2018年6月20日 (水)

ハイレスポンス・キットの内圧調整バルブについて

ヤフオクで販売しているPeaky_partsのスーパーカブ110用ハイレスポンス・キットの内圧調整バルブについての説明です。

スーパーカブ110、グロムのブリーザーホースは内径8㎜のホースですが、ハイレスポンス・キットではトラブル防止と性能を考慮して内径10㎜用のワンウェイバルブを使用しています。

ワンウェイバルブ自体のトラブル等は、今までpeaky_partsから3年ほど販売しましたが報告されておりません。

他者がご自分で8㎜のワンウェイバルブを使用してトラブルを経験したとしても、それはその方のトラブルであり、peaky_partsとは一切関係ありません。

あと、ハイレスポンス・キットのモニターの方から異音があるとの報告がありましたが、後日にワンウェイバルブが原因ではなかったとの連絡がありました。

また、peaky_partsでは、数種類のワンウェイバルブを実際に試験してから販売しております。

こちらとしては、生真面目な商売を心掛けておりますのでご安心ください。

宜しくお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月17日 (日)

気が変わった。

今日は仕事せずに雪百(XR100R)の整備をやるつもりだったが、天気が怪しくなってきたので午前中だけ仕事します。

天気が悪くなったら整備をやらずに仕事します。。

お天気商売なんてこんなもん。

まぁ、じっくり整備するために今は仕事します。

昼飯は身欠きニシンだな。

これが美味いんだ。

頑張ります!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月16日 (土)

八馬力さんへ

八馬力さん、コメントありがとうございます。

ハイレスポンス・キットの取り付けで気を付けることは、締め付けトルク不足だけです。

バランサー・フライホイールのウェイト取り付けボルトは六角レンチで締めるのですが、お手持ちの工具によってはトルク不足になる場合があります。

念のためにネジ止め剤の使用も考えてください。

違いは振動が4分の1程度になりますので、ハッキリと分かる筈です。

ハイレスポンス・キットの売りは疲労度が少なくなることです。

これからはカブ・ツーリングの必需品になると思いますよ。

宜しくお願いします。m(__)m

| | コメント (0) | トラックバック (0)

嬉しいなぁ。

ヤフオクでpeaky_partsのオリジナル商品を扱ってますが、以前に購入していただいた方から、再度購入してもらえるのが最高に嬉しいです。

これは、無音マフラーを商品化して、もっと驚いてもらわなきゃ。

まずは、試作品製作から。

頑張ります!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

明日は整備

桜華さん、若ベンさん、コメントありがとうございます。

返事が遅くなってすみません。m(__)m

桜華さん、チューンナップって、ケースバイケースで色々あるから難しいですよね。

ダカールはピーキーレバーにしただけです。

あと、バランサー・フライホイール化だけはやりたいなぁ。

若ベンさん、ハイレスポンス・キットの伝道師に任命します。(笑)

ローコスト、ノーリスク、ハイリターンの凄さを教えてやってくださいね。


クルマ屋から帰ってきた雪百(XR100R)の整備を明日はしようと思います。

本当は練習したいが、一度キッチリ直さないと後から酷い目に遭いそうで。

練習は平日に、俺のコーナーリング練習コースで、みっちりコーナーリングを練習します。

練習前に草刈りしないとな。

ホンダの草刈り機なんだけ、振動防止にバランサー・フライホイール化をしたい今日この頃。

上手くいったら販売するかな。

滑り易い路面用のコースリングを練習して、安定した走りを手に入れます。

6時間耐久レースのスタート直後のラップタイムとゴール直前のラップタイムが同じタイムにしたいからです。

余計なことしない。

淡々と、淡々と走れるコーナーリング。

頑張ります!

| | コメント (1) | トラックバック (0)

王様と俺

長年ファンなこともあり、王様が気持ちよくライヴできる様にと合いの手や掛け合い、アンコールなどを自主的に入れて盛り上げる俺。

王様のギターテクに魅了されながら、「やっぱり、この人最高じゃん!」と思う。

今年は、昨年に続いて王様オリジナルうちわを購入し、村人伝説(YMCAを歌ったビレッチピープルの直訳)CDとオリジナルTシャツも買った。

ライヴ会場となったレストランの人から、「あなたは王様のかなりのファンなんですね。」と言われて、「はい、王様がデビューして初めて秋田に来た時からの大ファンです。」と答えた。

そしたら王様が、「山本町(現在の三種町)のコンサートですね。懐かしい。」と覚えてくれていました。

あの時、「王様、俺を家来にしてください!」と叫んでから23年。

王様が来る度にコンサートに行きました。

まぁ、途中で色々あって、行けない時もありましたが。

お店の人から再度、「今年は王様と握手できましたね。」と言われて、「握手はできますが、一緒に写真を撮るのだけは恐れ多くてできません。」と答えた。

同じ曲を真面目に44年も弾き続けた人の凄さが身に染みる。

王様に、「お先に失礼させていただきます。」と挨拶して会場を出た。

しかし、クルマに囲まれてダカール(BMW F650GS)が出られない。

最後に駐車した軽自動車に移動をお願いすると若い女性の方で、「私も普段、バイクに乗ってるんですよ。」と言う。

移動してもらい、軽自動車の中にいる女性をお礼を言ってから、バイク乗りなら喜ぶと思ってウィリースタートで80メートルくらい走った。

王様、また秋田に来てください。

今度はTシャツを沢山買わせていただきます。

直訳故にどんなに曲が売れても印税が入ってこない王様。

オリジナル商品の収入が印税の代わりだそうです。

ライヴ前に、「今日はドラックを2つもキメて来たぜ。」と言った王様。

聞けば、血圧の薬だとか。

御体をお大事に。

いつまでも俺にロックの魂を教えてください。

ありがとうございました。m(__)m


っと、いう訳でライヴで騒ぎ過ぎて疲れて午前中の仕事をサボりました。

自宅に帰ってきてからも興奮覚めやらず。

寝たのは早朝から。

まるでドラック。(笑)

昼から仕事します。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

グロム用ハイレスポンス・キットのレビュー

モリエモンさんからグロム用ハイレスポンス・キットのレビューをもらいました。(コメントありがとうございます。)
あと、色々とご指導感謝致します。m(__)m
皆さん、買っておくんなさいまし。

コメント

 

グロム ハイレスポンスキットを取り付けして走りました
まだ10kmほどの走行ですが変化は感じました
感想は
ずーーーん!って加速するのがスーーーー!って加速に代わりしたね
滑らかな加速走るのが楽になりました。
100km走って本領発揮が楽しみです

あ!エンブレは効かなくなりましたね(笑)
回転がスムーズなので抵抗がなくなり回転の落ち込みが少なくなったなせいなのかな??
あの値段でこの変化は凄いですね🎵

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2018年6月15日 (金)

スーパーカブ125はすぐに買わない。

ホンダに、「モーターショーのスーパーカブ125を販売してくれ!」と草の根運動していた俺。

その甲斐があったかは知らないが、スーパーカブ125の販売が決定した。

販売時期は秋頃。

俺は勿論購入するつもりだった。

しかし、レースでも頑張りたい。

そこで、今年はスーパーカブ125を購入せずにレースにお金を掛けることにする。

北海道で行われる雪上レースで、登別、札幌、八剣山のレースに参加するよ。

今、走らなきゃ、もう思う様に走れなくなるかも知れないからね。

寄る年波です。

人生は何事も一生懸命やるから面白い。

頑張ります!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月14日 (木)

そろそろ

グロム用ハイレスポンス・キットを販売して、購入者がそろそろハイレスポンス・キットのレビューを教えてくれると思います。

グロムはチューンナップキットが多い車種ですが、ハイレスポンス・キットを入れることで、それで十分かもと思う人もいると思う。

排気量125ccでヒュンヒュンとエンジンが回れば、それだけで公道では法廷速度なんてあっという間に出ちゃいますから。

しかも、ストレス無く。

静かで速いに目覚めたらマフラー交換も要らないやと思うかも。

購入者のびっくりする姿が楽しみです。

普通は、あんな風にするのに諭吉さんが最低で20人ほど必要になります。(チューンナップ歴長い俺の見積り。)

そんな風にできるメカニックも日本に何人もいないですが。

それをボルトオンで予算8500~8800円で可能になる。

これが発明です。

新しい技術です。

仕組みはとても単純ですが。

だからこそ価値が高い。

ローテクでハイパフォーマンスなんて誰が考える?

はーい、俺で~す。(-o-)/   

レビューが楽しみだなぁ。

一流のメカニックが組んだマシンと同じフィーリングのエンジンなんて、そうそう体験できるもんじゃない。

ハイレスポンス・キットは全く同じにできます。

買ってちょ。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

やっぱり昔の乗り方に戻そう。

ハイレスポンス・キットを1個を郵送するために、郵便局までラティオで走った。

路面が少し濡れてることもあり、何気に滑りやすい路面の走り方で走る。

これは、やることキッチリやるコーナーリング。

安定感が全然違う。

路面状況が良いと、やること省略したりするんだよな。

でも、普段から訓練して癖になるまでやると苦にならない。

それが当たり前になるから。

毎回言うけど、クルマもバイクも走り方(アクセルワークとブレーキング)は同じだから。

自分が発見した方程式には忠実に走ろう。

そしたら、走りが安定して速くて楽だ。

雪百(XR100R)は只今、クルマ屋でマフラーステーの強化中。

最初に作ったステーだと、俺の走りには対応できないと途中で素材を変更したとか。

夏の六時間をトラブルなく走れる仕様にしてくれそうです。

早く練習してぇ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧