムスプロケットの様子を画像で説明していた。

うん、カム山以外はハイカムと同形状だ。

今朝、バイク屋に電話して、カムシャフト・バランサー化する際に、カムシャフト・バランサー化に必要な部品等の手配をどうしたらいいか相談。

ばらしてから手配する方向に決定。

作業はいつでもokだが、前日に連絡してから持ち込むことになりました。

ついでに、バランサー・フライホイール化ができるかをチェックします。

日本で唯一のカムシャフト・バランサー&バランサー・フライホイール搭載のダカールになりますね。

部品の手配の際には、エア・フィルターも注文しよう。

面白いことになりそうです。

アニメ『アホガール』を観て、これからの自分の生き方を決めました。

思い付くままに、好きなだけやりたいことに(法と秩序になるべく従い)やります。

カムシャフト・バランサーとバランサー・フライホイールの特許も取得します。

そして製品化。

手始めはXR100R系エンジンから。

Peaky_partsの復活です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

バブル景気

現在は、バブル景気が崩壊して不景気だとされている。

でも、見てるとバブル景気はまだまだあるね。

ユーチューバーの信じられない月収。

そして、バイク絶版車の高値取り引き。

もう、バカみたい。

まぁ、需要があるからなんだけどね。

特にバイク絶版車は、土地取り引きみたいにカワサキのバイクが一等地扱い。

流行りだから、そんなもんなのか。

古いバイクを否定する訳じゃない。

度が過ぎると言ってる。

若い年代のライダーが絶版車に乗り、年寄りライダーが新型車に乗る逆転現象。

これ、人間に例えたら熟女好きだよ。

まぁいいや。

人の性癖に難癖つけるのは好かんから。

ただ一言。

頑張って乗ってください。

意味は乗れば分かります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧